ニュースヘッドライン

「史上最低の情熱大陸だ!」菅田将暉の出演回が視聴者から猛批判されたワケ

  • 2016年03月22日(火) 23:00:58
  • ブログ

3月20日に放送されたドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)にて、俳優の菅田将暉に密着した様子が放送された。

「菅田は2009年に『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)で初主演を飾り、その整ったルックスで多くの女性ファンを獲得しました。また、近年はドラマ『民王』(テレビ朝日系)で父親と心が入れ替わるという難しい役を演じ、その演技が好評価。さらにCMでは携帯電話の『au三太郎』シリーズに鬼役として出演し、一般層にも認知されるなど、今、最も旬な俳優と言えるでしょう」(芸能記者)

 それだけ勢いのある菅田が出演するとあって、今回の「情熱大陸」は放送前から大きな注目を集めていた。

 しかし、番組終了後、視聴者からは「史上最低の情熱大陸だ!」「中身がまったくない回だった」「構成が酷い」と批判が殺到している。なぜ今回の「情熱大陸」は、ここまで批判されてしまったのだろうか。

「今回はいつもの『情熱大陸』スタッフでなく、菅田とゆかりのある映画監督・福田雄一が、番組の演出を担当しました。しかし密着期間中、菅田に大きな仕事が入っていなかったため、映し出される場面は寝ているだけの飲み会や、趣味の洋服作りなど地味なシーンばかり。さらに、福田監督が菅田のプライベートに対し『つまんない男』『おもしろくない』と自身の感想を連呼し、演出家にも関わらずその存在が前面に出すぎていたことで、視聴者は不快に感じてしまったようです」(テレビ誌記者)

 一部の熱狂的なファンからは、菅田のプライベートを垣間見れて良かったという声も上がっている。しかし、毎週「情熱大陸」を楽しみにしている一般視聴者にとっては、出演者でなく、今回の毛色の違う構成が受け入れづらかったようだ。

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
記事にするならもっとちゃんと書いてください。情熱大陸見てる人は、様々なジャンルで活躍する人たちの情熱をみたいんです。それが菅田くんと福田監督のファンしか楽しめない余興ビデオレベルのものを見させられたから頭にきてるんです。取材中に大きな仕事がなかったとありますけど、それを見つけるのがプロです。どうしても難しければ取材の時期をずらします。ドキュメンタリーだからといってノープランで撮ってるわけじゃないです。ちゃんと番組になると言う確証がないと普通は動きません。そういう事をちゃんと書かないとこの記事で誤解する人が生まれます!
  • URL
  • 2016年03月22日(火)23:14 [編集]

FC2 Blog Ranking