ニュースヘッドライン

コインチェック「NEM」流出でCM出演の出川哲朗に“トバッチリ”! 道義的責任は……

  • 2018年02月10日(土) 13:00:57
  • ブログ

仮想通貨取引所の運営大手・コインチェックが、約580億円相当の仮想通貨「NEM」を不正流出させる事件が発生し、多くの被害を生んでいる。

「NEM」の外部流出問題は芸能界にも波紋を広げており、中でもお笑いタレント界隈では、ダウンタウン・松本人志や藤崎マーケット・トキをはじめ、約50人以上が利用していたことが明らかになった。多くの芸人に仮想通貨を勧めたという、たむらけんじのもとには、クレームが殺到しているという。

 そして、人気お笑いタレントの出川哲朗にもコインチェックの広告塔としてCMに出演していたことで注目が集まっており、道義的責任を問う厳しい声も上がっているという。

 これまでも芸能界では、リスクの伴う金融や投資関係との関与について問題が取り沙汰されてきた。

 記憶に新しいところでは、2007年に起こった、健康食品会社「エル・アンド・ジー」の疑似通貨による巨額詐欺事件(通称“円天事件”)だろう。この会社では、演歌歌手の細川たかし、八代亜紀、藤あや子や香西かおりなど、多くの芸能人が広告塔として同社のイベントに出演していた。中でも細川は、詐欺容疑で逮捕された創業者の波和二受刑者と昵懇の関係とウワサされ、事件への関与の深さから、同年『NHK紅白歌合戦』を辞退し、その後の活動にも影響した。

 さらに、12年には“ペニーオークション詐欺事件”で、自らのブログにてステマ投稿していた、ほしのあきや小森純らが芸能界から干され、最近では、輸入ワイン投資の詐欺事件で、広告塔としてパーティーに出演した元・フォーリーブスの江木俊夫や演歌歌手の小林幸子が社会的批判を浴びた。

 流出事件を起こしたコインチェック社は、約26万人の利用者に対し、自己資金で約460億円を返金すると発表しているが、具体的な時期や方法は明らかにしておらず、実際に返済のめどは立っていない。いつお金が戻るかわからない不安から、一部の利用者の中には、出川にまで責任追及の矛先を向ける者もいるという。

 今回、コインチェック社は被害者だが、その管理システムのお粗末さが引き起こした事件だけに、広告塔を務めた出川は巻き添えを食った形になってしまった。

 出川は、かつて女性雑誌の“抱かれたくない男ランキング”で殿堂入りするほどの“嫌われキャラ”であったが、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)への出演がきっかけで若い女性や子どもたちに大ウケ。テレビ東京系では、昨年の4月から初の冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』を持ち、今では他局からも出演オファーやCM依頼が殺到するほどの人気ぶりである。老若男女から“愛される出川”として、苦節30年の遅咲きで大ブレーク中だ。

 その“出川効果”のおかげで、CM放送後、コインチェックの口座開設者が約1カ月で10倍にまで増えたという。「NEM」の流出により、出川も風評被害を受けた側ではあるが、その影響力の大きさから、道義的責任を負わざるを得ないかもしれない。コインチェック社から利用者への返済のめどが立つまでは、テレビ出演の自粛が求められてもおかしくないだろう。今回の騒動で、出川の遅咲きの大ブレークにミソをつけたのは間違いない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking