ニュースヘッドライン

ダウンタウン浜田が愛人と共演したいわく付きバラエティ

  • 2017年10月13日(金) 20:00:56
  • ブログ

ダウンタウン・浜田雅功が、売る・買う、変わりたい・教えるといったジャンル別で、芸能人のプライベートをのぞくロケバラエティ『浜ちゃんが!』10年目に突入した。制作は関西の読売テレビとあって、まったり・ユルい深夜番組だ。

 浜田といえば、大御所が相手でもガンガン仕切り、必要あらば後頭部も殴る、芸人屈指のスーパー司会者。『キングオブコント2017』や『プレバト!!』(TBS系)、『ダウンタウンDX』(日本テレビ・読売テレビ)などで見せる、相手の個性をしっかり引きだしながら番組を進行していく様は、浜田ならではの業だ。

 『浜ちゃんが!』のマニアックな見方は、浜田のパートナーとなる司会者芸人との間で微妙に生まれる距離感だ。藤井隆や木村祐一という百戦錬磨の芸人もいれば、しずるやジャングルポケットといった若手もその大役を任されるため、自由奔放な浜田とゲストを同時にカバーしながら、番組を進行する芸人は必死。最近のダウンタウンは、番組の仕切り・進行を他者に委ねることが多く、松本の『ワイドナショー』(フジテレビ系)は東野幸冶、『ダウンタウンなう』(同)は坂上忍が手腕を発揮。ダウンタウンはすでに“引きの美学”を構築しているだけに、若手はとかく一生懸命だ。

 ところが、この番組。浜田には、ひた隠したい“黒回”がある。10年8月にオンエアされた、買う編だ。浜田のパートナー司会者は、ガレッジセール・ゴリ。芸人はどりあんず、タレントは吉川麻衣子で、両チームが欲しいものを買った合計金額の下2ケタを足して、1の位が9に近いほうが勝ちというゲームを展開した。ここで首を傾げたくなるのが、当時も今も無名な吉川が、ピンでブッキングされていることだ。無名でいえば、どりあんずも同様だ。しかし、どりあんずの2人は浜田と同じよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で、私生活でも親交が深いため、合点は行く。だが、吉川はなぜ……。

 この4年後の14年6月に発売された写真週刊誌『FRIDAY』で、その謎が解けた。吉川は、浜田の不倫相手だったのだ。2人で車に乗っている姿を激写した同誌によると、2人の関係は11年頃からスタート。浜田が構えた別宅マンションで逢瀬を重ねていた。“29歳Fカップグラドルと裏切りの3年不倫”という見出しで独占スクープされた22歳の年の差不倫は、真っ黒な証拠を残してしまったのだ。
 このスッパ抜きによって、2人は破局。浜田は妻・小川菜摘のもとに戻り、猛反省した。吉川が『浜ちゃんが!』に出演時、すでにドラマで共演していた浜田とどういう関係にあったのかは不明。しかし、このあとで親密関係に発展したことは確かだ。

 日テレ系列(沖縄のみTBS系列)で、今も深夜に放映されている『浜ちゃんが!』。有名人の等身大に触れられることも魅力だが、一時期は“意気消沈ゴリラ”と化した浜田の黒歴史が刻まれたという認識があれば、さらにおもしろく観られるかも?

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking