ニュースヘッドライン

櫻井&亀梨に「裏切られた」!? NEWS小山慶一郎が『24時間テレビ』の舞台裏を明かしつつ“恨み節”

  • 2017年09月17日(日) 13:00:57
  • ブログ

8月26・27日に放送された『24時間テレビ40 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、嵐・櫻井翔、KAT-TUN亀梨和也とともにメインパーソナリティーを務めたNEWS小山慶一郎。9月12日深夜放送のラジオ番組『KちゃんNEWS』(文化放送)では、そんな小山が櫻井&亀梨の“裏の顔”を明かした。



 メンバーの加藤シゲアキをゲストに迎えたこの日のラジオで、小山は「遅くなりましたけど、『24時間テレビ』終わりまして」と、改めてファンに報告。加藤も『24時間テレビ』内のスペシャルドラマ『時代をつくった男 阿久悠物語』に出演したことから、会場である日本武道館に足を運んでいたが、小山はその姿を見て「安心してた」という。

 その一方、小山によると櫻井がメインパーソナリティー用の“グループメール”を作ってくれたそうで、「(櫻井は)グループの写真も『24時間テレビ』のTシャツにしてくれたりとか。なんか結構、そういうことしてくれんだ? みたいな感じで。そこから、(番組が)終わってからは、かなり3人でメールして。『本当お疲れさまでした』みたいな。『またやりたいです』『この3人でまたなにか』みたいなことの話もしたりとか……」と近況を告白。「仲良くなった」というよりも、今回の大仕事を通じて絆が深まったようだ。

 また、裏話として「楽屋は3人一緒だった」と切り出した小山。櫻井&亀梨について「やっぱね、メイクする時から、“あ~、違うんだな”みたいな。例えば、翔くんは新聞を読みながらメイクをする。で、亀梨くんはもうホントね、“女優さんみたい”で。足クルクルするやつのマッサージ器みたいの、足のところに置いて……」と語ると、ドラマ『阿久悠物語』で共演した加藤も、「わかるな。亀梨くんって、女優だよね」とすんなり受け入れた。
 小山いわく、亀梨は「美容液みたいの」を顔にワーッと吹きかけ、その後に「パックみたいの」をしていたといい、「スゴい、女優さんだ!」と衝撃を受けた様子。加藤もこうした亀梨の行動に心当たりがあるのか、「(亀梨は)美意識高いんだよね」と、同調した。ちなみに小山自身は、頭が冴えるようにメイクさんとしゃべったり、台本を読んで過ごしていたとか。

 また、3人の楽屋では「日本アニメ生誕100周年!勇気と希望!アニメソングメドレー」内で披露する「アンパンマンのマーチ」の振り付けを確認する場面もあったそう。小山は「結構さ、張り切ってやったの、みんなで。“あ、こういうテンションでやってくれるんだ”と。オレ、アンパンマン踊るのめっちゃ楽しかったから。このテンションで、3人で踊れるならうれしいって思って、本番ものすごい元気に踊ったの」と振り返りつつ、「そしたらまぁ~、翔くんはサラッと踊ってらっしゃって」と、チクリ。確かに本番は、大きな身振り手振りで元気よくダンスする小山の隣で、櫻井は照れくさそうに振り付けをこなしていたのだが……。

 さらに、亀梨もかつてドラマや映画で主演を務めた『妖怪人間ベム』(同)のベムの姿に変身したためか、「ちょっと2歩、3歩引いたベムがね、『アンパンマン』踊ってらして。オレはもはや、『アンパンマン』よりも張り切ってしまったワケ。これね、帰ってね、ビデオ見返したらビックリしたね」と、小山にとっては物足りなさを感じる仕上がりだった模様。加藤から「裏切られた?」とストレートに聞かれた小山は、「あれはね、もう裏切られたね!」とキッパリ答え2人で笑い合った。

 3人は番組内で嵐のシングル「One Love」(08年)を披露していたが、振り付けが不安だった小山は「亀ちゃんと2人でめちゃめちゃ確認」したという。グループメールで「不安です」と訴えたところ、櫻井からは「『アンパンマン』の次に『One Love』が不安だ」と、返信が来たことを暴露。この文章から、櫻井が「アンパンマン」のダンスを練習していると思っていただけに、小山は「そしたらね、シュッとしてた」とまたも恨み節を漏らしていた。

 小山は『メレンゲの気持ち』(同、8月26日放送)にゲスト出演した際、グループメールでのやり取りに関し、日本テレビのお天気キャラクター・そらジローの「スタンプを押す」と話すなど、2人とはすっかり打ち解けた様子。今後もコラボレーションしてくれる機会を楽しみに待ちたい。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking