ニュースヘッドライン

【フライデー】東出昌大、杏とのあいだに初の男児出産でどうしても叶えたい父としての夢

  • 2017年11月14日(火) 10:00:00
  • ブログ

http://eviannews.com/blog-entry-59637.html

G1前には、スポーツ新聞は前日から買って読んでいます。専門誌を買うこともありますよ」

仲良い夫婦の写真はコチラ

 あるスポーツ誌のインタビューで、競馬への思いを熱く語っていた東出昌大。

 小学生のときに始めた競走馬育成ゲーム『ダービースタリオン』がきっかけで、それ以来、大の競馬ファンだという。

「彼の競馬への思いは小学生の頃からで、当時からトウカイテイオーやオグリキャップのビデオを見ていたそうです。

 それからグラスワンダー、エルコンドルパサー、サイレンススズカ、もちろんディープインパクト、オルフェーヴルも好きですし、最近ではジャスタウェイが好きだそうです。

 調教やタイムだけでなく、血統にも詳しいので、競馬の話をしたら止まりません。馬券も国内はもちろん海外のレースも購入するほどのファンです」(スポーツ紙記者)

 昨年12月25日に開催された『第61回 有馬記念』は妻で女優の杏と誕生したばかりの赤ちゃんを連れて、中山競馬場で観戦した。2人は2015年に結婚し、翌年の5月に双子の女児が誕生。そして今年11月上旬には第3子となる男児が誕生したばかり。

「東出くんと杏ちゃんの子育ては、まさに“格闘”です。家事と育児の分担といったレベルではなく、とにかく料理からお掃除、買いだしから洗濯すべて夫婦で協力しています。

 杏ちゃんの妊娠中もなるべく負担にならないように、仕事が終わると真っ直ぐ帰宅していました」(芸能プロ関係者)

 そんな東出の趣味といえば競馬に加えて剣道、落語、将棋がある。

「父親が剣道の先生でしたから、小さい時からしっかり鍛えられて三段の腕前。自宅では今でも素振りをしています。その影響もあって“子どもには剣道を教えたい”と言っていました。

 でももう一つ、叶えたいことがあるそうで、それが“自分の子がジョッキーになって、その子が騎乗するお馬を応援すること”。そんなことをよく話していました」(前出・同関係者)

 12日は京都競馬場で3歳以上の女王を決めるG1『エリザベス女王杯』が行われる。次に家族揃って競馬場へ行くのはいつになるのか――。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking