ニュースヘッドライン

米倉涼子『ドクターX』初回視聴率で大ピンチ!? シリーズを重ねるごとに大きくなる「重圧」との戦い

  • 2017年10月13日(金) 08:00:58
  • ブログ

12日、人気シリーズ『ドクターX』(テレビ朝日系)の第1話が放送。米倉涼子らおなじみのキャストが、今回も病院を舞台にバトルを繰り広げる。

 シリーズ第5作となる同ドラマは、過去のシリーズもすべて高視聴率を記録している、『相棒』と並ぶテレ朝の看板ドラマ。そこで描かれる一般社会の常識とはかけ離れた"医師の世界"ではあるが、そこがまたこのドラマを人気シリーズにしている要因といえる。

 今シリーズでは東帝大学病院としては初の女性院長が誕生し、その志村まどか役を大地真央が演じる。蛭間重勝前院長(西田敏行)が推し進めてきた"医局ファースト"の悪しき慣習を一掃し、これまでにない"患者ファースト"の信念を持つクリーンな病院長だが、主人公の大門未知子(米倉)とは対立が多くなっていく......という展開のようだ。

 ただ、視聴率に関しては、少しだけ不安もあるようで......。

「固定ファンがいますので大きく崩れることはないでしょうが、2期~4期までは全話平均視聴率20%を超えるというとてつもない人気作だけに、毎度『数字』とのプレッシャーは相当なものです。

そして、そのプレッシャーを打ち破ってなお、20%台獲得というのは至難の業......。今回もその大台を超えられるのかは不透明といえます。制作陣の力が入りすぎて思わぬ失敗、とならなければいいのですが......」(記者)

 あの『相棒』ですら、現在は以前のように20%を獲得できなくなっており、他ドラマに至っては遠く及ばないものがほとんど。それをシリーズで継続するテレ朝の制作力をさすがだが、シリーズを重ねるごとにその重圧も大きなものとなるに違いない。

 今回も『ドクターX』は大台を超えることができるのか。ポテンシャルは最強クラスだが......。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking