ニュースヘッドライン

標的は大泉洋!?堺雅人が「真田丸」で必ずすると決めている“ルール”とは?

  • 2016年01月31日(日) 23:00:58
  • ブログ

 24日、堺雅人主演の大河ドラマ「真田丸」第3話が放送され、視聴率18.3%を記録した。前話より下がったうえ、裏番組の「ザ!鉄腕!DASH!!2時間SP」(日本テレビ系)の19.2%に負けた形だが、現場では不安の声はないという。ドラマ関係者が語る。

「第3話も『面白かった』という声がほとんど。下がったとはいえ、近年の大河ドラマとしては高い水準です。面白いので先行放送のBSで観たという人や、『ザ!鉄腕!DASH!!』を生で観て、『真田丸』は録画でじっくりという人も多かったと思います。現場は、若いスタッフを中心に『良い物を作るんだ』という気合いが入ってますよ。彼らは視聴率重視の世代ではありませんしね。三谷幸喜さんの脚本は、要所で笑いがあるので、長い大河も飽きずに観られるのではないでしょうか」

 主演の堺はよく「現場でマイペース」と報じられるが、実際は違うという。ドラマ関係者が語る。

「堺さんは『いい作品には特別なルールができる』が持論で、自分の中のルールをあまり決めず、現場ごとにできたルールを楽しむタイプです。スタッフが熱ければ、自分もその空気に乗って熱くなる一面もあります。普通の世間話も沢山しますし、流行モノについて熱く語ったりしています」

 素顔は「気さくなお兄ちゃん」だという堺。「今のところ、特別ルールは、(大泉)洋さんをいじってから撮影を終えること」と言って笑っていたそうだ。

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

FC2 Blog Ranking