ニュースヘッドライン

【フライデー】斉藤由貴を襲う 更なる“過激プライベート写真”流出の恐怖

  • 2017年09月14日(木) 10:00:00
  • ブログ


http://eviannews.com/blog-entry-58809.html


家族もファンも世間も欺いてぬけぬけと不倫三昧とは、恐れ入ったる好色ぶりだ。斉藤由貴(51)と50代開業医のダブル不倫騒動は、完全否定から一転、双方ともに不倫関係を認めた。7年前に出会い、5年前から男女関係となり、斉藤の自宅やその近くの賃貸マンションで密会を繰り返していたというのだ。

 疑惑が週刊誌で報じられた当初、記者会見を開いた斉藤は「女優業を支えてくれるコーチ的な存在でコーチと選手の関係。家族ぐるみのお付き合い」などと言い、男女関係については否定。一方の開業医も「診察」などとうそぶいていた。写真誌「フラッシュ」に自撮りとみられるキス写真が掲載されても、斉藤は「記憶が曖昧」と事務所を通じて否定。開業医においては「写真はコラージュ。コメントするに値しない。医者とか、50代とか、一言でも番組で言ったら訴える」とワイドショーのクルーに食ってかかっていたという。

 この時点までは2人とも知らぬ存ぜぬの一点張りで押し通せるとみていたのだろう。

■顔面パンツ写真まで

 ところが、だ。発売中の「フラッシュ」が、不倫の決定的証拠となる写真を掲載。医師が斉藤の自宅で斉藤の下着を顔面にかぶり「変態仮面」のような姿でフルーツを食べているショッキングな画像が流出したのである。さすがに万事休すと判断したのだろう。開業医はワイドショーに出演し、関係を認めた。続いて斉藤もマスコミ宛ての事務所ファクスで、「先日の会見では、本当のことをお話しできず、誠に申し訳ありませんでした。お相手の男性に、女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました」とのコメントを発表した。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「今回改めて思い出したのが、斉藤さんが尾崎豊さんに続いて川崎麻世さんとの不倫疑惑で騒ぎになったときのこと。『自分はつくづく学ばない人間だと感じた』とおっしゃっていましたが、24年経ってまた同じ過ちを犯すというのは、それが斉藤さんの資質、つまり社会的センサーがない方なのではという印象です。おそらく立場とか、これをやったら家族や関係者にどういう影響が及ぶとか考えず、ご自身の感情で行動される。戒律や道徳、社会的規範などに縛られない自由人なのでしょう」

 無神経といえばそれまでだが、実は斉藤を悩ます更なる問題も囁かれている。

「実は流出した写真は斉藤か開業医のどちらかがネットにクラウド保存していた画像が外部からハッキングされた可能性が高い。その中にはキス写真や下着写真を超える超過激写真があり、すでに週刊誌が入手しているという情報もあります。斉藤が流出写真について警察に相談したというのはそういう理由からです」(マスコミ関係者)

 因果応報。自らの好色が招いた結果とはいえ、もしショッキングなプライベート写真でも流出したら……斉藤は女優生命の大ピンチである。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking