ニュースヘッドライン

貴乃花親方が横綱時代に受けた体罰「親方の怒りがすごかった」

  • 2017年12月07日(木) 10:00:57
  • ブログ

5日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、藤田紀子が、息子である貴乃花親方が受けていた体罰について明かした。

番組では、元横綱・日馬富士をめぐる問題を特集した。その中で、東京相撲記者クラブ会友・銅谷志朗(どうや・しろう)氏が、横綱・白鵬について語る。

銅谷氏から見た白鵬は、受け答えもそつなくこなす「優等生」タイプなのだが、元横綱・大鵬(享年72)の優勝記録(32回)を破ってからは、変化が見られたそうだ。相撲の取組内容をはじめ「言動も態度もいかがなものかな」と変貌ぶりを語り、最近の白鵬については「横綱としてではなく、力士としてもやるべき態度ではありません」と苦言を呈した。

ここで藤田が「きちんと教育できていないということは、相当遠慮があって言えないんじゃないでしょうか」と、親方や周囲の人間が白鵬に忖度(そんたく)しているのではと指摘する。

続けて藤田は、貴乃花の現役時代について、横綱であっても過ちを犯せば、若い衆の前で親方に殴られていたことを明かした。藤田は「あんまり体罰がすごいので」と語っており、横綱という体裁を配慮してほかの力士から見えない所に連れて行くように親方に注文づけた程だったとか。藤田は「かわいそうでした」と振り返っている。

また、力士は外出時に着物の着用が決まりになっているそうだが、貴乃花は、まげを結ったまま洋服で出歩き、しかも写真週刊誌にも撮られてしまった過去があるとのこと。藤田は「それ(週刊誌)を見た親方の怒りがすごかった」「横綱であろうが、殴り飛ばしていました」と語り、共演者から驚きの声が漏れていた。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking