ニュースヘッドライン

KAT-TUN「活動再開」はジャニーズの策略!? 元メンバー「大麻疑惑」「脱退」の裏にあるのは「イメージ操作か」? ニュースサイトで読む

  • 2017年12月05日(火) 07:00:59
  • ブログ

今月5日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、昨年5月から活動休止中のアイドルグループ・KAT-TUNが活動を再開させることを報じた。

 同誌によれば、復帰時期は来年1月を予定しているという。またツアー再開や亀梨和也主演のドラマ主題歌を担当するという話も出ているらしい。

 同グループは昨年5月の東京ドーム公演を最後に充電期間に入り、当面の間ソロ活動に専念することが発表。亀梨は、今年7月から10月末までソロコンサート『Theー(ファースト)~Follow me~』を開催。全国19カ所38公演行われ、ファンからは「圧巻のステージ」と好評だったようだ。

 その他メンバーの中丸雄一は、今年4月に放送されたサスペンスコメディドラマ『マッサージ探偵ジョー』(テレビ東京系)の主演に抜擢。司会業も多くこなす活躍ぶりだ。また上田竜也は、10月から放送のビジネスドラマ『新宿セブン』(テレビ東京系)で主演を務めている。それぞれ順風満帆なソロ活動、そして今回のグループ復帰報道となった訳だが......。

 あの元メンバーの事件で、一時期は再開不可能と言われていた。

「元メンバー・田中聖が今年5月に路上で大麻を所持していた疑いで現行犯逮捕された件ですね。直接的にKAT-TUNとは関係ありませんが、『KAT-TUN』という名前にキズをつけたことは間違いないでしょう。結局田中は、証拠不十分で不起訴処分となりましたが......。グループとしての印象は、だだ下がりでしたね」(記者)

イメージといえば、2010年に赤西仁、2013年に田口淳之介が脱退するなど、グループ活動としての不安定さに、あまり良いと言えない評判といえる。そんな状況下でのグループ復帰に何か思惑があるのだろうか。

それは、ジャニーズが現在抱えるイメージに関係しているようだ......。

「昨年、メンバーの中丸が『解決! ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に出演した際、『ジャニーズタレントの発言には特に制約がない』と発言しました。この言葉を聞くと、『ジャニーズは自由なんだ』と捉える人も多いでしょう。

ただ、この発言の裏には、多くの人がジャニーズに抱くイメージを改善させる狙いがあるとの声もあります。やはりSMAP解散騒動が大きいでしょう。評判が地に落ちたといえるレベルでしたからね。今回KAT-TUNが復帰する話は、現メンバーとは直接的に関係はありませんが『脱退や事件があっても復活させる心意気』という懐の広さを世間にアピールし、事務所自体のイメージアップにつなげたいのでは」(同)

 約1年以上ぶりとなる復活は、ファンから大きな注目を集めるに違いない。また、同誌では元メンバー・田口の結婚についても触れている。それも含め是非同誌をご覧いただきたい。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking