ニュースヘッドライン

中居正広がクレカ被害、詐欺師に対し「可哀想」

  • 2017年11月15日(水) 20:00:59
  • ブログ

タレントの中居正広がクレジットカード不正利用の被害に遭っていた。中居は13日放送の「なかい君の学スイッチ」(TBS系)に出演し、「(詐欺に)引っかかりました。先々週…ヤバくないですか?」と、当時の心境を明らかにした。

 この日の番組のテーマは、「実体験から学ぶ最新詐欺とその対処法」。それに合わせた突然の告白で、中居によると、被害に遭ったのは10月の初め。カードを紛失したわけではなく、「全然知らない人に使われた」そうで、「本当に気を付けて欲しい」と深刻な表情を浮かべた。

 今回の被害総額は11万440円。これらのお金は、ハロウィンパーティグッズやテーマパークのチケットの購入に使われていたという。通常クレジットカード詐欺といえば、カード情報を読み取るスキミングやフィッシングが有名であるが、中居が遭った被害はクレジットマスターと言われるもの。コンピューターを使って実在するカード番号の情報を割り出し、合わせて有効期限さえあれば、ネットショッピングができてしまうという仕組みだ。最近よくある手口で、この被害を防ぐ有益な方法は今のところ見つかっていない。

 最終的にクレジットカード会社が異変に気付き、中居に連絡。「(カードを)すぐにストップした」ようで、幸いそれ以上の被害は出なかった。これには共演者も驚きを隠せず、スタジオは中居に同情する雰囲気に溢れた。

 しかし、中居がスゴイのはここから。今回の商品購入が詐欺であったため、商品が発送されることはなかったが、それを知った中居は「可哀想じゃない?」とまさかの発言。「金のない5人家族がようやくグッズが手に入るところだったのかも」と勝手に(?)イメージを膨らませて詐欺師を思いやった。

 一時はジャニーズ脱退も囁かれたが、蓋を開けてみたら結局は残留。先日、元SMAP3人のインターネット番組「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)が好評だっただけに、今回の中居のぶっちゃけも、負けられないという意思の表れかもしれない。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking