ニュースヘッドライン

木村拓哉と松たか子は盟友であり戦友だった 平成ドラマを代表する“名カップル”

  • 2019年01月21日(月) 12:00:59
  • ブログ

木村拓哉と松たか子といえば、1997年の『ラブジェネレーション』(フジテレビ系)をはじめに共演したドラマを次々とヒットさせてきた、いわば平成の“名カップル”だ。

 ふたりはこれまでもコンスタントに共演を続けてきたが、木村拓哉は、およそ約20年来の仲にもなる松たか子を、「安心していられる存在」「戦友」と認めているようだ。

 そんな木村拓哉が主演する映画『マスカレードホテル』の公開を記念した特別番組『「マスカレードホテル」公開記念 木村拓哉×豪華出演者 ここだけ!ぶっちゃけトーク』(フジテレビ系)が連日、深夜帯に放送されている。主演の木村拓哉が中心となって、共演者の長澤まさみ、小日向文世、生瀬勝久、菜々緒らと日替わりでトークを繰り広げる。

 16日の放送では、松たか子、生瀬勝久のふたりが木村拓哉を囲んでいた。これまで数々のドラマで木村と共演してきた松たか子だが、その初対面は、1996年放送の『ロングバケーション』(フジテレビ系)だったという。当時の木村の印象について訊かれたところ、同作が連ドラ初出演だった松は「自分が出るのに、いっぱいいっぱい過ぎて……」とあまり覚えていないとのこと……しかし、「その時の印象があるので、今でも(木村は)緊張する共演者のひとりです」と木村に花を持たせていた。

 松の発言を受けた木村は、初対面時の松を「最初、本当に右も左も分からない……」と笑いを誘いながら述懐。そのうえで、「でも『ロンバケ』『ラブジェネ』『HERO』でお世話になってるし、たくさんの現場もそうですけど、たくさんの時間を共有してくれた、共に現場に立ち続けてくれた」と感慨深げなようすを見せた。

 さらに木村は、「感覚的には、高校生の頃から、命を授かってお母さんにもなってまた現場に復帰しているところまで自分が見てるので」と、松が2015年に第一子を出産したことにも言及。ともに芸能界を歩んできたことから、「血はつながってないけど、ああよかったねって。根っこを感じてる部分はあるので、すごく安心していられる存在ですね」と、大きな信頼を寄せているようだ。
【立川】木村拓哉と松たか子は盟友であり戦友だった 平成ドラマを代表する名カップルの画像2

『ロングバケーション』ポニーキャニオン

 あの名作ドラマ『ロンバケ』で出会った木村拓哉と松たか子。ということは、かれこれ20年来の付き合いということになる。1996年放送の恋愛ドラマの金字塔で、松たか子はピアニスト役の木村に思いを寄せる、芸大の学生役を演じていた。もちろん、木村拓哉はヒロインの山口智子と結ばれる運命にあったため、失恋するという切ない役どころだ。
【立川】木村拓哉と松たか子は盟友であり戦友だった 平成ドラマを代表する名カップルの画像3

『ラブジェネレーション Vol.1』フジテレビジョン

 しかし、翌1997年の『ラブジェネレーション』で、松は月9ヒロインの座を射止め、木村とのダブル主演を果たした。もろもろすっ飛ばして結末を言えば、最終回で木村は松に、「オレの頭がハゲるのを見届けてくれ。オレの腹が出て、カッコ悪いジジィになっていくのを横で見てて欲しいんだ。オレはおまえが年取って、しわくちゃのババアになるのを見ててやるから」とプロポーズ。かくして、当時人気絶頂の木村と松は、めでたく結ばれたわけだ(ドラマで)。

そして2001年からは、あの『HERO』(フジテレビ系)がスタートする。説明は不要と思われるほどの大人気ドラマであるが、同作は恋愛ドラマから大きく趣を変え、木村と松が検察官コンビを演じている。この再共演には、『ロンバケ』『ラブジェネ』ファンも大歓喜。もちろん大ヒットドラマとなり、2006年にスペシャルドラマ、2007年には劇場版が公開されている。
【立川】木村拓哉と松たか子は盟友であり戦友だった 平成ドラマを代表する名カップルの画像4

『HERO Blu-ray スタンダード・エディション』(東宝)

 木村と松は、2015年に劇場版第2作目を記念して放送されたスペシャルバラエティ番組『HERO THE TV』(フジテレビ系)でも共演していた。番組では、『SMAP×SMAP』(同)のロケを終えた木村のもとに松がサプライズ登場し、木村の運転で夜のドライブへ。木村は「すごく照れる」「街の人は見つけてもそってしておいてほしい」と終始はにかみつつ、水族館に到着するとはしゃぎ出し、「ちょっとデートっぽくしてみる?」と提案。仲の良さを見せつけていたこのデートのようす、20年前に『ラブジェネ』に夢中になっていたファンには、胸に込み上げるものがあったことだろう。

 およそ20年間もコンスタントに共演を続け、さらに視聴者に支持されている木村拓哉と松たか子コンビ。例も珍しい。平成が終わっても、木村拓哉と松たか子は“名カップル”としてファンの心に残り続けていくはずだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

榮倉奈々、北川景子、戸田恵梨香……夫・彼氏が次々に成功! あげまんは微乳(美乳)が共通点!

  • 2019年01月21日(月) 12:00:57
  • ブログ

 付き合ったり結婚した男性の運気を上げ、人生を成功に導くとされる女性を俗にあげまんという。芸能界にも数多くそういった女性は存在するが、彼女たちを注意深く見ると、ある共通点に気づく。みな微乳なのだ。今回はそんなあげまん(微乳)女性芸能人を紹介することにしよう。

 今が旬のあげまんといえば榮倉奈々。夫の賀来賢人とは2016年に結婚したが、その賀来が昨年放送され大ヒットしたドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で主演し、大ブレイク。元々人気は上昇傾向だったが、結婚後明らかに夫婦でのテレビ出演も増え、その知名度が跳ね上がったのは言うまでもない。

「榮倉奈々のバストは推定Bカップ。元モデルで16年からはアディダス公式アンバサダーに就任しているだけありそのスタイルは抜群ですが、バストのサイズは控えめです」(芸能ライター)

 また、タレントのDAIGOの妻である北川景子も相当なあげまんだ。元内閣総理大臣・竹下登の孫であり、大物歌手の氷室京介のプロデュースによりデビューしたDAIGOだが当初は評価が低く、鳴かず飛ばず。その後ブレークはするものの、いわゆるひな壇芸人枠を抜けきれずにいたところ、北川と結婚した2016年以降からはメインMCとしての出演が増え、快進撃。これは強烈な北川のあげまん効果と言えそう。

「北川もなかなかのちっぱいですね。体も極端に細いので、もしかしたらAカップの可能性すらあります。ただしモデル出身ですのでむしろ素晴らしい数字ですが」(同)

 そしておそらく最もあげまんパワーが強いのが、戸田恵梨香だ。今をときめく松山ケンイチ、関ジャニ∞・村上信五、綾野剛、勝地涼、加瀬亮、成田凌、などとの交際が噂されており、しかもそのほとんどがブレイク前。一人二人ならまだしもここまで連続で恋人をブレイクさせるとは、戸田恵梨香のあげまんパワーはもはや恐ろしいレベルに達している。

「中でも顕著なのは綾野剛でしょうか。戸田と付き合いだしてから連続テレビ小説『カーネーション』(NHK総合)に続いて大河ドラマ『八重の桜』(同)にも出演し明確に売れましたので。今では若手俳優の中には「なんとかして戸田と付き合いたい」なんて意識があるくらいです(笑)。そんな戸田のバストですが、これは極めて小さいでしょう。ジュニアアイドル時代からその微乳ぶりには定評がありましたが、現在もスタイルは維持しているのでおそらくAカップといったところ」(同)

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

“ボイメン”BOYS AND MENの全国進出で、ジャニーズが「圧力」を強化中!

