ニュースヘッドライン

「テレビ史上初めて?」中居正広もドン引きした銀シャリ・橋本直の途中退席

  • 2018年01月10日(水) 11:00:58
  • ブログ

8日放送の「なかい君の学スイッチ」(TBS系)で、お笑いコンビ・銀シャリの橋本直が、途中で退席してしまう珍事が起きた。

番組では芸能人の洗濯事情をテーマに取り上げ、芸人先生として進行役に橋本が登場した。番組が後半にさしかかったところで、俳優・岡田将生の「洗濯物ってどうやって畳んでる?」という疑問に答えるコーナーに突入した。

すると突然、番組スタッフが現れ「ちょっとここで、出なくてはいけないので…」と、割って入ってきたのだ。すかさず、パネラー席に座っていたMCの中居正広が「えっ、ケツあるの?」「先生ケツあるんだ?」と表情を硬くし、橋本を問い詰めたのだ。番組の説明によると、収録時間が長引いたことで、橋本が次の仕事現場に行く時間になってしまったのだという。

「僕、ケツないです」と否定する橋本だったが、番組スタッフは「橋本先生がこのまま出られて、副担任の先生で畳み方だけ…」と橋本が途中退出することを説明した。これには、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二も「お前のケツじゃねえかよ…」と橋本に厳しいツッコミを入れる。

不穏な空気が流れる中、橋本は「このままいったら僕が干されそうですね…洗濯物だけに!」と掛詞(かけことば)で、笑いを誘った。中居がつい笑ってしまう中、小峠は「1回ぶん殴ってやろうか」と、キレ芸でツッコミを入れた。

すると、中居が「俺、初めてだわ。収録中に司会者がいなくなるの」「こっち(パネラー)側がすーっていなくなることはある」「1人のMC側がいなくなるのはテレビ史上初めてじゃない?パネラーだけって…」と、橋本を容赦なく非難したのだ。

しかし、橋本は「じゃあ司会者が、視界から消えさせていただきます」とダジャレを炸裂。出演者から失笑が起きる中「すみません」と一礼して、スタジオから姿を消した。

中居はドン引きした様子で「あいつなに?」「あいつやべぇ…」と漏らしつつ、「台本がそのページのまんま…」と、橋本が台本を教壇に置きっ放しにしていったことをイジり、笑いを誘った。その後、番組は中居が最後まで進行を務めていた。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking