ニュースヘッドライン

欅坂46平手友梨奈「病的ダンス」に驚愕...... 今泉佑唯「激ヤセ」多忙続くアイドル活動に「休ませてやれ」と心配の声

  • 2017年12月08日(金) 08:00:58
  • ブログ

今月5日に放送された音楽特番『2017 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で、アイドルグループ・欅坂46の人気メンバー、平手友梨奈の「不気味」とも取れるパフォーマンスが、ネット上で話題になっている。

 今回、平手は歌手の平井堅とコラボ。平井の名曲『ノンフィクション』で、平手は制服を身にまとい登場した。学生カバンを持ち登場した平手は切れ味ある踊りを披露。また、カバンに入れていた紙吹雪を頭上に向け巻き上げるなど、印象に残るパフォーマンスで終了するかと思いきや......終了間際、空っぽとなったカバンを頭にかぶり、体もろとも崩れ落ちたのだ。

 平手といえば、欅坂46の一期生でデビュー。1stシングル『サイレントマジョリティー』でセンターを務めた。また今年発売の5thシングル『風に吹かれても』においても5作連続でセンターに選ばれるなど、チーム筆頭の人気メンバーの1人。

 そんな絶大な人気を誇る平手のパフォーマンスに視聴者からは「世界観が凄い」「高い表現力」と称賛する声が殺到。大きな反響を呼んだが......。

「病んでいるのか」「少し心配」と、平手の心身を心配する意見も目立った。実はこのような出来事は、今回に限った話ではないようだ。



「平手は以前から精神状態を心配されることが多々ありました。今年行われた全国ツアー『真っ白なものは汚したくなる』では、ライブ中に体調不良を理由に途中退席。現場にいたファンは、はっきりと平手のコンディションの悪さが分かるほどだったようです。

また、2017年に愛知で行われた握手会で『突然声が出なくなる』事案が発生しました。スタッフが謝罪文を会場中のファンに見せて回り、なんとか事態を収拾したようです。突然の出来事に心配する声が多く上がりました。

今回放送された『2017 FNS歌謡祭』で披露されたキレのある動きに、安心したファンも多かったようです。ただ、『病んでいる』とも取れるパフォーマンスに、『働かせすぎ』『休ませてやれ』と心配する意見も目立ちます。肉体面はともかく、精神面の回復は時間が掛かりますからね......。ファンが心配するのは当然です」(記者)

 欅坂46は音楽活動だけではなく、バラエティ、ラジオ、そしてドラマなど多方面に渡って活躍中。この多忙を極める状況に、同メンバー・今泉佑唯は今年4月、体調不良により活動を休止した。同年8月に活動を再開するも、自身のブログにUPされた「激ヤセ」写真にファンから心配の声が相次いだ。

 そんな体調不良が目立つ欅坂46は、今年で2年連続となる『NHK紅白歌合戦』の出演が決定。世間の注目を集める大舞台だけに、ファンの心配は募るばかりだろう。少しは休んでほしいものだが......。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking