ニュースヘッドライン

深田恭子が餃子を差し入れ、焼き加減でわかった「イイお嫁さん」度の高さ!

  • 2017年09月15日(金) 23:00:59
  • ブログ

9月15日で最終回を迎えるドラマ「ハロー張りネズミ」(TBS系)の公式インスタグラムで、深田恭子が差し入れをしたことを伝えている。最終話のロケでのこと、撮影の合間に深田が餃子を焼き、キャストやスタッフにふるまったのだという。

 フライパンを握ってフライ返しを持ち餃子を焼くフカキョンと、餃子が乗ったお皿を持つ姿、お皿に盛り付ける場面の3枚の写真も同時に公開された。

「餃子を焼くフカキョンはかなりグッとくるものがあります。飾り気のない黒のTシャツで髪がわずかに乱れている。生活感いっぱいで、彼女がお嫁に来てくれたような錯覚すら覚えます(笑)」(週刊誌芸能記者)

 気になるお味だが、インスタグラムによれば「本当に焼いて下さいました みんなビックリ!笑 そして盛り付けまでしっかり、、めちゃくちゃ美味しかったー!」という。

「これはリップサービスではなさそうです。というのも、餃子の焼き加減が完璧なんですよ。どこの家庭にもある普通のガスコンロと何の変哲もないフライパンを使って、こんがりと見事なきつね色の焼き目にしている。これだけの腕があれば、きっといいお嫁さんになれるでしょう」(フード誌ライター)

 ドラマは終わっても、フカキョンをめとるのは誰か?という興味はつきない。ただ、うらやましいことだけは確かだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking