ニュースヘッドライン

小室哲哉が華原朋美をプロデュース? Twitterで楽曲提供に前向き発言! 再共演する可能性も?

  • 2014年11月30日(日) 23:00:06
  • ブログ

作詞・作曲家で音楽プロデューサーの小室哲哉さん(56)は、かつて歌手の華原朋美さん(40)と交際し、プロデューサーとして楽曲提供などをしていたものの、破局して以降楽曲提供はしておらず、最後に楽曲を提供してから16年が経ちます。

そして、昨年放送された大型音楽番組『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で、小室さんと華原さんが15年ぶりに共演したことで話題になりましたが、28日に小室さんが自身のTwitterで、華原さんに楽曲提供することに意欲を示し、これに対して華原さんも反応しています。

【以下引用】


音楽プロデューサーの小室哲哉が28日、ツイッターで、元恋人で歌手の華原朋美への楽曲提供について「コレだと思える曲がうかんだら提供したいです」と前向きに語ったことを受け、華原が早速、小室のツイッターに返信し、「人生捨てたもんじゃないですねっ」と喜んだ。

華原は小室のツイートからほどなく、「小室さん私のツアー中に素敵なお花ありがとうございました」と小室あてに返信。

「小室さんにコレだと思う曲を提供して頂けるようにその日が来るまでトレーニング&ボイトレ今まで以上に頑張っときます。人生捨てたもんじゃないですねっ笑」と茶目っ気たっぷりに喜びを表現した。

この日小室は、フォロワーから「朋ちゃんが、頑張ってる事が嬉しいです 一時期は、竹田さんって、厄介な人に惚れられてて…」などとツイートされると、「華原」というワードに反応し、自ら「コレだと思える曲がうかんだら提供したいです。」と書き込んでいた。

2人は98年に破局したが、華原は12年末に芸能界復帰後、小室に楽曲提供のラブコールを送っていた。

【引用元:ORICON STYLE】

これにネットでは、
「いまだに、小室さんに未練タラタラの朋ちゃんが、また、変に期待して、吹っ切れない気持ちに拍車を掛けそうな気もするが・・・あまり近づきすぎない方がお互いの為だと思うけどな。」
「小室も進んで話題作りに協力するようになったんだなあ。ただ彼のサウンドを今求めてる人はいないし、ヒットは望めない。」
「華原朋美がキャピキャピに飛び跳ね、目を輝かせ 喜んでいる姿が目に浮かぶ…」
「小室さん、ファンとして頼むからKEIKOを裏切るような事はしないように!」
「組み合わせに対しての話題ばかりが先行して、曲自体の注目が薄れる予感。」

などのコメントがありました。

昨年の『FNS歌謡祭』で共演した際に、華原さんが小室さんに歩み寄り、感謝の言葉を伝え握手をするシーンがありましたが、小室さん側は一連の演出に対して怒りをあらわにしていたと言われており、今後も小室さんが新たに楽曲を提供することはないとの話もありましたが、小室さんは5億円の詐欺事件を起こしたことによってかつてほどの人気は無いことから、話題作りのために華原さんに楽曲提供をしようと考えたのかもしれませんね。

ですが、小室さんの妻で音楽ユニット「globe」のボーカル・KEIKOさん(本名=小室桂子 42歳)は、女性アーティストをプロデュースすることを嫌い、華原さんはなおさらという話があり、そして華原さんもまた小室さんへの依存が強まる可能性もあることから、慎重になってもらいたいところです。

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

FC2 Blog Ranking