ニュースヘッドライン

嵐・松本潤に匂いフェチ疑惑が浮上で?”おむつCM”降板騒動の背景

  • 2017年08月06日(日) 12:00:58
  • ブログ

二股愛騒動で痛手を負った嵐の松本潤(33)に更なる追い打ちがかけられた。松本が2010年からCM出演してきた乳幼児用おむつ「GOO.N(グ~ン)」(大王製紙)のホームページから、7月に入って松本の画像が削除されたのだ。この一件について、『週刊女性』(主婦と生活社)が一連のスキャンダルによる契約解除の可能性を伝えている。

「松本は昨年末の『週刊文春』(文藝春秋)で、交際相手である女優の井上真央(30)を横目にAV女優の葵つかさ(26)と4年にもわたって男女の関係にあったことが報じられました。好感度の高い嵐のメンバーとして人気を集めてきた松本の二股騒動に主婦層が大反発。CMや出演番組のクライアントへの抗議が続いていました」(スポーツ紙記者)

 週刊女性の記事では、松本は大王製紙と昨年11月に契約を更改していた。CM契約は通常、半年か1年おきの更改になるのだが、8カ月という半端な時期での降板であるため、クライアント側が急きょ、松本の首を切った可能性を伝えている。

 松本にとって致命的となる事件があった。5月10日放送の深夜番組『マスカットナイト・フィーバー!!!』(テレビ東京系)でのこと。出演した葵つかさが、最近のアブノーマルな体験として、「パンツの臭いを嗅いでくる」と発言。否応なく松本を連想させる格好となり、この発言は更なる波紋を呼ぶ事態となる。

■醜聞を裏付ける松本潤の過去の問題発言「この香りはなんだろう」

 松本は2014年放映の「GOO.N アロマジック」CMに出演した際、赤ちゃんの声のアテレコに挑戦。だが、そのセリフが意味深だった。「この香りはなんだろう?」、「いい香りの元はどこだー?」、「さがしに行くぞー!」など松本の疑惑の性癖と関連付けられる文言を連発していたのだ。

「紙おむつを購入する主婦層はスキャンダルを嫌います。二股騒動だけでなく、性的なイメージまで浸透してしまった松本が避けられるのは当然の報いでしょう」(芸能誌記者)

 嵐の人気急落のきっかけとなったメンバー松本潤の”二股騒動”。その余波はまだ続いているようだ。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking