ニュースヘッドライン

木村拓哉が話題の愛娘を映画宣伝に利用する!?噂飛び交う切実理由とは

  • 2018年07月18日(水) 09:00:59
  • ブログ

8月24日公開の映画「検察側の罪人」。硬派な「司法ミステリー」である同作では、ジャニーズ事務所の先輩後輩である木村拓哉と二宮和也が初共演。吉高由里子が検察事務官役のヒロインを演じている。公開を目前に控え、テレビの番宣や記念イベントなどプロモーションの準備が着々と進んでいる中、いま映画界では同作を巡るウワサが飛び交っている。

「仮に不入りになるようなことがあればジャニーズ事務所の面目は丸つぶれ。この夏、ジャニーズの意向でかつてない規模の番宣を繰り広げるようです」とは映画関係者。続けて言う。

「キムタク、二宮、吉高のフルメンバーで各局の番組ジャックを連発する予定が入っている。ある音楽番組では『キムタクと二宮がそろって歌う』という以前では考えられないような企画も進んでいるんですよ」

 さらに同関係者は「キムタクによる“奥の手”も用意されているようなんです」と明かす。

 木村の奥の手とは──。 

「今年5月にモデルデビューして話題になった娘・Koki,(コウキ)=「o」の上に「-」=を映画の宣伝に“利用する”のではというんです。初の親子共演の場で映画を告知すれば、バツグンの宣伝広告を得られる。キムタク本人が配給の人間に提案したと専らのウワサです」(前出・映画関係者)

 本編以上に番宣の行方が注目を集めているのであった。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

福士蒼汰の「いたずら」に取り合わず、冷ややかに公開処刑した早乙女太一

  • 2018年07月18日(水) 09:00:57
  • ブログ



 7月11日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)にVTR出演した福士蒼汰と早乙女太一。7月20日公開の映画「BLEACH」で主人公・黒崎一護を演じる福士と早乙女が演じる阿散井恋次とは壮絶バトルが繰り広げられることが明かされているため「かつて“仮面ライダー”で殺陣を学んだ福士と“大衆演劇”で殺陣を学んだ早乙女とのガチバトル」と期待されている。

 2人は昨年「観客を乗せたまま360度回転する客席の劇場」としてできたばかりの劇場「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演として上演された「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月」で共演しており、すでに昵懇なのかと思いきや‥‥?

「舞台で共演した俳優同士は仲が深まりやすいと聞きますが、テレビで並んだ2人の間にはなんだか冷ややかな空気が漂っていました。特に福士が高校時代の自分を『注目されたいんだけれどあまり前に出ていくのはイヤだった』と振り返り、自分のクラスだけでなく他のクラスの教室の黒板に書いてある『日直』の名前をすべて『福士』に書き換えたというエピソードを披露すると、早乙女は真顔で『いたずらっ子だったんだね』と福士のほうをチラッと見ただけ。すると福士は前を向いた早乙女の頬の位置に人差し指を出し『ねぇ』と声をかけて振り向かせ、頬に人差し指を食いこませるいたずらを敢行。テレビカメラが回っているのですから、普通なら早乙女は苦笑しそうなものでしょうが、実際の早乙女は表情を変えずに淡々と『そういうの本当にイヤ』と吐き捨てたんです。福士はヘラヘラ笑っていましたが、まっすぐ前を見て無表情で立っている早乙女からは、福士に対する無言の抵抗のようなアピールを感じました」(テレビ誌ライター)

 公の場でひどく屈辱的な状況に置かれることを「公開処刑」と呼ぶようになって久しいが、早乙女による福士に対するこの「公開処刑」は、容姿でなく内面をえぐったぶんだけ見ていた者に重さを感じさせたようだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

「しょうゆ大使」安住紳一郎が記録する“味見ノート”が物凄い!

  • 2018年07月18日(水) 09:00:57
  • ブログ

TBSの安住紳一郎アナウンサーが、初代「しょうゆ大使」に任命された事が明らかになった。

「安住アナは、レギュラーを務めるラジオ番組『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ系)で、醤油の話題を度々取り上げているだけでなく全国の醤油のラベルをコレクションするなど、日頃から醤油好きで有名でした。その“醤油愛”が高じて、日本醤油協会から『しょうゆ大使』に任命される運びとなったようです」(テレビ局関係者)

 安住アナは、7月1日更新の「安住紳一郎の日曜天国」のHPにおいて〈この度、わたくし安住紳一郎は、日本醤油協会の「しょうゆ大使」に就任することになりました〉と報告。日本醤油協会が立ち上げた「しょうゆ情報センター」のHPにも〈しょうゆ好きとして知られているTBSアナウンサーの安住紳一郎氏に、「しょうゆ大使」をお願いし、このたび就任していただきました〉と発表されている。

「そもそも安住アナが醤油にハマったのは、仕事柄出張する機会が多く、そこで刺身を食べた際、一緒に出された醤油が今まで味わってきた醤油の味と違うことに衝撃を受けたことがきっかけ。休暇を利用して醤油メーカーが4つもある“しょうゆの街”宮崎県日南市大堂津を個人的に取材もしています」(前出・テレビ局関係者)

 安住アナは、2016年に行われた同ラジオ番組の公開生放送で「醤油テイスティングノート」を公開。ワインのラベルブックを使用したというそのノートには、味わった醤油のラベルとともに〈「Tasted at(どこで飲みましたか?):日航ホテル長崎」〉〈「Served with(何と一緒に食べましたか?):冷や奴」〉という風に、醤油を味わった場所や食べ物が記されており、その詳細な記述にはアシスタントを務めるフリーアナウンサーの中澤有美子も「すごいきれいにできてますよ。本当に」と舌を巻くほどだった。

 日本人の“心の味”醤油の魅力を、今後どのように披露してくれるのか注目したい

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

「ラブシーン下手」間宮祥太朗が“恋愛の神様”から受けたご利益とは?

  • 2018年07月18日(水) 09:00:57
  • ブログ

NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」も、いよいよ後半「人生怒涛編」に突入。漫画家を諦めた永野芽郁演じるヒロイン鈴愛は、百円ショップで出会った好青年・森山涼次から出会ってわずか6日で電撃プロポーズされ、電光石火のゴールイン。視聴者からも驚きの声が上がっている。そんな中、注目を集めているのが鈴愛のハートを射止めた涼次役の間宮祥太朗だ。

「間宮は15歳の時、ドラマ『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(日本テレビ系)で俳優デビューを飾り、映画『帝一の國』『トリガール!』『不能犯』といった話題作に出演。映画『全員死刑』では主役も演じました。一方、ドラマでは去年の『僕たちがやりました』(フジテレビ系)、今年1月期の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)、現在放映中の『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)にレギュラー出演、若手イケメン俳優として人気急上昇中です」(テレビ誌記者)

 そんな若手注目株の間宮だが、実は今まで恋愛シーンの経験が乏しく、自身も“恋愛素人”を公言してはばからなかった。ところが今回、“恋愛の神様”と呼ばれる脚本家・北川悦吏子氏のおかげで、一気に才能が開花しつつあるという。

「ギター片手に『ラブストーリーは突然に』や、ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)の挿入歌として知られる『Sobani Iteyo』をヒロイン鈴愛の前で歌うなど、恋愛ドラマにおける王道にチャレンジ。これを観た視聴者からは『懐かしくて泣ける』『当時キュンキュンしながら聴いてたけど今朝もやっぱりグッときた』といったコメントが殺到しました。“ロンバケ”が、ツイッターのトレンドワードにもランクイン。女性視聴者のハートを射止めてしまいましたね」(前出・テレビ誌記者)

 間宮自身も、鈴愛を抱きしめるシーンをモニターでチェックした際「俳優を10年やっていますが、自分のこういう表情を初めて観ました」とコメントするなど、本人もラブシーンにかなり手応えを感じているようだ。

「間宮は7月8日にトーク番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した折、私生活での三枚目ぶりが明らかになり、マネージャーから『そういうことやってるから、二枚目の役が来ない』と怒られていると明かしていましたが、そうした心配もすでに今は昔。朝ドラをきっかけに、恋愛物のオファーが殺到する可能性もありそうです」(芸能記者)

“恋愛の神様”のご利益にあずかった?

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

1000人調査で判明!人気美女「艶パワー」ランキング(1)深田恭子が堂々の1位

  • 2018年07月18日(水) 09:00:57
  • ブログ

いつの時代も世の中を突き動かしているのは、いい女たちだ。妖艶な美貌、豊艶なボディ、誘惑のしぐさ‥‥、今、旬な美女ほど男を魅了しようと、パワーをフル稼働している。恒例1000人アンケートを駆使して人気美女艶パワーランキングをここに発表する!

 1位・綾瀬はるか、2位・新垣結衣、3位・石原さとみ‥‥。雑誌「日経エンタテインメント」が「タレントパワーランキング」の女優部門をこのたび発表した。業界でも注目度の高いこのランキングはタレントの認知度と関心度(見たい、聞きたい、知りたい)の2つのデータを掛け合わせた順位だという。

 だが、世の男性諸氏から見ると、ちょっと物足りなくはないか。そこで「男を奮い立たせてこそ女優の本懐」とマジメに願う、「本気でヤリたい美女」ランキングを独自調査した。読者世代男性1000人による「この女優と寝てみたい」アンケートをもとに、映画・ドラマでの美肌露出度、CM・写真集でのインパク痴態、さらにはSNSなどでの痴態拡散力などを総合し、本気でヤリたい指数(H指数)に換算、「艶パワーランキング」を算出した。ズラリと並んだのは、みごとその上位30傑に選ばれた艶度バツグンな女優の芳名だ。

 威風堂々の艶パワー女王に輝いたのは、フカキョンこと深田恭子(35)だ。

「グラマラスなボディと愛くるしい顔とのギャップにセクシーさを感じる」(福岡県・58歳)

「30歳を過ぎてから妙に露出度が高くなった。年齢を重ねるごとに色気が増している。愛嬌のある笑顔とプニョプニョ肉感的なところがエロい」(東京都・50歳)

 三十路ど真ん中にしてムチムチビキニ姿を披露する美ボディに惜しみない賛辞の声が寄せられた。

 芸能評論家の三杉武氏がその人気を分析する。

「かつてのポカリスエットCMの巨乳人魚の強烈なイメージがあるうえに実生活では恋多き女として、芸能人だけでなく数多くのオトコと浮き名を流している。それだけに、本気で不倫したいオヤジ心をガッチリつかんでいるのでしょう」

 人気独占の理由はそれだけではない、というのがライターの尾谷幸憲氏の意見だ。

「今年5月、プライベートのスーパー買い出し姿を写真誌に撮られていましたが、ビックリするほどの着エロでした。カラダのラインが見えるゆるゆるワンピース姿からは胸の谷間が奥までクッキリ、もしや下着をつけていないのではないかと、イケナイ妄想に駆られてしまった」

 私生活も無防備にエロいのが女王たるゆえんなのかもしれない。

 負けじと2位に食い込んだのが、日本一セクシーな唇美女・石原さとみ(31)。

「焼酎のCMでの男前な飲みっぷりがエロすぎる。一度でいいから一緒に居酒屋で飲み交わしたい」(静岡県・54歳)

「博多明太子のようにプリっとまくれ上がったあの唇がセクシーすぎ」(福岡県・55歳)

 日本が世界に誇るエロ唇美女に評価は集中。

 むろん2位の理由は別にもある。芸能評論家の織田祐二氏は意外な魅力も発見した。

「今年1月の『ぴったんこカン★カン』では共演した梅沢富美男が匂いを褒めたたえていました。記念撮影で石原の肩にピッタリ密着し、『すんごい甘い感じのイイ匂い』と言い放ち、匂いマニアの鼻腔を刺激するパワーがあることを証明していました」

 3位は奇跡のアラフィフ・石田ゆり子(48)だ。

「いまだ独身だが本当は男なしではいられない顔をしている」(東京都・51歳)

 その証左か、男日照りをみごとに解消するスゴ技を披露していたのだ。

「話題のインスタグラムではペットの犬猫と戯れている動画などを更新し、顔を舐められたりチューチュー吸われたり、うらやましすぎる」(北海道・64歳)

 これぞ芸能界屈指のフォロワー数を誇る、ゆり子淫スタのエロ拡散力!?

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

綾瀬はるかに電話できる!ドラマ「義母と娘のブルース」の仰天企画

  • 2018年07月18日(水) 09:00:56
  • ブログ

7月10日にスタートした綾瀬はるか主演のドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系)の初回平均視聴率が11.5%を獲得。同枠では昨年の7月に放送された渡辺直美主演の「カンナさーん!」以来の2ケタ発進、順調な滑り出しを見せている。

「この作品は、漫画家・桜沢鈴原作の同名4コマ漫画をドラマ化したもの。綾瀬演じるバリバリのキャリアウーマン亜希子は、竹野内豊演じる良一にプロポーズされ結婚するも、良一には数年前に亡くした妻との間に娘がおり、綾瀬はその娘に初対面の日『私、この人嫌い』と一蹴されてしまう。しかし、亜希子はめげずビジネス経験を活かして娘の心をつかもうとする…というハートフルな物語です」(エンタメ誌ライター)

 そんな中、ドラマの一風変わったプロモーションが話題を呼んでいる。

「ドラマの中で綾瀬演じる亜希子が差し出す名刺に書かれた電話番号に電話をかけると、綾瀬演じる亜希子と通話が楽しめるというサービスがあるんです。放送前から解禁されたドラマのポスターには、名刺を差し出す亜希子の姿があり、電話番号もメアドもはっきりと見える構図。さらに名刺のメールアドレスに送信すると、返信が来る仕組みになっています」(前出・エンタメ誌ライター)

 これは、名刺アプリ「Eight」と連動したプロモーションで、実際電話をかけると綾瀬の声で「わざわざお電話いただき恐縮です。無事、宮本家の母に採用されました、宮本亜希子です」というメッセージが流れ、回を追うごとに応答メッセージやメールの返信内容も変わるのだという。

 実際、電話をかけた視聴者からはツイッターに「名刺に書かれている電話番号におそるおそる電話したらかかりました!」など感激のコメントが上がっている。

 また「Eight」を用いてポスターの名刺を撮影すると、ドラマでは明かされていない亜希子のプロフィールも見ることができるのだとか。こうした型破りなプロモーションも、ドラマの高視聴率発進に一役買っているのかもしれない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

武井壮が“ユーチューバーに?”ヒカキンらに向けた「営業ツイート」開始!

  • 2018年07月18日(水) 09:00:56
  • ブログ

タレントの武井壮が7月5日、自身のツイッターを更新し、ユーチューバーへの関心をほのめかしている。

〈フォロワーに結構有名なYouTuberがたくさんいる、結構見ちゃうよね。。〉と切り出した武井は、続けて〈参考になる視点が色々あるし、編集とかもなかなかの腕前で人気が出るのも視聴数稼げるのもわかりやすい仕組みになってる。。オレもテレビではできない需要のあるものを作ろうっと。。〉とつぶやき、“ユーチューバー転身”を視野に入れているかのようなツイートを投稿した。

「実際、武井のツイッターのフォロワーにはトップユーチューバーのヒカキンを含む複数の動画クリエイターが名を連ねており、著名ユーチューバーがこぞって在籍する最大手プロダクションである“UUUM株式会社”のかまだかずきCEOまで含まれています。今回のユーチューバーへの関心を示唆する投稿は、ヒカキンとかまだかずきという日本のYouTube界の2枚看板に対する“営業ツイート”の可能性も否定できませんね。実際、武井の投稿にはユーチューバーへの敬意や参考視点などがおべっかのごとく綴られており、個人事務所に属する身であるため、自身の決断一つで行動に移せるという利点もあります」(テレビ誌ライター)

“百獣の王を目指す男”とのキャッチコピーで世に台頭し、当初はあらゆる猛獣の倒し方なるネタでお茶の間を沸かせた武井。最近はコメンテーターとしての印象が先行しているものの、将来的にはユーチューバーとしてさらなるマルチな活躍を披露することもあり得るかもしれない!?

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

闇に葬られた「放送禁止」作品(3)若手だった笑福亭鶴瓶がトンデモナイ暴挙に!

  • 2018年07月18日(水) 09:00:43
  • ブログ

まさか、そんな日が来るとは夢にも思わなかっただろう。スタッフも出演者も心血をそそいで作り上げた映像が、思いがけないそれぞれの理由で「放送禁止」に認定される──。そんな闇の歴史を、映画やドラマだけでなく、アニメもバラエティも含めて大公開!

「トップキャスター」(2006年、フジテレビ系)

 天海祐希の月9初主演作で、敏腕のニュースキャスターに扮している。第3話で「地獄に堕ちるわよ」が決めセリフで、すぐに「改名したほうがいい」と強迫するインチキ占い師を糾弾したが、どう考えても細木数子そのもの。本人から猛抗議を受け、フジテレビは平謝り。さらに、再放送やDVD化では欠番にすることを誓約した。

「悪魔のKISS」(1993年、フジテレビ系)

 今では考えられないが、夜9時台の地上波ドラマで堂々と見せたバストの頂上。まだ無名だった常盤貴子がカード地獄でピンク嬢に転身する女子大生を演じ、一躍、人気女優の仲間入り。豊かなバストを寺脇康文に揉みしだかれるシーンはお宝映像となったが、所属事務所が版権を買い取ったため、再放送もソフト化も実現しないまま。

「西部警察2003」(03年、テレビ朝日系)

 今では考えられない派手な爆破シーンなどで、80年代に大人気となった刑事ドラマ。84年の放送終了から19年後にスペシャルドラマ、さらに連続ドラマの復活が発表される。そのロケで石原軍団の池田努が運転を誤り、見物人に突っ込んで5人が負傷。社長の渡哲也は責任を取って放送中止を決め、ようやく1年後に日の目を見た。

「独占!男の時間」(75~77年、テレビ東京系)

 あき竹城の服を脱いでの踊り子ショーを見せるなど、徹底した艶っぽ路線で高視聴率を獲得。まだ若手だった笑福亭鶴瓶がレギュラーだったが、ここで早くも、代名詞となる「下半身を披露する」“事件”を起こした。さらに、降板に怒ってカメラにお尻の“菊”を押しつける暴挙に。以降、何十年もテレビ東京への出入り禁止を言い渡された。

「武蔵」(03年、NHK)

 市川海老蔵が新之助だった時代に大河ドラマの初主演を飾った。その初回放送の直後、11カ所ものシーンに「これは『七人の侍』のパクリ?」と指摘が入り、黒澤明の著作権を管理する黒澤プロから1億5400万円の賠償を求められる。裁判ではNHK側の勝利に終わったが、印象として大きなダメージを負うことになった。

「明日、ママがいない」(14年、日本テレビ系)

 芦田愛菜を筆頭に、天才子役たちがずらりと集結。かつて「家なき子」で安達祐実を社会現象にさせた野島伸司が脚本監修となり、期待値も高かったが、全国児童擁護施設協議会などから「視聴者の誤解と偏見を呼ぶ」と抗議される。放送自体が中断することはなかったが、番組スポンサー8社がCMを見合わせる緊迫の事態に発展した

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

裏番組も堂々完コピ!?『水曜日のダウンタウン』のパロディ企画の数々

  • 2018年07月18日(水) 09:00:06
  • ブログ

ダウンタウンが出演する人気バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、たびたび“他局のパロディ企画”を放送。その秀逸な内容やパロディ具合で物議をかもしてきた、他局パロディ企画の数々を紹介しよう。

 まずは2017年11月15日放送の「オシャレしながら逃走中」という企画から。ショッピングモールを貸し切り、出場者がショップでコーディネートを行いながら、迫りくる“ハンター”から逃亡。ハンターに捕まると、その場でRIKACOからファッションチェックされるという内容だった。ファッションチョック部分は情報番組の、ハンター部分はフジテレビの人気番組『逃走中』のパロディ企画だ。

 このハンターは、サングラスに黒服という姿で、姿勢の良い走り方も本家の『逃走中』と瓜二つ。細部までこだわって撮影され、「カメラアングルまでそっくり!」「ショッピングモールを貸し切る本気度の高さ」など、ネットでも絶賛された企画だった。

 お次は、2017年6月14日放送の「街頭インタビュー 芸能人と気付かれなかったら断らないまでもさすがに匂わす説」という検証企画。街中で“一般人”としてインタビューされた芸能人たちが、どのような反応を示すのかを調査する内容だった。その中で番組スタッフは、ANZEN漫才のあらぽんに偶然を装って、「家について行っていいですか?」と質問。これを承諾したあらぽんの自宅まで実際について行き、同棲している彼女を紹介されたり、学生時代のエピソードを聞いたりと、最後まで一般人として取材を行った。

 もちろん、これは言うまでもなく『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)のパロディ企画。BGMやラストのシメ方まで、本家を“完コピ”していた。さらに『家、ついて行ってイイですか?』は、『水曜日のダウンタウン』の裏番組。この日もテレビ東京系では通常通り『家、ついて~』が放送されていたこともあり視聴者は騒然となった。

 最後は、2018年3月21日放送の「SASUKEの池の水ぜんぶ抜く」という企画。これは人気スポーツ番組『SASUKE』(TBS系)の巨大障害物ステージの下にある池の水を抜くという内容だったが、当然のことながら『池の水ぜんぶ抜く』(テレビ東京系)のパロディだった。ネットでは次週予告の段階から話題になり、「タイトルだけでワロタ」「イカレた企画でマジ楽しみ」などと期待が寄せられたが、肝心の池の中からは大した生物は見つからなかった。

 このようにパロディ企画を堂々と放送する珍しい番組『水曜日のダウンタウン』。今後、どのような番組を“完コピ”してくれるのか、期待したいところだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【フライデー】V6岡田准一、新たに後輩をロックオン!? 「貫禄ある」と評された人物とは

  • 2018年07月18日(水) 09:00:00
  • ブログ

ジャニーズWEST桐山照史と中間淳太が木曜レギュラーを務めるラジオ『ジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送・7月12日放送)にて、7日放送の大型音楽番組『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』(日本テレビ系)のジャニーズメドレーでの裏話が明かされた。

 2人は番組にて『THE MUSIC DAY』での「バブルソングメドレー」コーナーで歌った光GENJIの「パラダイス銀河」(1988年)について言及。桐山と中間のほか、KAT-TUN亀梨和也、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔、宮田俊哉、横尾渉、ジャニーズWEST濱田崇裕という7人でのパフォーマンスだったが、桐山は「あれはなんのグループなんだ?」と疑問を持っていたとか。すると中間が「多分、その時代に生まれたというか。その近辺に生まれたメンツやと思う」「ちょうどバブル時代に生まれたのが多分、照史までじゃないかなあ」と応答した。

 確かに、1番年上の亀梨は86年生まれ、1番年下の桐山は89年生まれのため、好景気に沸いていたころに生まれた世代である。桐山は中間の説に「あ、そういうこと!?」と納得しつつ、「僕らは勝手に、『ジャニーズで今1番推されてるメンバーや!』言うてやってましたからね」と、自分たちで盛り上がっていたことを明かした。

 さらに2人は、この時のチーム名を“しゃかりき&コロンブス”という、「パラダイス銀河」の歌詞からとった名前にしたことを明かし、「関西人3人が“しゃかりき”で」(桐山)「亀梨くんが“&”で、キスマイ3人は“コロンブス”で。このチームで『24時間テレビ』(同)目指そうって話してた」(中間)と、冗談が飛び交うほど仲良くしていたようだ。

 また桐山は、V6岡田准一、関ジャニ∞安田章大、NEWS加藤シゲアキ、亀梨の5人で組んだシャッフルユニットでのエピソードも披露。この時桐山は、ヒゲ&オールバックという出で立ちで登場したのだが、岡田が「お前、1番年下なのに、1番貫禄あるな」と声をかけてきたのだとか。2人は話の最後にしみじみと「面白かったなあ~!」と感想を述べており、他グループの先輩や仲間たちとの共演を名残惜しそうに振り返っていたのだった。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking