ニュースヘッドライン

中谷美紀 渡部篤郎と“入籍”一転、レズビアン説が再浮上する事務所独立の裏

  • 2015年08月31日(月) 23:00:59
  • ブログ

足かけ15年の交際を実らせ年内入籍が注目されていた中谷美紀(39)と渡部篤郎(47)だが、中谷が渡部の女グセの悪さに愛想を尽かし、一転して破局に向かっていたことが関係者への取材で明らかになった。

 中谷と渡部は、'99年の『ケイゾク』(TBS系)や、'00年の『永遠の仔』(日本テレビ系)でのドラマ連続共演で急接近したが、当時の渡部は既婚者、しかも2人の子供がいたために、不倫関係だと騒がれた。
 「妻だったタレントのRIKACOはそれに激怒。恐妻家で彼女に頭が上がらなかった渡部は表面的には中谷と別れたんですが、隠れて関係を続けていた。結局、裏切られたことに気付いたRIKACOの方から、離婚を突き付けたんです」(ワイドショー関係者)

 '05年に離婚が成立した渡部は、'09年に中谷の所属事務所に移籍。周囲から“入籍は秒読み”と見られていたが、それからすでに6年が経過した。
 「それでもラブラブな関係は最近まで続いていたんです。今年2月には、西麻布の路上を堂々と腕を組んで歩いている2人の姿が写真誌にも掲載されましたからね」(ドラマ関係者)

 ところが、その頃から渡部が銀座のクラブで頻繁に目撃されるようになったという。
 「今年に入り、並木通り辺りでも頻繁に目撃されているし、8丁目のクラブ『A』に通っていますよ。ショートカットが似合うS子さんがお気入りみたいです」(8丁目のポーター)

 渡部は7月上旬にも、六本木ヒルズのレストランでショートボブの美女とのランチデートが女性週刊誌に報じられている。
 「いまだに『A』でも目撃されていますからね。ランチデートの相手は“ショートボブの美女”だし、S子さんに似てると思いましたよ」(クラブ関係者)

 デートが報じられた直後の7月31日、中谷はデビュー当時から所属していた事務所から独立。「海外の仕事を視野に入れたい」と、個人事務所を設立した。
 「渡部と同じ空気を吸いたくないからです。熱愛を報じられながらも、中谷は新宿2丁目のレズビアンバーで目撃されたことから“レズ疑惑”もあった。そのため、男に不信感を持った中谷が今後、同性婚が認められたフランスに移住するのではないかと囁かれているんです」(ベテラン芸能ライター)

 互いに自分は騙せなかった!?

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

FC2 Blog Ranking