ニュースヘッドライン

今井絵理子のだめんず好きを証明?橋本市議の”稚拙なウソ”が次々発覚

  • 2017年08月04日(金) 13:00:58
  • ブログ

 今井絵理子参院議員(33、比例、自民)の不倫疑惑に新たな“新潮砲”が投下され、騒動がさらに拡大している。新幹線車内での「手つなぎ爆睡写真」に続く新たな不倫現場の証拠写真や動画が公開され、その親密ぶりによって「一線は越えていない」という今井議員の言い訳が崩壊寸前になっているのだ。さらにお相手として報じられた神戸市議・橋本健氏(37)の“ウソ”が次々と指摘され、二人そろって窮地に立たされている。

 新たな写真と動画は新幹線での「手つなぎ爆睡写真」をスクープした『週刊新潮』(新潮社)が撮影し、2日放送の情報番組『ビビット』(TBS系)で公開された。新たに公開された映像は、今井議員が橋本市議の手を引くようにして新幹線の車内を歩いている衝撃の「手つなぎ動画」だ。さらに今井氏が橋本氏の肩にもたれて眠っている新たな写真も公開され、二人の親密ぶりをより印象付けるものとなっている。

「不倫騒動の発覚後、橋本市議は会見で『寝ているうちに無意識に手をつないでしまった』と釈明していましたが、手をつないで歩いていたとなれば説得力が完全になくなってしまう。今井議員の方から彼の肩にもたれかかって寝ている写真も致命的。シラを切り通そうとした二人に対し、隠し玉として『新潮』サイドが決定的な証拠を突きつけた格好といえるでしょう」(週刊誌記者)

 さらに『新潮』は橋本市議の“ウソ”を指摘。橋本市議は会見で「ここ4〜5年、結婚生活は破綻している」などと説明し、破綻した婚姻関係は自由恋愛の妨げにはならないと思っていたと主張していた。しかし、橋本市議の妻は「破綻していた事実はない」とワイドショーなどを通じて真っ向から反論。同誌でも妻の知人が「婚姻関係は破綻していたというストーリーはまったくのウソ」と証言している。

 同誌によると、橋本市議は以前から外泊が多かったものの妻と子供たちが待っている自宅に時折帰っており、別居状態などではなく離婚の話が出たこともなかったという。だが、橋本市議と今井議員が出会ってから約4か月後の昨年8月に突如として妻に離婚を切り出し、その翌月にはマンションを借りて家を出てしまい、今年3月に一方的に離婚調停を申し立てたというのだ。

 さらに不倫疑惑を報じた『週刊新潮』が発売される前日の7月26日、橋本市議は突然「会いたい」と妻に連絡。妻の弁護士が代わりに会うと、橋本市議は「離婚届に判を押してくれ」と言い出したという。この行動について同誌は「記事が出る前日に離婚を成立させて『不倫ではない』と強弁しようとした」と指摘し、橋本市議の釈明を完全否定している。もはや言い訳すればするほどボロが出てしまい、追い詰められているように見える橋本市議の体たらくだが、今井はこんな男に執着する理由はあるのだろうか。

「今井はこれまでの恋愛遍歴を振り返ってみてもわかる通り、典型的な”だめんず好き”で不幸体質の女です。一発屋のミュージシャンに風俗業で逮捕歴のある同級生など、今井が付き合う男は癖のある連中ばかり。男を見る目はまるでありません」(前出・週刊誌記者)

 今井も橋本市議に好意があることを認めていたが、果たしてこんな男で本当に良かったのか。もう一度、自分の人生を振り返ったほうがいいだろう。

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking