ニュースヘッドライン

芸能 マッチ「めっちゃダサい」国分への痛烈ダメ出しが波

  • 2017年12月05日(火) 21:00:59
  • ブログ

 11月29日の情報バラエティ番組『ビビット』(TBS系)で、近藤真彦(53)が事務所の後輩であるTOKIOの国分太一(43)に厳しい“ダメ出し”をする様子が放送され大きな話題に。TOKIOファンから近藤に対する批判の声が相次いでいる。

 この日の番組では“ぶっちゃけ対談”と称して、二人が飲食店で“サシ飯”トークを展開。さっそく近藤がビールを飲みながら「これ(音楽活動)やんないの? 最近見てないけど」と尋ねると、国分は「新曲も出しました」と返答し、「自分たちで作詞作曲するようになりまして」とアピールした。

 すると近藤は首をかしげながら「それが……違うんじゃないの?」とひと言。驚く国分に、「それカッコいいと思ってんの?」とさらに厳しい言葉を投げかけ、作詞作曲を自分たちでやったという達成感に満足しているだけだとダメ出しした。近藤の指摘に、国分も納得したのか、「痛いところを突きますね~」と漏らすと、近藤は「カッコ良くもなんともないよ」とバッサリ。

 言葉が出ない国分に、近藤は作詞作曲をしていることはすごいと前置きしながらも、「バンドやってる人間はあたりまえの話だから」「言っちゃダメだよ」「ダサ! めっちゃダサいね」とダメ出しを続け、国分に「情けない……」と肩を落とさせた。

 近藤によるこのダメ出しがネットでも話題に。厳しい言い方だと見る人が多かったようで、「過去の栄光で上からモノを言うマッチが一番ダサいよ」「先輩ヅラして後輩いびりは情けない」「後輩に対する言葉遣いを聞いてちょっとガッカリ!」「説教を堂々とするとかゲンメツ……」と近藤への批判の声が相次いだ。

「SNSなどでの反応を見ると、厳しい言い方にショックを感じたファンが多かったようですが、マッチなりの叱咤激励だと捉えた人もいたようです。コーナーラストにはマッチからTOKIOに、来年のリリースを企画している新曲の作詞作曲を依頼する場面もありましたから。国分はうれしそうに快諾していましたし、実現が楽しみですよね」(芸能誌ライター)

 なお作詞作曲は依頼しても「TOKIOの演奏はいらない」と断っていた近藤。先輩による愛ある説教だったのだろうか。アメとムチのバランスが少し悪かった?

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking