ニュースヘッドライン

【女性セブン】真木よう子変装ヅラでおでかけ目撃

  • 2015年10月31日(土) 23:01:58
  • ブログ


http://eviannews.com/blog-entry-48332.html



女優・真木よう子(32才)が、元俳優の片山怜雄氏(33才)との離婚を発表した。

 ふたりは2005年に出会った。真木が出演したドラマ『東京フレンズ』の共演者と食事会を開くことになり、瑛太(32才)が親友の片山氏を連れてきたことがきっかけだった。3年の交際を経て、2008年11月に結婚を発表。その時、真木のお腹の中には長女(6才)がいた。

 当時、真木は『ベロニカは死ぬことにした』や『ゆれる』などの名作映画で濡れ場に挑戦し、ドラマ『SP』(フジテレビ系)では激しいアクションに挑むなど、着実に演技派女優の道を進んでいた。

 一方の片山氏も『WATER BOYS』(フジテレビ系2003年)など話題のドラマに出演していたが、真木と出会った頃には小説家を目指し、芸能活動を控えていた。

「結婚を機にきっぱりと引退してリリー・フランキーさん(51才)に弟子入りしました。彼は真木ちゃんの仕事を支え生まれて来る子の子育てをしながら、夢を追いかけることを選んだんです」(芸能関係者)

 当時の真木は「自炊はしません」と公言していたが、バーで働いた経験もある片山氏は料理もお手の物だった。

 2009年5月に出産すると、直後にはNHK大河ドラマ『龍馬伝』の長期収録で現場復帰。同時に映画『SP』に出演するなど、結婚以前と変わらぬ生活に戻った真木を支えたのは夫の片山氏だった。

「おむつ替えから食事まで片山さんが主夫としてこなしていました。その分、真木さんは仕事に没頭できたと思います。完全な役割分担で、真木さんもこの新しい形がすごく合っていたみたいでした」(真木の知人)

 今から3年ほど前、本誌は当時3才の長女と一緒に近所のスーパーを訪れる片山氏の姿を目撃したことがあった。店内にならぶ野菜を手に取り選びながら「今日は何にしようかな?」と呟くと、娘は「パパ、お料理上手だもんね」とはしゃぎながら腕にぶら下がっていた。

 そんな夫の支えのなかで、真木は2014年には映画『さよなら渓谷』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『そして父になる』で最優秀助演女優賞をダブルで受賞する快挙をとげた。

 しかし、いつしか夫婦の間に小さなほころびが生じていた。

「1年ほど前、真木さんがふともらしたんです。家でちょっと仕事の話をすると、旦那さんから“おれは家政婦みたいだな”“いいよな、演じることができて…”って言われたり、仕事帰りにご飯に行って深夜の帰宅になると、浮気を疑われて不機嫌だったりするみたいで…。確かに不倫疑惑が報じられたこともあったけれど、違うという証明って難しい。育児や家事の大変さを考えると彼の気持ちも理解できるけど、一緒に家にいるのが息苦しくなっていたみたいです。娘の父と母であっても、男と女には戻れないと言っていましたね…」(前出・真木の知人)

 2人目の子供が欲しい真木が、「なんで男は子供を産めないの…」ともらしていたこともあったという。

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

FC2 Blog Ranking