ニュースヘッドライン

解散総選挙がケチをつける篠原涼子月9新ドラマの不運

  • 2017年10月10日(火) 20:00:57
  • ブログ

 「今回ばかりは、強運で知られた彼女も厳しいのではないでしょうか? とても高視聴率は望めないと思います」(芸能プロ関係者)
 今や何をやっても当たらないフジテレビの悪運に引っ張られたというべきか、話題の主は10月16日から放送される月9ドラマ『民衆の敵 ~世の中、おかしくないですか!?~』でヒロインを演じる篠原涼子(44)。なんと放送前から大コケ必至との下馬評が飛び交っているのだ。

 いや、ちょっと待ってほしい。月9といえば、この7月に『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』第3シーズンが、当期連ドラ視聴率No.1の座に返り咲いた注目枠。いくらダメなフジテレビだからといって、大コケ必定とは、無理があるのではないだろうか。
 「理由は、選挙が行われるからです。安倍晋三総理は衆議院の解散総選挙を決断した。現在までのところ10月10日公示、22日投開票の予定。ヤバイと言われているのは篠原が主演を務めるドラマの内容ですよ。ズバリ、選挙がテーマなんですから」(他局編成マン)

 気になる、その内容だが…。
 「篠原が演じるのは、夫と保育園に通う子どもの家族3人でアパート暮らしをしているパート勤めの主婦・佐藤智子。ところが、ある事件に巻き込まれパート先を解雇されてしまうんです。そんな時、ワイドショーで市議会議員の報酬がものすごく高いことを知った智子は、報酬目当てで市議会議員に立候補するんです」(テレビ誌記者)

 フジのオリジナル・ストーリーという今回の月9ドラマ。いったい、何が問題視されているのか?
 「国政選挙が行われている裏で、報酬目当てで政治家を目指す主婦という設定はどうなんでしょうか。いくらドラマだと言っても、倫理性に違和感を覚えます。しかも、世間は日本の未来を左右する衆院選。かたや、篠原が目指すのは市議会議員。日本国民の誰もが不倫や経費横領など、地方議員のレベルの低さを知っている。今さらそれをドラマ化しても、誰も興味が湧きません」(前出・他局編成マン)

 この状況に、慌てふためいているのが主演の篠原だ。
 「彼女にとっては正念場。前回、フジで出演した『オトナ女子』は全話1ケタ視聴率で、最近の当たり役は0本。そもそも最初は市長を目指すドラマだったのが一部メディアに内容をすっぱ抜かれ、市議選に話がすり替わった。このへんのフジのセンスに、篠原も危機感を持っているんです」(制作会社プロデューサー)

 今回、篠原が受け取る出演料は1本当たり約300万円~。だがドラマが大コケすれば、ヒロインという肩書はなくなってしまうという。恨むべきは安倍総理か、それともフジテレビか…。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking