ニュースヘッドライン

『24時間テレビ』イモトアヤコ「義足少女と登頂目指す」に疑問と非難。 タレントは武道館でカラオケ大会なのに.....

  • 2017年08月08日(火) 08:00:59
  • ブログ

26、27日に放送される『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、タレントのイモトアヤコが義足の少女・江口舞さん(19)と3180メートルの槍ヶ岳登頂に挑むことになった。

 これまで『世界の果てまでイッテQ!』(同)でモンブラン登頂やマナスル登頂を達成してきたイモトだけにこうした企画が出るのは自然なことかもしれない。ただ、当然のことながら世間からは疑問と批判の声が相次いでいる。

「毎年のことではありますが、やはりなぜ障害者とタレントが大変な挑戦をする様をテレビで流さねばならないのだ、という声は非常に多いですね。登頂を目指す舞さんは、高校2年の時に電車と接触し左脚の膝から下を失ったということで、挑戦自体は尊いですが、ネット上では『相変わらずの感動の押し売り』『こんなことさせる必要あるのか』と疑問と批判が殺到しています。

また、出演タレント陣は武道館にいることに関し『障害者にムリをさせ、タレントは武道館でカラオケ大会』と揶揄する声もありますよ」(記者)

 毎度のことながら、同番組の企画には批判が多い様子。恒例のこととはいえ、疑問が消えることはなさそうだ。
昨年は放送直前にパーソナリティだった高畑裕太が逮捕されて大騒動となり、その際にも「もういっそ放送やめたら」という声もあった。今年は24時間マラソンのランナーも当日発表ということで物議を醸している。

 批判やまない『24時間テレビ』だが、一部ではイモトに「かわいそう」という声もある。

「『イッテQ』も含め、イモトが体を張りすぎなのでは、と心配する声は多いですね。無論、現在の『イッテQ』の高視聴率を支えているのはイモトの体を張った企画の数々ですが、結局は『24時間テレビ』もイモト頼みということなのでしょう」(同)

 結局は視聴率メイン。チャリティーという言葉が少々薄っぺらいものに......。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking