ニュースヘッドライン

【画像】大木こだまの娘・西山加朱紗アナがミヤネ屋出演!顔が微妙すぎると2chで話題に

  • 2013年09月30日(月) 23:01:01
  • ブログ

http://geitsuboo.blog.fc2.com/blog-entry-6287.html


【画像】大木こだまの娘・西山加朱紗アナがミヤネ屋出演!顔が微妙すぎると2chで話題に


http://eviantvjohnnysnews.blog.fc2.com/blog-entry-11453.html

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

キムタク、独立!櫻井翔、中居正広は幹部候補!ジャニーズ事務所の出世の法則とは…

  • 2013年09月30日(月) 23:00:53
  • ブログ




木村拓哉はジャニーズ事務所から独立し、
櫻井翔や中居正広は幹部候補だという。
→ ranking

---
いま芸能界で都市伝説の一つとして語られているのが
ジャニーズ事務所の出世の法則だ。
同事務所は社長のジャニー喜多川氏を筆頭に要職のほとんどが
一族で占められて来たのだが…。

「数年前に所属タレントの近藤真彦を
役員にしたことか雰囲気が変わってきた。
いずれは同族支配を辞めタレントによる
管理事務所を目指す方針らしい。(事情通談)」

その目玉となるのがジャニーズ五ヵ年計画。
総帥である喜多川氏が存命中に磐石な体制固めを確率するのだ。

「結果、10年から20年以内に近藤が社長、
先頃結婚した東山紀之が副社長になるようだ。
また、他にも現在所属のジャニタレから
社の幹部を養成していく方針だ。(関係者談)」

将来の幹部候補生と目されるポイントだが…。

「ずばり結婚です。結婚が認められたジャニタレは将来の社長候補。
もっとも例外はI女子が仕切るSMAP。
木村拓哉はいずれ独立せざる終えない運命にあるんです…
マッチや東山を除くとV6の井ノ原快彦、TOKIOの山口達也、
少年隊の植草克秀、元男闘呼組の岡本健一らがいます。
また、中居正広や櫻井翔など司会業で成功したタレントは
幹部候補になっている。
実際に経営の舵取りはしないにしても、
世間的なイメージも有りますからね。(事情通談)」
---(芸能裏特報!コバ真ch)

木村拓哉・柴咲コウ キス 画像 >> geinouranking
木村拓哉・柴咲コウ キス 画像 >> geinougazou
木村拓哉・柴咲コウ キス 画像 >> geinouhiroba
木村拓哉・柴咲コウ キス 画像 >> geinouranking
GOOD LUCK!! DVD-BOX(パッケージリニューアル版) DVD
木村拓哉・柴咲コウの画像をもっと見る
→ 芸能画像紹介 にほんブログ村

・・・
キムタクは(SMAPは?)独立採算性で経済的には
独立しているようなもので、
事務所をやめるメリットが無い、
というような話も聞いたことがあります。

ジャニー喜多川社長の後継者を巡って
嵐を育てた藤島ジュリー景子副社長と、
SMAPを育てた飯島三智マネージャーの
女性幹部2人が対立しているとか言われてるんで、
その影響でジャニタレが独立したりとかは
あるのかもしれません。

(参考記事 芸能裏特報!コバ真ch)
http://geino2news.seesaa.net/article/376209129.html

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

小泉今日子のセッ●スは損得抜きのガチンコ!若い絶倫男でなければ釣り合わない!

  • 2013年09月30日(月) 23:00:45
  • ブログ

http://geino2news.seesaa.net/article/376146942.html

小泉今日子のセックスは損得抜きの
ガチンコだという。
→ ranking

---
今回取り上げるのは、歌手で女優の小泉今日子。
人気ドラマ・NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、
小泉の歌う挿入歌『潮騒のメモリー』が、
役柄の天野春子(ヒロインの母役)名義で緊急発売された。

熟女の年代となってさすがにシワは増えたものの、
顔相としてはいい齢の取り方をしていて、自然体の穏健相だ。
若い頃から頬骨が張り、その頂点部分にホクロまであるのは、
気の勝った性格の証左。
口が大きくて他者愛の上唇が厚く、眉が吊り上がり、
正面から鼻孔がやや覗いていて、隠し事のできない、
太っ腹な姉御肌の女相だ。

一方、顔のわりに鼻が大きくなく、また高くもなく、
内実は「可愛い女」で、周囲に親しみを与える人柄の元となっている。
アゴ先が尖っているので、美的、芸術的天分に恵まれ、
家庭的幸福よりも自分の理想の実現にエネルギーを費やすタイプだ。

セックスに関しては診断チャートの通りで、
目の大きな陽性のアイドル系美女としては、どちらかといえば地味だ。
性ホルモンタンクの涙堂(下瞼)が年齢のわりに充実しており、
唇も厚くて情愛は豊か。
しかし、若い頃から眼光がやや乾いていて淫蕩さがなく、
現在も余計な艶や媚がない。【淫乱度】としては「3」どまりだ。

口が大きく、金甲(小鼻)の張りもそこそこでスタミナはある。
【絶倫度】も「3」。

【名器度】も「3」と観る。

他にこれといった尻軽相がなく、【尻軽度】は「2」。

その点が唯一あげまん相で、【あげまん度】としては低く「2」。

彼女のように口が大きくて上唇の厚い女相の性愛は能動的で、
異性から好意を寄せられて発火するタイプではない。
目頭に切れ込みがなく、自分でコレと決めた相手には、
損得抜きのガチンコセックスで愛情表現する。

彼女は加齢とともに田宅(上瞼)が痩せ、
特に左目瞼に重操紋という半月形のシワが入って、
子鳥目相になっている。
これはセックステクニシャンの相で、
結果的に相手男性を精力乱費に追い込む。
なので、若くて絶倫の男でなければ(セックスに限定すれば)釣り合わない。
また、彼女の唇には歓待紋と呼ばれる縦皺がとても多く、
これはベッドでは積極的な性戯で尽くす相。

諸説ある色情相法の観法では、膣肉にシワの多い名器相とも、
愛液豊富の相とも言われていて、
相手男性にとっては嬉しい限りの「歓待」相!
彼女に惚れられた男は天下の果報者と言っていいだろう。
---(週刊実話)
・・・
小泉今日子は
「私の歴代の彼氏は、細くて小さい男」と
発言してますが、細くて小さい方が
案外、絶倫だったりするのかもしれません。

20歳年下の亀梨和也、8歳年下のロンブー淳、
12歳年下のロッチのコカドケンタロウと
噂になっているので、若いのが好きなんでしょうね。

それにしても、キョンキョンが「あまちゃん」で
再ブレークするとは今年の始めには
想像もしませんでした。
紅白出場も確実でしょう。

「あまちゃん」で最後の最後、
薬師丸ひろ子のほうが歌が上手くて
声もいいっていうのは驚きでした。
あれって、キョンキョンとしては
どうだったんでしょうね。
心境を聞いてみたい気がします。

(参考記事 週刊実話)

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

チェッカーズ リーダー武内享が呟いた再結成話の実現可能性

  • 2013年09月30日(月) 23:00:24
  • ブログ

X JAPAN、LUNA SEA、米米CLUB、ユニコーン、プリンセス プリンセスと、2000年代後半以降、人気バンドの再結成が急増している。そこで気になるのが、今年デビュー30周年を迎えるチェッカーズの動向だ。昨年12月28日、リーダーだった武内享が、ツイッター上でこうつぶやいている。

「ツイッターとやってないだろうが、オレにチェッカーズ再結成話で電話してくる業界関係者に言いたい。中途半端な気持ちでオレに電話するな。オレはチェッカーズが本当に好きなんだ。だからオレが一番やっかい」(原文ママ)

 業界関係者が、チェッカーズ再結成話を持ちかけてきているというのである。

 チェッカーズは1983年に『ギザギザハートの子守唄』でデビューし、翌年『涙のリクエスト』が大ヒット。以降も、『星屑のステージ』『ジュリアに傷心』『I Love you, SAYONARA』『夜明けのブレス』など数々のヒット曲を出し、1992年に惜しまれながら解散している。

 チェッカーズといえば、思い起こされるのが、2004年にドラム・徳永善也氏が死去した際に話題となった“確執騒動”。『徳永善也を送る会』の発起人に、武内享、大土井裕二、藤井尚之、藤井フミヤの元メンバーは名を連ねたが、高杢禎彦、鶴久政治というサイドボーカルコンビの名前はなかった。この出来事はワイドショーなどで、大きく報じられた。

「チェッカーズ解散後、武内などの楽器陣は、徳永と『アブラーズ』というバンドを組み、ともに活動。そのライブに、フミヤがゲストで登場したこともありました。一方、高杢や鶴久は7~8年間まったく徳永と会っていなかったはずです。

『送る会』以前に福岡で行なわれた葬儀には、鶴久は仕事で来られなかったものの、高杢は参加。フミヤに『久しぶり!』と声をかけられ、感動したと漏らしています。しかし、『送る会』の案が出た後に、高杢が突然『発起人になりたい』と言い出したのには皆、閉口したようです」(音楽業界関係者)

 というのもその前年に、高杢は暴露本『チェッカーズ』を発売(本人は、テレビで「ボーロ本ではなく、ジショ伝」と発言)。これが、チェッカーズの不仲を世間に知らしめる決定的な出来事になっていた。

「暴露本を出しておいて、『仲良くしよう』といわれても、あまりにも筋が通らないでしょう。私も読みましたが、あまりに独りよがりな発言ばかりで、空いた口が塞がりませんでした」(前出・音楽業界関係者)

 このような一連の流れから、チェッカーズの再結成は不可能だという見方が大半だ。…
長年のファンはこう話す。
「クロベエ(徳永の愛称)が天国に行った時点で再結成はありえない。7人でチェッカーズなんです。思い出は美しいまま残したい。ただ、万が一再結成したら……、やっぱりライブのチケットを取っちゃうのかなあ……」

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

前田敦子 電撃婚も!尾上松也と「結婚前提」のガチ交際

  • 2013年09月30日(月) 23:00:20
  • ブログ

20130930-221152.jpg



 このまま電撃婚か――AKB48の“恋愛禁止令”から解放され1年の前田敦子(22)は、イケメン歌舞伎俳優・尾上松也(28)と付き合うにあたり、なんと「結婚前提」というガチ条件を突き付けていた。周囲への相談も最近は恋愛ではなく結婚についてだそうで、自分が思い描く披露宴プランまで話し始めているというから、前田はチョ~真剣だ。

 前田と松也は昨年から顔見知りで、ケータイでのやり取りをしていた。急接近したのは今年3月ごろ、知人の誕生会を兼ねた飲み会。「見た人たちも驚いてたんですよ、前田さんの方が熱烈にアプローチしてたって」とは、前田と共演経験のある某若手俳優だ。

 ただ本紙昨報通り、松也には当時、20代の恋人がいた。歌舞伎関係者によれば「雑誌で読者モデルをしたこともあるN子さんという一般女性。舞台の楽屋にまで連れてきたり、周りも公認の仲だった」という。

 松也と付き合いのある芸能界の遊び人たちは、二股を疑っている。

「モテ俳優のSやIは、尾上が真剣に前田と交際してるとは思ってない様子。Sは知人に『松也はかなり大物を釣り上げたな』と言ったそうだし、尾上にとって前田は遊び相手の1人だろうと彼らは見ているよ」(出版関係者)

 しかし松也は、N子さんから前田に乗り換え、真剣交際を始めた。

「誕生会から2か月ぐらいで、松也君は前田さんと交際を始めました。交際は周囲に知れ渡っていて、僕が知ったのも5月の中旬ぐらいでした」とは冒頭の俳優。前田は恋愛を遊びと割り切れないタイプで、松也と交際を始めるにあたり、なんと「結婚前提」という条件を突き付けたという。

「恋愛にあまり免疫がないからか、前田は本当に真面目。それに寂しがり屋で常に連絡を取り合ってないとダメ。で、尾上に『私は結婚も考えた真剣な付き合いをしたい。絶対に遊びとかは嫌だ!』とハッキリ伝えたみたい」とは舞台関係者。

 そんな前田の思いを受け止めた格好の松也は、中村獅童(41)や市川海老蔵(35)にかわいがられ、女好きで通っている。熱心な前田ファンたちは交際を心配しているが、この舞台関係者は「海老蔵は小林麻央と結婚した決め手に純粋さを挙げたけど、松也も前田の真っすぐなとこに引かれたみたい。海老蔵みたく以前とは別人になるかも」と指摘する。

 本気度満点の前田について、前出の俳優いわく「何しろ松也君のことを周囲に相談しまくってましたからね。特に親しい年配の俳優さんなんかには、それこそ松也君から送られてきたメールを転送したり、一部始終を明かしていたそうです」。

 2人は既に家族ぐるみの交際になっているというが、これも前田の思いをくんでのものだ。

「最近は前田さん、周囲への相談内容が恋愛ではなく、結婚に変わってきてます。気の早いことに、自分が思い描く結婚披露宴のプランまで話し始めてます。もしかしたらこのまま電撃結婚するかも」(同俳優)

 ちなみに松也の方も、はるかに予想を超える周囲の過熱ぶりに「こんなにスゴイとは思わなかった。どうすればいい?」と、熱愛報道経験のある若手俳優たちに相談しまくっているという。

 前田が次に公の場に登場するのは来月4日、韓国・釜山国際映画祭。主演女優として臨む晴れ舞台で、自身の恋愛に触れられる可能性は高い。そのとき前田は一体どんな表情を見せるか。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ASKAが今さら薬物疑惑に否定コメントを出した理由

  • 2013年09月30日(月) 23:00:01
  • ブログ


http://keywordjiten.seesaa.net/article/376172810.html

チャゲ&飛鳥のASKAが深刻な薬物中毒に陥っていると報じられてから2か月。
渦中のASKAが突然、一連の薬物疑惑騒動についてコメントを発表したが、なぜこのタイミングなのか、逆に様々な憶測が広がっている。
ASKAが今さら否定コメントを出した理由は

コメントはファンクラブ会報9月号に載った文章を転載したものであり、ASKAは「こんな出来事が自分の身に降りかかるとは、夢にも思っていませんでした」と身の潔白を主張。
続けて「記事にあるような、違法なことは一切やっていませんし、あのような言動、行動に関しましても、一切ありません」と疑惑を真っ向から否定した。

その一方で「ただ、僕にも不注意なことはあったかもしれません」「音楽関係者と言って近づいてきた人がいました。非常に感じの良い人だったので心を許してしまいました。しかし、しばらくして、お金の話など怪しい言動がみえたため、すぐに関係を断ち切りました」とし、一連の記事でASKAの薬物使用を証言していた関係者らしき人物との接触があったことは認めた。ASKAは疑惑を向けられた原因として「向こうにすれば突然のことなので、裏切られた気持ちになったかもしれません。もしかしたら、その逆恨みが!?と感じることもありました」と思い当たるフシがあったことも記している。

本当に疑惑が全く根拠のないものであれば、これは社会的名誉を傷つける重大な報道被害である。当然、法的手段に訴えてしかるべきだ。しかし、なぜかASKAは「反論すること、法的手段に訴えること、あらゆることを考えました。しかしながら、そのひとつひとつが時間の無駄で無意味なことに他なりません」と今後も法的手段に訴えるつもりがないことを表明。「この悔しさは、音楽で取り払ってみせると決心いたしました」とし、復帰に専念することを明かしている。

どうにもチグハグなASKAの言動。反論や裁判に訴えるつもりがないのであれば、なぜ報道から2カ月も経った今ごろになってコメントを発表したのだろうか…?

「ASKAの様子がおかしいのは、東スポや文春の記事が出る前から複数の関係者の間でささやかれていました。ちょうど報道があった頃、ASKAは都内の病院で薬物依存の治療をしており、いわゆる“ヤク抜き”の真っ最中だったようです。覚せい剤は48時間程度で尿検査の反応が出なくなりますが、毛髪は2週間以上は反応が残ってしまう。そのため報道が過熱していた当時は大人しく薬を抜き、完全に反応が出なくなって証拠隠滅も済んでから、ようやくコメントを発表したのではといわれています」(芸能関係者)

せっかくの否定コメントも、余計に疑惑を深めることになってしまったようだ。とはいえ、もし仮に覚せい剤をやっていたとしてもヤク抜きと証拠隠滅が済んでいるのであれば逮捕される可能性は非常に低い。ハッキリとした決着のないまま騒動は終わりそうな気配だが、このイメージを払拭するためにも早く元気な姿で復帰し、ファンに“潔白の証拠”として全盛期と変わらない歌声を聞かせてほしいものだ。(メ

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

半沢直樹とあまちゃんの意外な共通点

  • 2013年09月30日(月) 23:00:00
  • ブログ

今年、ともに空前の大ヒットとなった「あまちゃん」と「半沢直樹」
ドラマ不況と言われる中でのヒットはお見事だったが、この二つのドラマには意外な共通点が多いと言う。
あまちゃんと半沢直樹の意外な共通点


   
   
【ヒットの法則1 主人公の強烈なイメージ縛り】
半沢直樹のキャラクターイメージは“強さ”。それを強調するために、劇中の大半を険しい顔で乗り切り、何度となく真正面から顔のアップを撮られていた。また、ごくたまに家で妻に見せる穏やかな顔はアクセントとなり、強さを引き立てていた。 一方、天野アキのキャラクターイメージは、“明るさ”。
それを強調するために、劇中の大半を笑顔で過ごし、さまざまなアングルから顔のアップが撮られていた。
また、ごくたまに見せる不安げな表情はアクセントとなり、明るさを引き立てていた。 2人に共通しているのは、キャラクターイメージの“強さ”と“明るさ”を徹底的に押し出し、際立たせるための工夫がなされていたこと。
とかくドラマの主人公にはさまざまな表情をさせたがるものだが、両作は喜怒哀楽をバランスよく見せたり、成長した姿を見せたりするよりも、「半沢はほとんど怒っている」「アキはほとんど笑っている」とキャラクターイメージを一本化し、推し出すことでシンクロしていたのだ。 余談だが、半沢とアキには、「上司に敬語を使わず、口ごたえをする」という共通点もある。

【ヒットの法則2 視聴者を飽きさせない2部構成】
『半沢直樹』は大阪西支店編と東京本社編、『あまちゃん』は北三陸編と東京編。それぞれ2部構成にすることで、舞台設定や登場人物たちを入れ替え、新鮮な空気を吹き込んだ。
この背景には、「近年増えた1話完結ドラマでは物足りないが、1テーマで全話を描こうとすると間延びしてしまう」という連ドラのジレンマがある。

【ヒットの法則3 徹底して“引き算”した演出】
どの放送局も視聴率の安定を狙って、「三角関係などの恋愛、複数のトラウマ、アイドル出演、物語に関係のない挿入歌」などさまざまな要素を足したがるのだが、両作品はその逆。
『半沢直樹』は、「勧善懲悪」をメインテーマに据えて、シリアスなシーンに注力。
『あまちゃん』は、「人と地域の再生」をメインテーマに据えて、明るさと笑いに注力した。
また、『半沢直樹』は、シリアスなシーンを分断しがちな主題歌を省くことで物語に集中させて、「続きを早く見たい」という感情を呼び起こし、『あまちゃん』は、明るさと笑いを損ねるトラウマの描写を省くことで、「元気になった」という実感を呼び起こさせた。

【ヒットの法則4 理想の夫婦や親子がいる】
何せ「2人1人が見ていた」計算なのだから、性別年代を問わず支持されたことと、家族そろって見ている人が多かったのは間違いない。
家族そろって見られた理由は、「ドラマの中に理想の夫婦関係や親子関係があった」から。『半沢直樹』は、夫に「常に優しく、時に厳しく、時に甘える」妻を描き、その他の妻も銀行員の夫を支える良妻賢母だった。一方、『あまちゃん』は、アキの母・春子が実質的な夫役。口が悪くマイペースな春子を支える夫・正宗が実質的な良妻賢母で、いまどきのバランスが取れた夫婦だった。

【ヒットの法則5 現代問題への辛辣なアンチテーゼ】
両作品とも現代の諸問題を真っ向から扱い、主人公に立ち向かわせることで、アンチテーゼを提示していた。
『半沢直樹』は、企業コンプライアンス、理不尽な人事、上司のパワハラに、半沢が徹底抗戦。一方、『あまちゃん』は、田舎軽視の風潮、現代アイドル、被災地や被災者への接し方に、アキが「それがどうした?」という自然体で対応。いずれも「ここがこうだから悪い」「だからこうあるべきだ」などの説教くさい方法ではなく、半沢は悪を倒すだけ、アキは気にしないというだけの方法だった。無理矢理答えを出そうとするのではなく、単純明快な見せ方にすることで、かえって辛辣さは際立ったのではないか。

【ヒットの法則6 舞台系脇役たちの秒殺芸】
例を挙げるまでもなく、両作品ともかつてないほど脇役が充実していた。ともに舞台出身の俳優をズラリ揃え、顔面を中心にした濃い演技で視聴者の心をガッチリ。もともと脇役は、短い出演時間で自分の存在意義を印象づけなければいけないため、ここまでキャラが心に刻み込まれるのは極めて異例。

【ヒットの法則7 決めゼリフ連発と進化】
ご存知の通り、両作品ともキャッチーな決めゼリフがあった。幼稚園からオフィスまでさまざまな会話の場で飛び交っている『半沢直樹』の「倍返しだ」と、『あまちゃん』の「じぇ」は、流行語大賞間違いなし。
その分かりやすさに加え、劇中で「10倍返しだ」「100倍返しだ」、「じぇじぇ」「じぇじぇじぇ」と進化を遂げるなど、過去の流行語にはない汎用度が高いのも魅力の1つ。(マイナビニュース)

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

“あまロス”への処方箋 「アキのいない秋」の楽しみ方

  • 2013年09月30日(月) 23:00:00
  • ブログ

20130930-221551.jpg



「あまちゃん」最終回の「おしまい」のテロップに漠然と悲しみを覚えた視聴者はことのほか多く、「あまちゃんロス症候群(あまロス)」が全国に蔓延(まんえん)している。

 が、いつまでも打ちひしがれているわけにはいかない。10月14日の総集編(NHK総合)は録画するとして、「あまちゃんファミリー」の今後を知れば、多少なりとも“社会復帰”が早まるかも!?

 30日の「笑っていいとも!」で、音楽を手がけた大友良英がテレフォンショッキングに出演するのを皮切りに、秋ドラマにはお馴染みの顔が続々と登場。裏ヒロインと評価の高かった橋本愛は、10月下旬の「ハードナッツ!」(NHK―BSプレミアム)で連ドラ主演を飾り、若き春子役を演じた有村架純は同月半ばから、婦人警官のコスプレを披露した「SPEC」(TBS)シリーズの再放送や特番を控える。11月にはドラマW「チキンレース」(WOWOW)でナース役に。「チキンレース」は無料放送だから見逃す手はない。

 太巻こと古田新太は、アイドル育成バラエティー「東京号泣教室~ROAD TO 2020」(TOKYO MX)で、再び芸能事務所社長に扮するが、他の役者陣も大忙し(別表参照)。

 新作以外では、蒸発したユイの母役で異彩を放った八木亜希子が、「プライムニュース」(BSフジ)で本業のしゃべりを遺憾なく発揮。薬師丸ひろ子は1日からデビュー35周年コンサートを開催する。

「あまちゃん」ファミリーは映画界も席巻する。脚本を手がけた宮藤官九郎の新作「謝罪の王様」(9月28日から公開中)には副駅長を演じた荒川良々が、公開中の「凶悪」では「無頼鮨」の大将ことピエール瀧がコワモテ炸裂で、元暴力団組長役を怪演。夏ばっぱこと宮本信子はといえば、ジブリの次回作「かぐや姫の物語」(11月23日公開)で声優として登場する。

 小泉今日子は11月に舞台に出演し、その後は大晦日のNHK「紅白歌合戦」への出場が濃厚。半年間、大ヒットドラマを支えたファミリーは充実の秋を迎えている。

 そんな中、次回作が不明なのが、主演の能年玲奈である。映画、ドラマ、CMと出演のオファーが殺到しているそうだが、1日放送のバラエティー「火曜サプライズ」(日本テレビ系)へのゲスト出演が決まっているだけ。「13日から始まるドラマ『安堂ロイド』(TBS)に主演のキムタクの妹役としてオファーがきたものの、辞退したともっぱら。当たり役の次だけに、慎重に慎重を期しているようです」(芸能ライター)

 アキちゃん不在の秋はちょっと寂しい。

●秋ドラマおよび映画
◇福士蒼汰(種市先輩)
◇「海の上の診療所」(フジテレビ)
◇優希美青(GMTの小野寺ちゃん)
◇「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」(日本テレビ)
◇松尾スズキ(喫茶店「アイドル」のマスター)
◇「変身インタビュアーの憂鬱」(TBS)
◇安藤玉恵(観光協会の栗原ちゃん)
◇「マダム・マーマレードの異常な謎~出題編~」(東宝)

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【画像】篠田麻里子の服屋が売れない「ricori」心斎橋店が半年で閉店

  • 2013年09月30日(月) 22:01:01
  • ブログ

http://geitsuboo.blog.fc2.com/blog-entry-6277.html


【画像】篠田麻里子の服屋が売れない「ricori」心斎橋店が半年で閉店


http://eviantvjohnnysnews.blog.fc2.com/blog-entry-11450.html

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

覚せい剤疑惑否定のASKAにファン安堵 一方で懐疑的な意見も

  • 2013年09月30日(月) 22:00:41
  • ブログ

90年代に大ヒット曲を連発した「CHAGE and ASKA」のASKA。今年8月、一部週刊誌で覚せい剤吸引疑惑が報じられていたが、9月27日にCHAGE and ASKAの公式ホームページでその疑惑を否定し、ファンを安堵させた。

 ASKAは「記事にあるような、違法なことは一切やっていませんし、あのような言動、行動に関しましても、一切ありません(ホームページより抜粋)」とコメント。Twitter上では「信じて待っていて良かった」「ずっと見てきたファンにとってはASKAがそんなことしてなかったのは、 一目瞭然!!! 」「ホッとしている」というファンのコメントが多数寄せられた。

 しかし、8月に報道されてから約1カ月が経過してからのコメント発表は「クスリを抜いてからコメントしたみたいに思えちゃう」「コメント遅過ぎだろ」と懐疑的なツイートも少なくなかった。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking