ニュースヘッドライン

Kis-My-Ft2宮田俊哉、真冬の部屋で“ダンボール布団”に寝ていた過去をSnowMan佐久間大介が暴露

  • 2017年10月12日(木) 13:00:09
  • ブログ

ジャニーズJr.の魅力がたっぷりつまった『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)。歌や踊りはもちろんのこと、各々の近況がわかる「Jr.にQ」も長く続いている人気コーナーだ。10月6日放送のこのコーナーで、Kis-My-Ft2宮田俊哉の驚きの行動が暴露された。



 この日の「Jr.にQ」のテーマは、「人の家に行って驚いたこと」。このコーナーにJr.内ユニット「SnowMan」佐久間大介が登場し、ジャニーズ事務所の先輩・宮田の家に行った時の出来事を明かした。「宮田くんが引っ越しして、すぐ遊びに行かせてもらった」と語る佐久間は、後輩だが、アニメ仲間兼宮田の親友として、よく食事や買い物にも行っていることはファンの間ではお馴染みの人物である。

 佐久間が家に遊びに行った日は、雪が降るほどの寒い日だったとか。「(引っ越したばかりで)家に何もないよ~」という宮田に対し、「大丈夫です~」と言いながら家について行ったという佐久間。だが家に入ると「本当にリビングに、テレビとブルーレイデッキしかなかった」のだそう。さらには、冷蔵庫などの家電や家具も一切なく、佐久間が「え? 食材とかどうしてるんですか?」と問うと、宮田は「あ、外に置いてある!」と、なんとベランダを冷蔵庫がわりにしていたという。
しかし、これは司会のA.B.C-Z河合郁人と戸塚祥太が「冬だからね」と、まだ納得できる範囲のもの。実際は、これ以上の驚きの光景が待ち受けていたようだ。

 宮田の家に遊びに行った佐久間は、そのまま泊まることになったそうだが「布団あるんですか?」と恐る恐る聞くと、「大丈夫! これならあるから!」と宮田が自信満々に取り出してきたのは、なんと“ダンボール”。そして結局、ダンボールを布団がわりにして寝た、という衝撃の事実が明かされた。

 これには河合もさすがに「マジ!?」と驚きを隠せなかったようだが、佐久間によると「意外と朝起きても体は痛くないし、あったかいしで“ダンボールの暖かみ”を知りました」と、いい経験になった様子。その後は、宮田の家に遊びに行くたびに家具が増えていっていたようで、“ダンボール布団”は、あくまでもその日だけの限定だったようだ。

 この話がいつの出来事なのかはさだかではないが、 “アイドル”が“ダンボール布団”に寝ているというのは少しシュールすぎる光景だ。また、宮田が冷蔵庫よりも布団よりも優先しているものが“テレビ”と“ブルーレイデッキ”というところをみると、もはや自分の生活よりもアニメが第一優先なのかもしれない。

 アニメファンからは“神”として慕われている宮田だが、そこには自分の身を投げうってまでアニメに没頭するオタク感があるからに違いない。今後もそのオタクぶりで、ぜひアニメ業界にもジャニーズ旋風を巻き起こしていってほしいものだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking