ニュースヘッドライン

パワハラ疑惑!鈴木砂羽「土下座はあったのか」の問いに最悪の答え

  • 2017年09月16日(土) 08:00:57
  • ブログ


 女優の鈴木砂羽に「土下座強要」の疑惑が持ち上がっている。自身が初めて演出を手掛けた舞台の稽古にて出演者二人を責めたて、その二人が鈴木から土下座を強要されたと主張して降板を発表したもの。

 9月13日の初日公演では劇場入りの際にマスコミから「土下座強要はあったのですか」と問われ、ガッツポーズで応えていた鈴木。この対応について芸能関係者は「最悪だ」と指摘する。

「ここでガッツポーズを見せるとは、騒動の渦中にある人物としてはあるまじき行為です。本来なら土下座の事実があろうとなかろうと『お騒がせして申し訳ありません』と頭を下げるべきところ。それがガッツポーズを出してしまったことで『相手の心の痛みが理解できない女優』という印象を世間に植え付けてしまいました。これによって多くの人が『やっぱり土下座は本当だったんだな』と思ってしまうかもしれません」

 鈴木は終演後に記者会見を開き「土下座させたという事実は一切ありません」と完全否定。また、本公演を手掛ける劇団の主宰者も、土下座強要の事実はなく、キャスト二人の降板は主宰者自身に責任があると表明している。

 そうやって関係者が事態を収拾しようと奔走するなか、当の鈴木は無用なガッツポーズで火に油。当事者意識の欠如を疑われかねない行動に、批判の声はますます高まりそうだ。



▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking