ニュースヘッドライン

【フライデー】不倫&ウソの代償大きく…斉藤由貴が表舞台から消える日

  • 2017年09月16日(土) 10:00:00
  • ブログ

http://eviannews.com/blog-entry-58835.html


女優の斉藤由貴(51)の不倫騒動が全く収まる気配をみせない。それどころか、一報後もキス写真や相手男性のプライベート写真が次々に流出。不倫を完全否定した会見がウソだったことも、騒動に拍車を掛けている。何やら、少し前に大騒動になった清純派タレントの時と同じような展開になっているのだ。

「ベッキーのゲス不倫騒動とそっくりです。あの時は一報が報じられた後、ベッキーが会見し、『お付き合いはない』と不倫を完全否定。しかし、その後、相手の川谷絵音とのLINEの内容が流出。ウソをついていたことがばれてしまい、“袋叩き”状態になってしまった。不倫をしたあげく、ウソをつくというのは一番印象が悪い。しかも、会見の映像が残っているので、ワイドショーが繰り返しその映像を流すことができる。視聴者には『この人、今、ウソついてるんだ』という印象を与えてしまうんです」(芸能リポーター)

 “不倫&ウソ”の代償は大きく、斉藤がレギュラー出演するラジオは無期限の出演休止に。さらには、CM出演する企業や所属事務所に抗議の電話やメールが相次いでいるという。このままでは、ベッキーと同じように、表舞台から完全に姿を消すのは時間の問題だろう。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「今や、芸能人にとって発覚すれば“致命傷”となってしまうのは、薬物、淫行、そして不倫のスキャンダルです。斉藤由貴の場合、会見なんてしなければよかった。黙して語らずが最善の対処法でしょう。動画や音声があれば、テレビのワイドショーが取り上げるんです。人の噂も七十五日。参考にするとすれば、女優の宮沢りえです。さまざまなスキャンダルに見舞われましたが、それについてテレビカメラの前で語ったことはほとんどない。しかし、今や大女優です」

 やましいという自覚があれば、黙っておけということだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking