ニュースヘッドライン

【女性セブン】震災経験した羽生結弦 避難所では家族4人で1つのおにぎり


http://eviannews.com/blog-entry-49544.html

フィギュアスケートのグランプリファイナルで世界最高得点(330.43点)を叩き出し、前人未踏の3連覇を成し遂げた羽生結弦(21才)。誰もが認めるチャンピオンになった羽生だが、フィギュアを始めた頃は苦労も経験している。

 フィギュアは道具代やリンク代、レッスン代など、1人年間100万円はかかるとされる“お金のかかるスポーツ”だ。羽生は仙台市内の中学校の教頭を務める父親と母親、フィギュアスケートをやっていた姉の4人家族。日本のどこにでもある、ごく普通の家庭だ。そんな羽生家にとって、フィギュアの金銭的負担は決して軽くなかった。

 それでもメキメキと頭角を現す羽生を、家族は力を出し合って支えた。

「お姉さんは大学受験を機に自分が選手として大成する夢をあきらめて弟のサポートに撤するようになりました。競技経験者である彼女は羽生にとってよき理解者です」(フィギュア関係者)

 姉は現在、仙台の羽生のホームリンクで受付を担当するなどして働きながら、羽生が仙台で練習する際に助言を続けているという。

 いつも羽生をリンクに送り迎えをするのが父親の役割だ。この夏、羽生は約1か月間、仙台の実家に滞在してトレーニングに励んだ。昼間はリンクを貸し切りにできないので、羽生はほぼ毎日、深夜にリンクに向かって早朝に帰宅する生活を送っていた。

「ずっとお父さんが送り迎えしていました。いつも深夜2時ごろです。昼間は中学校に勤務しながらなので、睡眠時間も充分に取れず、相当大変だったはずです」(前出・フィギュア関係者)

 2012年、高校3年生の羽生はコーチのブライアン・オーサー(53才)に師事するためカナダ・トロントに移り住む。この時、羽生とともに異国に赴いたのが母親だった。


「年に数か月のことですが、仙台でお父さんとお姉さんが暮らし、トロントでお母さんと羽生が生活するという“一家離散”の決断でした。それもすべて羽生のスケートのため。お父さんは“息子はカナダでスケート三昧で幸せな暮らしをしているでしょう”と話しているが、奥さんと離れての生活は大変に違いありませんよ」(スケート連盟関係者)

 4年ほど前まで、羽生の試合での衣装はすべて母親の手作りだった。その頃、羽生はテレビのインタビューでこう話していた。

《夜更かししてまで衣装を作ってくれる母親の愛情を感じながら滑っています》

 決して表に出ない母親だが、試合会場でその姿を見ると、羽生はお母さん似だということがよくわかる。

 2010年に世界ジュニア選手権で優勝してシニアデビュー。2011年には四大陸選手権で銀メダルに輝き、史上最年少のメダリストとなった。そんな頃に東日本大震災を経験した。ちょうどリンクで練習中のことだった。

「一家は避難所での生活を余儀なくされ、家族4人で1つのおにぎりをほおばっていたそうです。羽生はこんな状況で自分はフィギュアを続けていいのかと悩んだそうです」(前出・フィギュア関係者)

 2011年以降、羽生の頭から震災のことが離れたことはない。今シーズン、羽生はエキシビションの曲目に「天と地のレクイエム」、震災の鎮魂歌を選んだ。当時16才の彼は、制服姿で震える声を抑えながら「ちょっとしたことでも、ぼくのスケートが支えになれば…」と話していた。

※女性セブン2016年1月1日号

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking