ニュースヘッドライン

宮迫博之不倫疑惑でオリラジ中田敦彦が「圧勝」! 過去の「遺恨」終結でテレビから消える?

  • 2017年08月10日(木) 08:00:58
  • ブログ

9日の「週刊文春」(文藝春秋)で不倫疑惑が発覚した雨上がり決死隊の宮迫博之。以前にも複数回不倫報道があった宮迫だが、ガンを患った際に支えてくれた妻を裏切ったという今回の疑惑に批判が殺到している。本人はこの事実に対し取材で「オフホワイト」と曖昧な回答をしたようだが......。

 そんな中、9日放送のTBS系『ビビット』(月~金曜・前8時)に出演したオリエンタルラジオの中田敦彦が「今は笑いで済ませれる時代でもないし、笑いで済ませられるレベルでもない。ホワイトであるなら説明する義務があるし、闘病を支えてきた奥さんに対してもあるのかなと思う」と宮迫にメッセージを送った。

 中田はあくまでも冷静な雰囲気だったものの、その裏には「自信」がみなぎっているように思えた。それは、宮迫と中田の間にある昨年の「遺恨」があるからなのでは、という声が多い。

「昨年のベッキーの不倫騒動の際、ベッキーが文春側に手紙を送ったことを中田が『あざとい』と表現したことに関し、宮迫が別の場で『憶測でひどいこという』と中田に不快感を示すというやり取りがありました。松本人志が『ベッキーなんかでもめんなや』と呆れるコメントもありましたね。

宮迫はベッキーをとにかく擁護していましたが、自分自身も不倫をしていたから、ということだったんでしょうか。いずれにせよ、中田の大勝利でしたね(笑)」(記者)

 思わぬところで隙を見せてしまった宮迫と、何も問題を起こしていない中田。完全に軍配が上がってしまった印象である。

 今後、宮迫の処遇はどうなるのだろうか。

「闘病を支えてくれた妻を裏切ったというイメージの悪さ、ココ最近の芸能人の不倫報道の数々を考えますと、出演が減少する可能性は大きいでしょうね。冠番組や人気番組のレギュラーもありますが、徐々に減少するのではないでしょうか」(同)

 いよいよ逃げられない状況の宮迫。今後のテレビでの振る舞いにも注目だ

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking