ニュースヘッドライン

前田敦子 次作映画で騎乗位濡れ場シーン公開

  • 2015年01月31日(土) 23:00:57
  • ブログ

 元『AKB48』前田敦子(23)が「セックス解禁」宣言をし、波紋が広がっている。恋人で歌舞伎俳優・尾上松也(29)の結婚拒否で暴走モード突入寸前とされる中、次回作の映画における“騎乗位ファック”シーンを先取り中継--。

 前田は1月8日、主演映画『さよなら歌舞伎町』(1月24日公開)の会見で濡れ場解禁を明言した。
 「外国人記者からの『今後セックスシーンはどうか?』という趣旨の質問に対し、前田は『作品のためなら全然抵抗ないですね』と答え、事実上の全裸ベッドシーンOKを表明した。映画業界では、セックスシーンOK=ヌードOKとされますから重要な発言でした」(映画関係者)

 この『さよなら歌舞伎町』でも本誌既報通り、染谷将太との疑似駅弁ファックシーンが盛り込まれている。本誌では5月公開予定の恋愛映画『イニシエーション・ラブ』でも、共演する松田翔太と狂おしいセックスシーンを演じていることをキャッチした。
 「『イニシエーション・ラブ』の予告映像では、一瞬だけ前田と松田がベッドでセックスをしているかのように重なるシーンが流れます。ただ、それだけではない。もっと過激なシーンが撮影済みとか」(芸能記者)

 本誌が入手した情報によると、セックスシーンはAV並みにエロいというのだ。
 「実際、どこまで使用されるかは不透明ですが、前田は松田とベッドで激しくハグしつつ服を脱ぎ、パンティーとブラだけの姿に。“ディープベロチュー”を交わした後、下着も脱ぎ、仰向けに寝る松田の上にまたがり“騎乗位ファック”で腰を振りまくったというのです。乳首が見えそうになったほどの露出で、官能的な喘ぎ声も初披露するようです」(同)

 前田が、セックス解禁宣言をしたり、過激シーンを受諾した背景には、松也との複雑な関係に悩んでいることがあるようだ。
 「2人は'13年に入ってから交際を開始しました。破局寸前のケンカと復縁を繰り返しており、そうした不安定な関係にケリをつけるため、前田は早く結婚し梨園の妻になりたくて仕方がない。しかし、女好きの巨根・松也が渋るのです」(芸能プロ幹部)

 最近、合い鍵を渡されていないために、松也宅前でたたずむ前田の姿が一部で撮られたばかり。
 「松也から冷たくされ、ストレスが爆発寸前の前田は、映画の中で過激セックスに走り、松也に見せつけるように欲求不満を解消したいようなのです」(同)

 1月18日スタートのWOWOW連続ドラマ『翳りゆく夏』で初の風俗嬢役に挑戦する前田。同じく女優を目指してAKB48を卒業した大島優子(26)への強烈な対抗心もあるようだ。
 「大島は脱ぐ気満々でセックス濡れ場も厭わない。大島より先に卒業した前田は、女優の“先輩”として意地を見せたい。大島よりもイチ早くセックスシーン&ヌードを披露したいわけです」(AKB関係者)

 次作公開が楽しみ。

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

FC2 Blog Ranking