  • 2019年01月21日(月) 12:00:57
  • ブログ

ジャニーズによる「圧力」は、今も健在ということか。

「週刊文春WOMAN」(2019年正月号)にて、草なぎ剛と対談した笑福亭鶴瓶の発言が話題を呼んでいる。

 対談の中で鶴瓶は、CMやAbemaTVで活躍する最近の草なぎを応援しつつも、「こっちには、いつ戻ってくんねん」と、地上波での共演を呼びかけたのだ。

「これに草なぎが、『ベーさんに窓口になっていただいて、べーさんの力でなんとか(笑)』と、大御所である鶴瓶を頼ると、鶴瓶もいったんは『そんなもん、なんぼでもなるよ』と協力する姿勢を見せたのですが、すぐに『今はまだちょっとアカンみたいなこと言うやつがおるやんか』と、業界内でなんらかの圧力が働いていることを匂わせました」(芸能記者)

 ネット上では「アカン言うやつ=ジャニーズのメリー副社長」説が飛び交っているが、ジャニーズに目をつけられているのは、過去の所属タレントだけではないようだ。

「1月11日発売の『フライデー』(講談社)が、名古屋発の男性ユニット『BOYS AND MEN』(ボイメン)についての記事を掲載しました。それによると、あるテレビ関係者の話として、同グループは最近、東京の番組に出演する機会が増えてきたため、さっそくジャニーズから圧力がかかっているといいます。ボイメンが番組に出ると知ると、『今回はお断りさせていただきます』と連絡してくるとのこと。同ユニットは、昨年末には和田アキ子とボイメン研究生がコラボした曲が『日本レコード大賞』企画賞を受賞。またシングル『進化理論』が人気アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(TBS系)の主題歌に起用されるなど、全国区アイドルになりつつある。そのため、早めに潰しておこうと考えたのかもしれません」(業界関係者)

 昨年は所属タレントの不祥事が続いたことで、事務所のパワー低下がささやかれていたジャニーズだが、またぞろ息を吹き返してしてきているようだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

高橋真麻・英樹親子が“お笑い事務所”グレープカンパニー移籍の裏事情

  • 2019年01月21日(月) 12:00:57
  • ブログ

先ごろ結婚を発表したフリーアナウンサーの高橋真麻と、彼女の実父でベテラン俳優の高橋英樹が、そろってグレープカンパニーへの移籍を発表した。2人はこれまで真麻の母を社長に据えた実質的な個人事務所で活動していたが、本格的に芸能事務所への所属となる。もとより真麻が番組で共演していたサンドウィッチマンとのつながりから事務所が選ばれたようだ。

 グレープカンパニーは、サンドウィッチマンのブレークに伴い、フラットファイブのお笑い部門として独立する形で2010年に設立。サンドウィッチマンのほか、永野、カミナリなどが所属する。最近では珍妙なツッコミフレーズが話題の東京ホテイソンや、『THE W』(日本テレビ系)の決勝進出でも話題となったあぁ~しらきなど、注目の若手芸人も育ってきている。ただ、この事務所はあくまでもメインはお笑いであるが、なぜ高橋親子が移籍することになったのだろうか。

「グレープカンパニーの特徴としては、稼ぎ頭のサンドウィッチマンを筆頭とする新進の芸能事務所のため、既存の芸能界の利害関係から無縁といった点が挙げられますね。例えば、カミナリがこの事務所を選んだのは『事務所主催の芸人養成所』を経由したくないためでした。小規模な分、芸人その人の気質がうまく活かせる事務所だといえるでしょう」(芸能関係者)

 さらに、グレープカンパニーには、もうひとつの特徴がある。

「小規模な芸能事務所のため、マネジメント機能は業務提携先である松竹芸能が行っている点ですね。実質的に松竹芸能の関東支社のようなポジションともいえるでしょう。松竹芸能は伝統ある事務所のため、関西圏の仕事はもとより、営業仕事もコンスタントに取れるでしょう。さらに、実質的に芸能界において圧倒的な影響力を誇る吉本興業を牽制するポジションにもありますね」(同)

 芸能界のあらゆる「しがらみ」から逃れられる場所として、グレープカンパニーは存在しているといえるかもしれない。高橋親子のさらなる活躍に期待したいところだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

榮倉奈々、北川景子、戸田恵梨香……夫・彼氏が次々に成功! あげまんは微乳(美乳)が共通点!

  • 2019年01月21日(月) 12:00:56
  • ブログ

 付き合ったり結婚した男性の運気を上げ、人生を成功に導くとされる女性を俗にあげまんという。芸能界にも数多くそういった女性は存在するが、彼女たちを注意深く見ると、ある共通点に気づく。みな微乳なのだ。今回はそんなあげまん(微乳)女性芸能人を紹介することにしよう。

 今が旬のあげまんといえば榮倉奈々。夫の賀来賢人とは2016年に結婚したが、その賀来が昨年放送され大ヒットしたドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で主演し、大ブレイク。元々人気は上昇傾向だったが、結婚後明らかに夫婦でのテレビ出演も増え、その知名度が跳ね上がったのは言うまでもない。

「榮倉奈々のバストは推定Bカップ。元モデルで16年からはアディダス公式アンバサダーに就任しているだけありそのスタイルは抜群ですが、バストのサイズは控えめです」(芸能ライター)

 また、タレントのDAIGOの妻である北川景子も相当なあげまんだ。元内閣総理大臣・竹下登の孫であり、大物歌手の氷室京介のプロデュースによりデビューしたDAIGOだが当初は評価が低く、鳴かず飛ばず。その後ブレークはするものの、いわゆるひな壇芸人枠を抜けきれずにいたところ、北川と結婚した2016年以降からはメインMCとしての出演が増え、快進撃。これは強烈な北川のあげまん効果と言えそう。

「北川もなかなかのちっぱいですね。体も極端に細いので、もしかしたらAカップの可能性すらあります。ただしモデル出身ですのでむしろ素晴らしい数字ですが」(同)

 そしておそらく最もあげまんパワーが強いのが、戸田恵梨香だ。今をときめく松山ケンイチ、関ジャニ∞・村上信五、綾野剛、勝地涼、加瀬亮、成田凌、などとの交際が噂されており、しかもそのほとんどがブレイク前。一人二人ならまだしもここまで連続で恋人をブレイクさせるとは、戸田恵梨香のあげまんパワーはもはや恐ろしいレベルに達している。

「中でも顕著なのは綾野剛でしょうか。戸田と付き合いだしてから連続テレビ小説『カーネーション』(NHK総合)に続いて大河ドラマ『八重の桜』(同)にも出演し明確に売れましたので。今では若手俳優の中には「なんとかして戸田と付き合いたい」なんて意識があるくらいです(笑)。そんな戸田のバストですが、これは極めて小さいでしょう。ジュニアアイドル時代からその微乳ぶりには定評がありましたが、現在もスタイルは維持しているのでおそらくAカップといったところ」
他にもMCとして活躍中のアンジャッシュ渡部建と結婚した佐々木希(推定Aカップ)、吉本坂46に抜擢されたおばたのお兄さんと結婚した山崎夕貴アナウンサー(推定A〜Bカップ)なども微乳あげまん女子と言えそうだ。

 以上があらましであるが、全員に共通するのは自らを厳しく律し、いわゆるデキるタイプの女性であるところだろうか。そんな彼女たちだからこそパートナーを成功に導くことができるのかもしれない。男性としては、ぜひこういった女性に巡り会いたいものだが

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

竹内涼真のゴシップで損したのは誰か? 熱愛報道の解読法

  • 2019年01月21日(月) 12:00:40
  • ブログ

芸能界は共演をきっかけに交際に発展するケースが圧倒的に多い。特に役者同志はドラマや映画と言う数カ月の間、同じ現場で顔を合わせることから、恋愛関係に発展するのも極自然な流れ。対照的に歌手は歌番組くらいしか顔を合わせる機会がないこともあり、歌手同士が恋愛関係になることは少ない。

「昔、女性誌のプラン会議で、ドラマで共演している男と女を組み合わせてプランを出す記者がよくいた。共演という接点があるから無理やりにでも熱愛報道にしやすかった。でも、それが“当たり”の確率は高かったものです(笑)」(女性誌記者)

 もっとも、共演だけで「熱愛報道」とするには無理が多く、信憑性に欠ける面も多々あり、「週刊誌は嘘ばかり書く」と女優から非難されることも多々あった。そこで登場したのが写真誌。決定的な2人のデート現場を撮り、熱愛と報道したのだが、それも時代の流れとともに「食事をしていただけで熱愛とは」と反発が増え、今では「泊まり」をもって熱愛とする報道に切り替わった。ホテルやそれぞれの自宅等での宿泊なら世間も納得する。男と女が同じ部屋で一晩過ごせば「2人は男女の関係」と見る。これが簡単そうで難しい。なによりも取材する側は人と時間が必要。熱愛報道がめっきり減った原因でもあるが、年末になり久しぶりに旬な俳優の熱愛が報じられた。

 人気イケメン俳優・竹内涼真(25)と女優の吉谷綾子(27)の「半同棲」現場をフライデーが捉えた。定点観測した2人の熱愛現場は、外ではタクシー以外にツーショットになることはなく、その厳重警戒ぶりまでリアルに記事にしている。熱愛の決定的な証拠も完璧。竹内のマンションに通う吉谷の姿が全てを物語っていた。

「これぞ写真誌の真骨頂というスクープ。半同棲というタイトルを入れ、事務所に否定されないために、かなりの頻度で張り込み2人の行動をチェック。さらに要所を写真に撮る。これだけ揃えば、事務所は否定できない」(元写真誌カメラマン)

 事務所も「仲のいい友達の1人です」と苦しい弁明をするしかなかった。

 半同棲の現場が竹内の高級マンションというのもミソ。「本来、男が女の部屋に通うほうが多い。男は特にお泊りセットがいらないので、気楽に部屋の出入りができる。警戒心の強い人だと、女性を連れ込む専用の部屋を借りたり、共同で部屋を借り、連れ込み専用に使っていた人もいた」(元アイドル)

 今回は竹内のマンションに吉谷が通っていたが、これは現段階での2人の格差を象徴しているという。

「以前、人気上昇の最中、高橋一生(38)が無名のタレントを部屋に招き入れた現場を撮られたのもしかり。彼女の存在が世間に知れたら人気に左右することを分かっている。例えば、ジャニーズのアイドルの熱愛現場は大半が男の部屋であるように、彼女の部屋に通うほうがばれやすいし、言い訳もしにくい。男のほうが芸能界では人気も格も現段階では上であることが、付き合い方を見ればわかる」(芸能関係者)

 部屋に通わせる竹内と通う吉谷。今後の展開も興味深い。竹内は昨年もモデルとの熱愛が発覚したが、その後のイベントで「心配かけました」と謝罪。その後、破局している。

「健全な大人が恋をするのは当たり前。発覚したからと謝罪するのはあまり例もないし、謝罪する必要もない。謝罪した背景には、女性人気が離れるのを恐れていることがある。で、すぐに別れてファンを安心させる。本人の意志よりも事務所によって別れさせられたという見方が強い。竹内はアイドル俳優としての人気が先行しているから恋愛を禁止せざるを得ない。事務所の方針なら今回も別れさせられるのでは」(芸能関係者)

 一方の吉谷―。女優一筋として映画からドラマまで数多くの作品に出演している。女優としては脇役ばかりであまり目立たないが、自らオーディションで合格した「ビズリーチ」のCMでは、「あのショートヘアのクール美女は誰」と話題になっていた。竹内との熱愛でその名は一躍、全国区。今後、さらになる注目が集まるのは必定。演劇関係者が話す。

「吉谷は小栗旬、綾野剛、木村文乃らが所属する事務所の所属。この事務所は映画プロデューサーが立ち上げたもので、本格的な俳優を育てている。スキャンダルなどが発覚しても仕事にはなんの影響もない。今、業界でも注目されている新しい形の事務所です」

 竹内にはマイナスに作用する可能性も秘めた恋愛だが、吉谷にとってはかすり傷にもならない。ドラマ制作者は「認知されたことで吉谷への仕事のオファーは確実に増える。吉田羊のような存在感溢れる女優になる可能性も秘めている」と太鼓判を押す。

 恋愛発覚を活かすも殺すも俳優の器量次第ということだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

平愛梨、久々『ヒルナンデス!』に生出演! ド派手ハイブランド衣装&腹周りの激変に視聴者二度驚愕!

  • 2019年01月21日(月) 12:00:31
  • ブログ

1月17日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、タレントの平愛梨が出演した。平の夫はサッカー日本代表・長友佑都選手で、現在は夫が所属するサッカークラブ「ガラタサライ」があるトルコに移住しており、日本には仕事があるときだけ帰国するという生活を送っている。

 今回、約1年半ぶりの同番組生出演となった平。番組では「おかえり」「愛梨ちゃん、久しぶり」と、メインMCのウッチャンナンチャン・南原清隆をはじめ、共演者たちから歓迎の言葉が。この歓迎がよほど嬉しかったのか、平は放送後、自身のInstagramに「皆さんのおかえりなさいの言葉が新鮮で嬉しく感じました。出演者の皆さんやスタッフさん!お会い出来て本当に嬉しかったです」(原文ママ)と出演した喜びを投稿した。

 また、平はこのメッセージとともに生出演時の衣装で映った写真も投稿。襟元や七分丈の袖口にレースがあしらわれたアイボリーの生地に、ハイブランドのGUCCIの総柄が入っている膝丈のワンピースを着用しており、ファンからは「かわいかったです」「本当キレイで憧れです」と母となっても変わらない愛らしさを賞賛する声が聞かれた。

 しかし一方で、多くの視聴者は、この衣装に嫌悪感を抱いたよう。ネットでは放送中から「昼間からGUCCIのワンピースって凄いな……」「一目でGUCCIとわかるワンピース着てくるなんて、主婦を敵に回したい感じ!?」「68万のワンピース……さすがサッカー選手の妻ですね(苦笑)」と辛口なコメントが並んでいたという。

「『ヒルナンデス!』といえば、『格安コーデ』『100円便利グッズ』といった視聴者層である主婦に合わせた企画を頻繁に放送している番組。そのため、ゲスト登場する女性タレントたちなどは、ハイブランドよりは手ごろなブランドの衣装を着ていることが多いのですが、平さんははっきりとハイブランドがわかる衣装でしたよね。視聴者もやっぱり、『番組にそぐわない』と思ったようですし、好感度はあきらかに下がりましたよ」(女性誌編集者)

 また、今回の派手な衣装に別の女性誌ライターは、「平さんは以前からファッションセンスが独特でした。ヒラヒラしたレースが多いものや、ゴテゴテした物が好きなよう。そういえば、夫・長友選手と帰国の際に着ていた赤いワンピースもやばかったと言われてましたよね。もしかしたら、一時帰国でしたし、今回はスタイリストをつけずに、私服で登場したのかもしれませんね」と推測する。
その一方で、久しぶりに平の激変振りにも注目が行っていたようで、

「視聴者はこの衣装だけでなく、ふっくらとしてみえるお腹周りに釘付けとなっていた様子で、『元から太いイメージだっけど、さらに太い』『お腹出てる気がする』といった指摘が。もしかしたら、妊娠なんてことも!?」(芸能ライター)

 ただの産後太りなのか、それとも“幸せ報告”があるのか……。平の動向が気になるばかりだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

『3年A組』は菅田将暉による“現代の金八先生”なのか?

  • 2019年01月21日(月) 12:00:27
  • ブログ

1月13日に放送された『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の第2話。

 3年A組の担任教師・柊一颯(菅田将暉)が生徒たちを人質に取って立てこもってから一夜明け、警察は柊の身辺調査を始める。その中で、かつて交際していた元高校教師・相良文香(土村芳)に暴力を振るっていたという証言が、文香の父・孝彦(矢島健一)から引き出された。

 正直、この証言は信用できない。柊は、文香と居酒屋らしき場所でデートしたときの動画を頻繁に見ている。この中で彼女は「私たち教師って、生徒に何をしてあげられるんだろう? 結局は、ぶつかり合うしかないんだろうね。教師と教師としてじゃなく、人と人っていうか。体と体を使って言葉を交わすっていうか」と、ビールを飲みながら悩みを吐露している。どうしても、柊にDVを受けている者の姿には見えないのだ。

 毎回、1人の生徒にフォーカスし、今までの過ちをあぶり出すのがこのドラマのフォーマット。第2話は宇佐美香帆(川栄李奈)だった。

 爆弾等を用いた柊の手法は過激だが、その目的はピュアに道徳指導だ。香帆に向けた“説教”の内容は「お前に足りなかったのは想像力だ。お前には痛みを想像できなかった」。あまりにもな正論である。なんのひねりもない。ありきたりと言ってもいい。異常なのは状況だけである。

 初回の段階では「柊はサイコパス?」という予測も立てられたが、今回ではっきりと違うことがわかった。「3年A組」というタイトルからもわかるように、このドラマは熱血教師の物語である。文香の言う通りに、体と体を使って言葉を交わすのが柊のやり方。でも、坂本金八のように黒板に人の字を書いて人間を説いたり、腐ったみかんの方程式に異を唱えているだけじゃ、現代の生徒には響かない。過激な手法をとるのは、そのせいだ。死ぬことも逮捕されることも厭わず、今の時代に即した熱血授業を柊は行っている。

 だから、第1話で柊に刺殺された(ことになっている)生徒・中尾蓮(三船海斗)も、実は生きているはずだ。“生きるための授業”を行うのが柊なのだから。何より、柊は警察に30人分のおにぎりを持ってくるよう要求している。自殺した景山澪奈(上白石萌歌)の分を引くと、A組の人数は29人。柊を足して30人だ。中尾の分もしっかり勘定に入っている。
香帆が行ったいじめは、現代的なものだった。

 澪奈を自慢できる“ブランド”として見る気持ちが、香帆の中には確かにあった。しかし、それだけじゃない。純粋に友達としても大好きだった。なのに「やっぱり、全国レベルって偉大だわ~」と悪気なく余計なことを言ってしまい、澪奈から距離を取られるようになる。

 こうして、香帆による愛憎の復讐劇が始まる。スクールカーストやマウンティングを存分に駆使し、SNSも最大限に活用。香帆は男になりすまし、澪奈に行った嫌がらせをSNSでイチイチ報告。決め手は、捏造動画のアップだ。こうして、澪奈のドーピング疑惑は拡散した。

 筆者の学生時代にSNSがなくて、本当に良かったと思う。もし学校で嫌なことがあったら、SNS追撃のせいで心の休まる瞬間はないだろう。家に帰ったとしても、気が抜けない。地獄が延々続くような気持ちになるのではないか?

 香帆のいじめは、現代の一側面を切り取っている。でも、ドラマでは、極端にそっちに寄りすぎないでほしいのだ。現代の若者をステレオタイプで捉え、想像力に欠けた欠陥のある人間として描きすぎないでほしいのだ。そこは冷静になり、公平で深みのある描写を望みたい。

 最後に一つだけ、どうしても解せないことがある。澪奈からいじめの悩みや自殺願望を聞いていた柊は、どうして彼女を止めることができなかったのか? 止められないにしても、自殺願望を沈静化させようとした痕跡さえない。香帆に「今まで何もしてくれなかったくせに!」と責められていたが、そう言いたくなる生徒の気持ちもわかるのだ。

 なぜ、彼は唐突に金八ばりの熱血教師になったのか。3年A組のクラス以上に、柊の中に潜む闇が気になる第2話だった。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

水川あさみ“脱げる女優”で一皮むける? “目標”宮沢りえのアドバイスは…

  • 2019年01月21日(月) 12:00:13
  • ブログ

「今年は年女ということもあって、積極的に仕事をしていこうと周囲には話をしているようです。彼女は2016年に独立したのですが、一時、芸能界の掟というか洗礼というか、案の定仕事は減りましたからね。それが、昨年あたりから以前の事務所にバックアップを頼むようになってからまた仕事が激増しています」(芸能界関係者)

 1月から放送中の連続ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)に出演している水川あさみ。昨年はNHKの大河ドラマ『西郷どん』をはじめ、民放、BS、WOWOW、配信ドラマと幅広いジャンルで活躍した。

「特に主演したWOWOWのドラマW『ダブル・ファンタジー』では、原作者の村山由佳さんが大絶賛してました。官能的なシーンにも体当たりで挑み、女優として一皮むけた印象が強いですね。今後は“脱げる”女優としても仕事が殺到しそうですよ」(テレビ局関係者)

 もともと彼女が目標としている女優は宮沢りえということもあって、脱ぐことも含め、ことあるごとに宮沢にいろいろと相談しているという。

「独立して仕事がなくなったときも相談していたそうです。というのも、水川さんのマネジャーは同年代で業界未経験ということもあって、満足な営業活動ができていないんです。それでも仕事が来ると思っていたんでしょうけれど、そこまで芸能界は甘くはありません。それもあって、前の事務所に頼まざるを得なかったんでしょう。今は受けた仕事の何パーセントかをマージンとして支払ってるそうですよ。本人としては大河ドラマや朝ドラに出て知名度を上げてCMを取りたいみたいですよ。CMがあれば収入の面であまり心配する必要がないですからね」(広告代理店関係者)

 年女の今年、飛躍することができるか。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【フライデー】タッキーの新社長就任で、あのジャニーズ番組枠がまさかの復活か

  • 2019年01月21日(月) 12:00:00
  • ブログ

昨年限りで芸能界を引退してプロデュース業に専念することになったタッキーこと滝沢秀明氏が、15日付けで設立されたジャニーズ事務所の100%子会社「株式会社ジャニーズアイランド」の代表取締役社長に就任したことを、各スポーツ紙が報じた。

 各紙によると、同社は東西で300人いるジャニーズJr.に特化した、育成・人材発掘などを行うプロデュース会社で、滝沢氏はそのトップとして手腕を発揮。ジャニーズ事務所の関連会社をタレントだった人物が務めるのは初で、会長にはジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が就任したという。

 滝沢氏はさっそく、3月に神奈川・横浜アリーナでジャニーズJr.の3ユニット「SixTONES(ストーンズ)」、「Snow Man」、「Travis Japan」による単独コンサートを行い、社長自らが演出することを発表。また、東京・原宿のジャニーズショップとは別に、ジャニーズJr.だけのショップを設立する構想も明かしたという。

 「すでにグループとしてデビューしているタレントのみならず、ジャニーズJr.のメンバーたちにはメジャーになる前から多くのファンがついている。そのため、人気のあるJr.メンバーのグッズは飛ぶように売れそうだ」(芸能記者)

 そして、タッキー新社長の本格始動により、以前からフジテレビの間で浮上していたプランが実現する可能性がありそうだというのだ。

 「16年のSMAP解散により、冠番組の『SMAP×SMAP(スマスマ)』が終了。以後、同番組が放送されていた月曜午後10時枠は、なんの番組をやっても数字を取れない。以前、『スマスマ』の後釜として、ジャニーズJr.を前面に押し出した番組が企画されたことがあり、頓挫したままだったが、タッキー新体制で実現する可能性がありそうだ」(テレビ局関係者)

 放送されれば、視聴率が低迷するフジにとって明るい材料になりそうだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking