ニュースヘッドライン

「月曜から夜ふかし」がもとで生まれた誤解 一般男性に降り掛かった災難

  • 2017年09月14日(木) 10:00:57
  • ブログ

11日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、過去の放送での「誤報」により一般男性が受けた災難をお詫びした。

この日は、東京・竹の塚に関する「重要なお知らせ」を放送した。7月10日放送回でのこと、番組は竹の塚に行き交う人にインタビュー。ある女性は9年前に14歳で妊娠したものの、相手と連絡が取れなくなった過去を語る。

そのインタビュー途中、女性の後ろを自転車に乗った男性が通り過ぎた。すると女性は、自転車の男性が妊娠させた相手だと証言したのだ。

しかし、この放送後、男性から番組に連絡が入り、「全く身に覚えがない」と訴えたという。男性は帰宅後、同番組のロケに遭遇したことを家族に報告し、後日、家族そろってテレビを観た。ところが、番組内で男性は14歳の女性を妊娠させて逃げた男として扱われており、怒った妻は子供を連れて家を飛び出したというのだ。

番組は男性からの報告を受けて、インタビューした女性に電話で確認すると、人違いだったことが判明。男性の疑いは晴れ、あらためて番組は「お詫びして訂正いたします。」との文字テロップを画面いっぱいに表示し、謝罪した。

スタジオトークでは、番組スタッフが「パッと見が似てたみたいです」と説明する。マツコ・デラックスは「スレスレでやってるわ、この番組…」と、番組の危うさを指摘していた。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking