ニュースヘッドライン

原田泰造が北野武の1発撮りに不安告白「本当に頭の中が混乱」

  • 2017年10月10日(火) 22:00:56
  • ブログ

9日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で、ネプチューンの原田泰造が、出演した映画「アウトレイジ 最終章」の撮影中の緊張感を語った。

番組では、北野武やピエール瀧、俳優・大森南朋などの「アウトレイジ」軍団が顔を揃え、司会のくりぃむしちゅー・上田晋也らとトークを繰り広げた。話題は「アウトレイジ」の撮影ウラ話に。

同映画には、ひな壇に座る原田も俳優として出演している。上田が原田に、現場での北野監督の指示について尋ねると、原田は「スタッフの人たちが、本当の『アウトレイジ』の人たちにみたいに見える」と、ピリピリした現場のムードを語って笑いを誘った。

さらに、原田は「その中で、たけしさんが1番最後に半パンとTシャツで来て。ガム噛みながらね…」と、続けると小さな声で指示を出すたけしの演出を明かす。スタッフや役者らは聞き逃さぬよう一斉に耳を澄ましていたという。原田は、撮影現場の雰囲気を伝えると「それで、1発(撮り)で終わるんです」と撮影の流れを語っていた。

また「(撮影は)昼間に終わるから、本当に頭の中が混乱して。すぐにジムに行って走りながら『今日ので良かったんだろうか!?』って」と、北野映画において自分の仕事ぶりに不安に思っていたと告白していた。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking