ニュースヘッドライン

ほしのあきらペニオクステマ芸能人にネット上でも侮蔑の視線!87%以上が失望!

  • 2012年12月31日(月) 22:01:00
  • ブログ

ネットリサーチニュース
2012年12月30日21時22分


20121231-174046.jpg
ネットオークションが流行してから、はや数年が経過した。


今や欲しいものを手にする際に、オークションを経由するという手段は、よほどの潔癖症の方を除く多くの消費者がとるものとなった。


そんなネットオークションにも、実に様々な形式のものがある。


ヤフーオークションのような、従来型の最高金額入札者が競り落とすことの出来るネット競売。そしてもう一つ、最近になって蔓延しているのが、入札するたびに手数料を支払わなくてはならないタイプのネット競売だ。


最近になって、この後者のオークションの信頼性が、大きく揺らぎ始めている。


と言うのも、この手のオークションでは有名どころであったペニーオークションサイトが、事実上の詐欺行為を働いていたことが発覚したのである。


それだけではない。このオークションサイトの宣伝を、人気タレント数名が自身のブログで相次いで紹介し、ペニーオークション側から現金を受け取った上で、「少ない入札金額で人気の○○をゲット!みんなもペニオク、やってみてね」となどと宣伝していたのだ。


ほしのあきや小森純、そしてピース綾部など、このステルスマーケティングに加担した芸能人は数多い。


いずれも、1日あたりのブログの閲覧者数は数万人を超えており、熱心なブログファンをペニーオークションと一緒に騙していたということにもなる。


驚くべきはペニーオークション運営の実態である。数千を超える商品をユーザー同士で入札させ続け、結果的には運営側が用意した自動入札プログラムが入札競争に加わるのだ。


プログラムは延々入札を続けていくため、ユーザーは最後には諦めるしかない。こうして、法外な手数料を支払う責務だけが残ってしまうというわけである。


しかも、運営側の悪質さはこれだけでは留まらない。


こうした商品のほとんどを、実際には在庫として仕入れてすらいなかったのだ。まさにユーザーは手数料目的で集められていた、都合のいい金蔓だったということになる。


livedoorネットリサーチではこの詐欺とも取れる事態の発覚に関して、「ペニーオークション、宣伝した芸能人に責任ある?」とステマに加担したタレントに関するアンケートを実施。総勢523件の回答が寄せられる結果となっている。


このうち、87%の方々は責任が「あると思う」と答えていたことが分かっている。


それでは、早速回答していただいた方々のコメントをご覧いただきたい。


・当然です。芸能人は乞食と思えば納得でしょ、金のためなら魂・身を売るのが此処に出てくる芸能人・顔ぶれ観れば分かるよね。下らない。




・ステルスマーケットじゃん。これ自体NGだと思うわ。金もらったことをちゃんと書けばいいのに。




・詐欺の片棒を担いだ罪はともかく、ファンを騙した責任は負うべきだよ。




・ただ、芸能人の仕事ってこういうもんなのかな?とは感じる。CMでも同じで、金を受け取って「台本通り」を演じてるだけだし。

問題は「ステマ」という手法なんだよね。CM契約だと見抜けなかった人は「詐欺の片棒を担いだ」と非難したくなるだろうなぁ。

このように、やはり今回ペニーオークションとの関与が明かされた複数のタレントについては、失望と侮蔑の声が多数寄せられることとなっている。


残念ながら、槍玉に上がっているタレント意外にも、まだまだ疑わしいタレントは沢山存在している。


もっとも、このような騒動はあくまでも芸能活動の一環と割り切っている方も少なくなかったようだ。


さて、反対に責任がタレントたちには「ないと思う」と回答したのは、全体の13%の方々。


寄せられたご意見は以下のとおりとなっている。


・詐欺だと認識していたのなら責任はあるが知らなかったのなら仕方ない。




・つーか。ネットの大半はステルスが仕組まれてるんだから、信用するほうがバカだろ。こんな買収はイロハにも入らない。

今回批難されることとなったタレントたちが、一体どこまで自分の書いたブログエントリーの重要性を認識していたのかは、これはもう当人に問いただすしかない。


しかし、もしかするとタレント個人は、いつもの芸能活動の一環程度にしか考えていなかったのかも知れない。そう考える方もいたようだ。こればかりは、タレントの立場になってみないと、なかなか分からないものである。


大なり小なりに、多用なことをして生活するのがタレントである。ファンの気持ちよりも自分の生活を優先する者がいたとしても当然ではないだろうか。


勿論、今回の騒動を批判したり、茶化して笑いにするタレントも多く存在している。全てのタレントが一様にファンを騙すことに抵抗が無いというわけではないようだ。


ともかく、このような騒動があったからには、今後は同様の方式のネットオークションの利用者は激減することは間違いない。



(伊藤結児)

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
「今や欲しいものを手にする際に、オークションを経由するという手段は、よほどの潔癖症の方を除く多くの消費者がとるものとなった。」

↑商品購入にネットオークションを使わない者はよほどの潔癖症とでも思っているのか?

何を根拠にこんな差別的な記事を書いているんだろうか。

ネットリサーチニュースの記者はろくでもない狂獣だったんだな。

くたばれ
  • URL
  • 2013年01月01日(火)16:00 [編集]
 
あいのり桃も規制して欲しい。ほしの以上に悪質。
  • URL
  • 2012年12月31日(月)22:27 [編集]

FC2 Blog Ranking