ニュースヘッドライン

篠原涼子、主演ドラマ初回が放送延期でスタッフ大喜びの“政治的”理由!

  • 2017年10月09日(月) 23:00:59
  • ブログ

今秋、フジテレビ系でスタートする月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」。

 篠原涼子が主演を務め、高橋一生、古田新太ら人気俳優が出演する同ドラマのテーマは“政治”。

 市議会議員選挙に篠原が立候補するシーンから始まる「民衆の敵」だが、初回放送を予定していた10月16日が衆院選の直前のため、同局は初回放送の一週間延期を決めた。

 突然の予定変更に「フジテレビの現場が大混乱に陥った」とも報じられている前代未聞の月9ドラマの初回放送延期だが、実際は様々な見方があるようだ。

「代わりに放送する番組をどうするかという混乱はありますが、延期を歓迎する声も強いんですよ」と語るのは同局関係者だ。

「実際、ドラマ班には放送が10月23日になったと知り『神風が吹いた』とガッツポーズするぐらい大喜びしたスタッフもいるんです」

「神風が吹いた」とまで歓喜した理由とは?

「衆院選の投開票が前日の22日に行われ、“政治物ドラマ”“選挙シーン”の注目度がケタ違いになるからです。しかも小池都知事の新党も大きな注目を集めているはずで、女性政治家役の篠原さんのイメージともダブる。この流れに“初回視聴率20%超え”を確信する見方まで出ていますね」(前出・フジ関係者)

 神風は吹くか──。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking