ニュースヘッドライン

勝村政信は、なぜ『ドクターX』から外された? 主演スピンオフドラマ『ドクターY』第2弾の地上波放送決定も、ファンは複雑な胸中

  • 2017年12月07日(木) 13:00:25
  • ブログ

米倉涼子主演の人気医療ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)のスピンオフである、勝村政信主演『ドクターY~外科医・加地秀樹~』(同)第2弾が地上波でオンエアされることがわかったが、『ドクターX』のファンは複雑な胸中に陥っているという。

 現在放送中の『ドクターX』第5シリーズ(木曜午後9時~)は、第2~第4シリーズほどの勢いこそないものの、好調な視聴率をキープしている。14日には、最終回(第10話)を迎えるが、その放送を前に、“『ドクターX』最終回直前スペシャル”として、『ドクターY』第2弾が地上波でオンエアされるのだ。放送日時は9日土曜午後3時15分から4時25分の枠。

『ドクターY』は、『ドクターX』第1~第4シリーズに登場した人気キャラクターの外科医・加地秀樹(勝村)が主人公。群れを好み、金を愛し、腹腔鏡のスキルと要領の良さだけを武器に突き進む加地が、うっかり金に目がくらみながらも、外科医の本分である手術や治療を成し遂げる姿を描いたスピンオフドラマだ。

 第1弾は昨年9月26日から11月3日に、auビデオパス、テレ朝動画で配信され、同12月16日深夜に地上波でダイジェスト版が放送されて、好評を博した。第2弾は今年9月26日から10月31日に、auビデオパス、テレ朝動画に加え、Amazonプライム・ビデオで配信されたが、これまた地上波でダイジェスト版がオンエアされることになった。

 第2弾は、一晩50万円の高額報酬に目がくらんだ加地が、山奥の「穂野倉病院」の当直を引き受けることになる。この病院は「少女の霊に呪われている」とウワサされており、その夜に起きた出来事を描いた作品だ。

 主要キャストは、勝村のほか、堀井新太、飯豊まりえ、星田英利、堀田茜、野口かおる、稲垣来泉、徳井優、岩松了ら。本家『ドクターX』からも、大門未知子役の米倉、神原晶役の岸部一徳、第4シリーズに登場した北野亨医師役の滝藤賢一が特別出演する。

 加地はコミカルな役柄ながらも、たまに見せる一流の外科医としての腕をもち、未知子からの信頼もそこそこ厚く、『ドクターX』には欠かせない存在だった。ところが、第5シリーズで外されたことで、ファンの不満が噴出。その代わりに、新たに登場した猪又孝外科副部長役の陣内孝則がとかく不評なため、視聴者の間では、“加地医師待望論”が多かった。第5シリーズが、第2~第4シリーズほどの視聴率をマークできないのは、極論すれば、“人気”の勝村を外して、“不人気”の陣内を起用したからともいえそうだ。

 そのため、ファンからは「『ドクターY』の地上波放送はうれしいけど、スポット出演でもいいから、『ドクターX』に加地先生を出してほしかった。なんかスッキリしない」といった趣旨の声が、ネット上でも飛び交っているようだ。

「勝村は、舞台『関数ドミノ』への出演で、10月中旬から11月半ばまでスケジュールはいっぱいで、レギュラー出演は無理だったのでしょう。それでもスポット出演は可能だったはず。もし、早めにテレ朝が勝村のスケジュールを押さえていたら、舞台出演はしなかったのでは。米倉は『ドクターY』に出ていますから、共演NGでもないでしょう。『ドクターY』は有料配信であるため、視聴者が増えれば、テレ朝も潤います。『ドクターX』から、意図的に勝村を外して、“加地ロス”現象を起こして、『ドクターY』の契約者を増やそうという魂胆なら、完全にファン無視といえるでしょう」(テレビ誌関係者)

 来年、『ドクターX』の続編があるとしたら、テレ朝にはファンの声を真摯に聞いてキャスティングしてほしいものだ。
(文=田中七男)

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking