ニュースヘッドライン

嫉妬に狂った?ウーマン村本、とろサーモンのM-1優勝を祝福せず賛否両論

  • 2017年12月06日(水) 13:00:50
  • ブログ

お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔(37)が、年に一度開催される漫才日本一を決める『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)についてツイッターで微妙な心境を明かした。

 3日に決勝戦がテレビ放映され、吉本興業のお笑いコンビ・とろサーモンが優勝して幕を閉じたM-1。村本はM-1ではウーマンラッシュアワー結成前に「村本・本田」というコンビで準決勝に進出したきり。2013年に『THE MANZAI』(フジテレビ系)で優勝してブレイクのきっかけを掴んでいる。

 そんな村本だが、M-1終了後にツイッターを更新し、「バラエティでいくら活躍されてもなにも思わないけど誰かが漫才で注目されると嫉妬に狂ってなにも手がつかなくなる」とコメント。さらに、「この日は何も見ず何も考えない。酒呑んでエロDVDみて泥のように眠る。おやすみ」とつづり、新たに誕生した”漫才スター候補”に対して嫉妬心をあらわにした。

 優勝したとろサーモンに祝福のコメントを送る芸人が多い中で異色のこのコメント。ファンからは、「嫉妬に狂ってしまう村本さんはやっぱり芸人魂に満ちてて、本物の漫才師だと思います!」「それだけ村本さんが漫才を愛してるんだと思います」「他の芸人さん達はみんな、おめでとうって言ってるのに、村Pは本当に正直(笑)素直(笑)」といったさまざまな反応が集まっているほか、「嫉妬の使い方間違えてる。ちゃんと出場してネタやって負けたなら悔しいとのはわかるが、出てもいないならただの憧れ」といった批判のコメントも見受けられた。

 何にでも噛みつく芸人として知られている村本。話題のためになら同僚にまで噛みつくというのは芸人として少々ゲス過ぎたかもしれない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking