ニュースヘッドライン

山里亮太が「スッキリ」で受けた仕打ち 番組Dへの毒をぶちまけた翌朝…

  • 2017年10月12日(木) 11:00:39
  • ブログ

10日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、南海キャンディーズ の山里亮太が、「天の声」を務める「スッキリ」(日本テレビ系)で受けた仕打ちを明かした。

番組では、山里が3日放送の「毒出しバラエティ 山里&マツコ・デトックス」(TBS系)について語った。同番組で、山里は「スッキリ」のディレクターに対して「打ち合わせの感じとかが死ぬほどムカつく。どうしても許せない」と訴えていた。
あるときの打ち合わせで、山里が「VTRがわかんない」と指摘すると、ディレクターは「これでも上手につないでんすよ!?」と言い返してきたのだとか。

山里は驚き、こんな打ち合わせを「スッキリ」MCの加藤浩次の前でもするのかと尋ねると、ディレクターは「するワケないじゃないっすか」と返答。これにはさすがの山里も「ナメてんのか!?」と怒りを露わにしたそうだが、ディレクターからはなんと「はい」と認める返答があったというのだ。

その場はプロデューサーが間に入り治めてくれたというが、後日、ディレクターはスタジオの奥から山里をにらみつけていたそう。だが、山里は「それで俺に精神的なダメージを与えてると思ってるかもしれないけど、俺お前の悪口をこうやって言うことによって金にしてっからな!」と、ぶちまけたのだった。

そんな山里は「たまむすび」で後日談を語る。「デトックス」の放送翌朝、「スッキリ」の収録現場に行くと、通常は朝食用に、おにぎり2つとおかずがセットになったものが用意されていたそうだが、その日はおにぎりが1個だけだったという。

この仕打ちに、山里は「しっかりとメッセージとして受け止めていこうかな」「デトックスというのは、時にリスクも伴う」と反省する一方で「リターンの方がデカ過ぎました」「楽しかった」とスッキリしている様子だった。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking