ニュースヘッドライン

元天才演歌少女・さくらまや 審査員が容赦ないダメ出し連発

  • 2017年10月10日(火) 11:00:57
  • ブログ

8日放送の「今夜、誕生!音楽チャンプ」(テレビ朝日系)で、演歌歌手・さくらまやが、審査員たちから容赦ないダメ出しを連発された。

番組では、再起をかけるワケあり歌手が集い、辛口な審査員の前で歌声を披露。審査員とロボットの合計点数で頂点を目指す。

その中で「天才演歌少女」として知られたさくらが挑戦した。さくらは10歳で最年少の演歌歌手として、メジャーデビュー。しかし19歳となった今、CDを3年間リリースしていないという。

そんなさくらは今回、中島美嘉の「GLAMOROUS SKY」を熱唱し、ロボットの採点でも99.078点と高得点を叩き出した。

ところが、審査員4人合わせての点数は70点、辛口なコメントが相次いだのだ。声楽家・菅井秀憲氏は、表現力を審査していると語り、「この曲で、あなたは何を言いたいんですかね?」と尋ねた。

すると、さくらは質問に「なるほど」と答え、菅井氏は「なぁ、聞いてんの!?」と口調が強くなる。さくらは「たくさんのお客さんの前で、初めて歌ったときを思い出しながら歌ってます」と答えると、菅井氏は歌詞の内容を聞いているのだと返す。

さくらが「あんまり、よくわかってないです」と打ち明けると、菅井氏は「だから、人の真似をしているようにしか聴こえないんだよ! 自分でも分かってんしょ?」と辛らつな評価を下した。

音楽プロデューサー・田中隼人氏は「作られた感じがすごく表面を覆っていて。演歌の人がポップスを歌いましたって印象にしかならない」と厳しく述べた。

最後に、さくらは「私が想像してた感じでしたね」「やっぱり自分としても努力していかないとなと思います」と明るくコメントしつつ、決意を新たにしている様子だった。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking