ニュースヘッドライン

高橋一生、神木隆之介に「色気指南」!?

  • 2017年04月21日(金) 22:00:01
  • ブログ

4月22日より後編が全国公開される映画『3月のライオン』。4月13日、公開に先がけて夫婦や恋人などがペアで観ることができる「“愛の後編”特別試写会」が都内で開かれ、神木隆之介(23)、高橋一生(36)ら出演陣が登場した。

 羽海野チカ氏の同名人気コミックを原作とするこの映画。主人公である17歳のプロ棋士・桐山零役に神木が起用され、高橋は桐山が通う高校の教師を演じている。

 この日の試写会で神木は、ドラマやCMなどで現在大活躍中の高橋に「どうやったら、そんなステキに生きられるんですか?」と質問。高橋は「すごい抽象的」と大笑いしながらも、「神木くんはそのままでいいと思う。一緒のシーンでも居ずまいから桐山そのままでした。居ずまいのまま役でいられるのは希有(けう)なこと。その良さがこれからも十二分に膨らんでいくと思う」と返答した。

 神木はさらに「色気ってどうやって出すんですか?」と質問。これにも高橋は「今度はすごい具体的」と笑い、「色気を出すと、意識しないことです」とコメント。そんな高橋に、会場から黄色い声が飛んでいた。

 この二人のやりとりに、ファンは大喜び。SNSなどには「神木くん、高橋一生好きすぎでしょ!」「色気に憧れる神木きゅんかわいい!」「この二人の絡みなんかすごいほっこりしちゃう」「ここでも生徒と先生みたい、かわいすぎか」といったコメントが多数上がった。

「神木は高校時代にモテたくて“少女漫画を読んで勉強していた”と、バラエティ番組で明かしてました。この日は、高橋の助言を受けて、“モテたいって言ってるうちはモテないぞって、学生の頃の自分に今学んだことをそのまま言いたい”なんて言ってましたから、素直ですよね(笑)」(芸能誌ライター)

 22日から公開の『3月のライオン 愛の後編』は、『闘いの前編』から1年後の物語。新しい居場所を見つけた桐山零が新たな試練に奮闘する。神木隆之介と高橋一生の共演シーンも楽しみだ。


▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking