ニュースヘッドライン

痴漢被害告白の広末涼子、過去にも

  • 2017年10月11日(水) 20:00:56
  • ブログ

女優の広末涼子が10月8日放送の『行列のできる法律相談所2時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演し、痴漢被害を告白した。広末は街を歩いていたところ、後ろからお尻をさわられたという。さらに、犯人をつかまえて「警察へ突き出しますよ」ときっちり説教したという。実は、広末の痴漢被害は今回が初めてではない。

 「広末涼子は1998年に早稲田大学教育学部に自己推薦入試で合格し、1999年に入学します。ところが4月に入ってもなかなか学校に姿を現さず、6月26日にやっと初登校を果たしますが、この時はマスコミが殺到し、さらに3000人の野次馬が押し寄せる異常事態となりました。この時、どさくさにまぎれてお尻をさわられたようで、のちにインタビューで怒りをあらわにしていましたね」(芸能ライター)

 だが、鳴り物入りで入学したものの広末はほとんど登校せず、4年間在籍したのち2003年10月に「女優業への専念」を理由に中退している。今でこそアイドルが大学に通うことは珍しいことではないが、当時は異常なほどの広末フィーバーに湧いていた。

 「各サークルが広末を勧誘しようと必死になっており、その様子がメディアに取り上げられることがありましたね。その中には広末と学部学科が一緒だった素人時代の小島よしおも含まれます。さらに『サタ☆スマ』(フジテレビ系)では、元SMAPの香取慎吾による『早稲田大学新入生を広末涼子に会わせる企画』があったかと思えば、ラジオ番組『西川貴教のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)では、受験生リスナーが広末の同級生になるべく合格を目指すプロジェクトが放送されたほどです。その時、活躍していたハガキ職人の一人のペンネームは『広末教信者』。確かに広末ブームは、単なるいちアイドルの人気を越え出ていたといえるでしょう」(前出・同)

 そんな広末涼子も37歳となり、いまや3児の母である。それでも美しさに変わりはない。痴漢撃退に続き、さらなる強い活躍を期待したい。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking