ニュースヘッドライン

井上真央が1年9カ月ぶりドラマ復帰!「空白の期間」の出来事

  • 2017年08月07日(月) 11:00:59
  • ブログ

休業状態だった女優の井上真央が、10月から放映のフジテレビ系ドラマで女教師を演じることになり、1年9カ月ぶりにドラマ復帰を果たすと報道された。


「昨年の8月に井上は芸能事務所を移籍しています。これは、『嵐』の松本潤と結婚したかったからというわけではなく、新しい芸能事務所の方が親しいスタッフや役者の先輩が多数いたためです。女優の仕事から久しく遠ざかっていましたが、井上本人はやる気満々で、少し体重が増えてしまったため、ダイエットにも真剣に取り組んでいる最中のようです」(芸能記者)


ドラマのタイトルは『あしたの約束』(仮)で、ノンフィクション作家の福田ますみ氏の作品『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(新潮社)をベースにしたシリアスな物語のようだ。


「嵐の松本潤との関係は、まだ続いているとも続いてないとも言える曖昧な状態です。連絡は取り合っているが、会っているという情報が全く入らないためです。推測ですが、恐らくは恋人から“ただの友達”に変わった可能性も否定できません」(同・記者)







■ 井上の事務所移籍理由には多くの説が


その松本も、来年1月には『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)の続編が内定していて、お互いに大事な時期ではある。


「井上と松本はドラマ『花より男子』の共演で知り合い、演技論で意気投合しました。お互いの人生観まで深く語り合う関係で、一時期は結婚する寸前でしたが、昨年末に松本がセクシー女優の葵つかさとの“深い仲”を週刊誌に報じられ、険悪な状態になったのです。…
また井上は、しつこく別れ話を持って来るジャニーズ事務所のやり口に呆れ、自分のことを守ってくれない芸能事務所に業を煮やして移籍をした、というのが表向きの話です」(女性誌編集者)

しかし、ベテランの脚本家は情報を否定する。


「別れたことにした方が、井上も松本も仕事になるのです。ファンが減らないわけですから。ふたりはいまだにつながっていると見るべきです。井上が事務所を移籍したのだって、お金の取り分の問題が深く絡んでいる。みなさんは事務所がリークする情報に踊らされています」


真相はどちらか。いずれにせよ、井上はこれから役者として仕事に集中しなければならない環境になるという指摘もある。


「井上は30代になり、これから名女優への道をめざす道半ばです。酷なようですが、いまの恋愛は演技の仕事にとって邪魔でしかありません」(演出家)


井上の復帰ドラマがどれほどの視聴率になるか気になるところだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking