ニュースヘッドライン

元AKB48・川崎希の夫アレキサンダー(アレク)が車中不倫! 「SNSナンパ」であの芸人の行為が蒸し返される?

  • 2017年03月25日(土) 08:00:59
  • ブログ

元AKB48・川崎希の夫として知られる元モデルのアレキサンダーが、一般女性と不倫をしている模様が「フライデー」(講談社)で報じられている。

 記事によれば、アレキサンダーは原宿駅前に車で乗り付けると女性と合流。そのままドライブにでも行くのかと思いきや、近隣の駐車場に停車してそのまま車中で情事にふけっていたという。またこの女性とは1年以上も交流があるというが、そのたびにこのような行為を繰り返していたそうだ。

「これまでも川崎がアレキサンダーの浮気をバラエティ番組で面白おかしく話しているため、彼の浮気グセは周知されています。もとから浮気性の男と認識されているので、イメージダウンにも繋がりません。

 妻である川崎は嫉妬するかもしれませんが、それでもたくまくしくテレビで使えるいいネタができたとも考えているかもしれませんね。他の芸能人たちにとっては窮地に追い込まれる事態ですが、アレキサンダーにとってはまったく問題ないのでは?」(芸能ライター)

 元から周知されていたタレントイメージどおりだったということか。

 だが、この記事が原因で過去の行為が蒸し返されてしまった芸能人もいるという
「狩野英孝ですよ。アレキサンダーのナンパはSNSを通じて行っていたため、記事中でも同様だと明記されてしまっています。今年の頭に狩野はSNSで知り合った未成年との交際が問題となり、謹慎に追い込まれました。一部メディアではほとぼりが冷めた夏以降に復帰との報道もありましたが、現時点では未定です。

 ですが、このように今後も同様の事例が話題となった際に狩野の名前が出されてしまえば、いやでも彼の行為が思い出されてしまうのは間違いない。今後も続くようならば、狩野にとっては頭が痛い問題となるでしょうね」(芸能記者)

 狩野とアレキサンダーが行った行為には大きな違いがあるのは間違いない。

 だがそれだけに、今回名前が載ってしまった狩野にとっては泣きっ面に蜂なのは間違いないだろう。今回、トバッチリを受けてしまった狩野の未来はまだまだ明るいとは言えなさそうだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

熊切あさ美に「サイコパス」の声

  • 2017年03月25日(土) 08:00:57
  • ブログ

タレントの熊切あさ美(36歳)が、3月24日に放送されたバラエティ番組「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」(テレビ朝日系)に出演。その行動の数々に、共演者から「サイコパス」との声が飛ぶ一幕があった。

“結婚できない女”代表の一人として出演した熊切はこの日、「以前、交際していた彼と、『どうしても結婚したい!』という願望が強すぎたのか、気付いたら一人で…子ども服を買ってしまいました」と告白。
20170325-75419.jpg

これにスタジオはどん引き、番組MCの明石家さんま(61歳)も「おまえ、そういうこと言うなアホ。怖いよな」と呆れたが、熊切は「甥っ子とかのものとか友だちのお祝いを買っていくうちに、こんなかわいいのセールやってないと買えないかもしれから今のうち買っとこう、と思って。しかも自然と性別も決まってるかのように、女の子のもの買ってる」と、まだいない子供のことを思い浮かべて購入しているという。

そんな話を聞いたさんまは、以前熊切が交際していた片岡愛之助(45歳)をイメージしてか、カメラに向かって「良かったな別れて~」とコメント。

さらに止まらない熊切は、「昔からちょっと妄想しちゃうところがあって。中学校のときとか好きな人が帰って、みんなが帰ったあとに机の中整頓してあげたりとか」「付き合ってることを隠さないといけないときとかあるじゃないですか。(有名人と交際してたときに)その人が吸ってるタバコに、自分のサインの横に描いてたうさちゃんとかくまちゃんを描いて。一本一本に」などのエピソードを披露すると、スタジオからは「ええええええ」「怖い怖い怖い」「サイコパス!」の声。さんまも「サイコパスや!」と同調していた。


コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

大島優子、前田敦子…「元AKB女優」の好演が光った今期ドラマ

  • 2017年03月25日(土) 08:00:57
  • ブログ

今期の各局ドラマが軒並み最終回を終え、各役者への評価も総括されつつある。そんな中で意外にも評判が高かったのが、元AKB48の前田敦子と大島優子だ。

「前田は木曜ドラマ『就活家族』(テレビ朝日系)に、三浦友和と黒木瞳の娘役で出演。仕事や将来への見通しが甘く、結婚に逃げ込もうとしている25歳を演じました。親や男に頼っていれば人生なんとかなると、世の中をナメている感じを好演。ネット上では『演技がイラッとする』という声も見られましたが、それは役柄にハマっており、うまく役を演じ切れていたからこそそう見えたのでしょう。さらに、そのあと目が覚めてひたむきに夢を追いかけるようになる過程も、清清しく体現していました」(テレビ誌ライター)

 番組の視聴率は途中ひと桁台と低迷するも、ラスト2回で2桁に持ち直し、最終回では最高の11.1%で有終の美を飾ることができたのには、前田の貢献もあったと言えそうだ。

 一方、大島は水曜ドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)で、妻が出産のため里帰りしている男と不貞してしまうアラサー女性の小雪役を演じた。

「サバサバと割り切っているように見えて、相手に家族の影が見えると傷つき迷ってしまう心の機微を、大げさに表現することなく、実に繊細に演じていました。その姿が原作漫画の“小雪”ともみごとにシンクロしていて、原作ファンからは主役の吉高由里子よりも『役にハマってる!』という声もあったほど。最初こそ原作と違う身長の低さも指摘されていましたが、いつの間にか気にならなくなるほど、いい意味で物語に溶け込んでいました」(前出・テレビ誌ライター)

 アイドル上がりは大根役者だろう、と先入観で見られがちな中で、卒業後の数年間、真剣に芝居と向き合ってきた前田と大島。まさに今、女優として脂がのってきた頃なのかもしれない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

高橋一生、“キュン死”女性続出も「人気はメディアのヨイショ」と謙虚発言

  • 2017年03月25日(土) 08:00:57
  • ブログ

 その人気はやはり大げさではなかったようだ。

 高橋一生が3月17日、自身のインスタグラムを更新。スタジオのテラスにて白シャツを腕まくりしている自身の写真を投稿し、女性たちから注目を集めている。

 モノクロ加工された単なる腕まくり写真といってしまえばそれまでだが、「白シャツ×腕まくり」という組み合わせは意外にも女性たちを胸キュンさせ、コメント欄には「その腕の細さがいい」「腕の血管にホレボレ」「首筋、顎ライン、鼻筋、どこのパーツをとってもカッコ良すぎ」など、1400件以上のコメントが殺到。1日でいいね!の数も12万件オーバーとその人気はなかなかのものだ。

「1日に発売された女性ファッション誌『an・an』で、女性モデル相手にキスやベッドシーンまみれの艶系グラビアに挑戦し、これまた女性たちを興奮の渦に巻き込んでいましたね。そんな高橋ですが、9日に放送された情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)にゲスト出演した際、女性人気がスゴいと煽るメディアに対して『女性人気が(すごい)ってウソばっか言って載せて。何をそんなにヨイショしてるんだろうって‥‥』と、謙遜コメントを残しましたが、その人気は本物。そういった控えめな性格にさらにときめいたという人も多かったようです」(女性誌ライター)

 まさに青天井状態の高橋人気。その勢いはどこまで続いていくのだろうか。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

有村架純が骨と皮になる?5キロ増量後の「逆リバウンド」の恐れが!

  • 2017年03月25日(土) 08:00:57
  • ブログ

田舎娘を演じるために5キロの増量! そんな女優魂を見せてくれたのは、4月3日スタートのNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインを務める有村架純だ。1日3食の米飯で増量したという有村は「身も心もしまっていく感じを表現したかった」とコメント。収録が進むにつれて元のスレンダーな体型に戻していく予定のようだ。

 そんな有村に対してファンからは、「これぞプロ根性!」といった賞賛の声に加え、「胸が大きくなったままのほうがいい」と今後の減量を惜しむ向きもある。だが、中には有村の体調を案ずる声もあるというのだ。女性誌のライターが心配そうな表情で語る。

「彼女なら強いハートでダイエットを達成できそうですが、その精神力があだになる恐れもありそうです。というのも、食べないことに慣れてしまったり、『本当はもっと痩せていたはず』という強迫観念から過剰なダイエットを続けてしまうことで、不健康に痩せすぎてしまう『逆リバウンド』に陥る例が珍しくないのです」

 そんな有村は初めて受けたオーディションに落選した時、受かりたければダイエットするように言われ、実際に体重を落として合格を勝ち取ったという成功体験の持ち主。その後も炭水化物抜きのダイエットを実践するなど、体重は常に気に掛けているタイプのようだ。

 それでいて顔つきがふっくらしていることからダイエットの成果が見た目に出づらく、ちょっと痩せたくらいでは周りが気づかないのも事実。番組スタッフはぜひ、有村が痩せすぎてしまわないように、目を配り続けていただきたいものだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

西内まりや「明日婚」最終回のラストシーンが「史上最低!」と怒涛の非難

  • 2017年03月25日(土) 08:00:57
  • ブログ

“史上最低視聴率の月9”として話題を呼んだ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)が、3月20日に最終回を迎えた。そして、粘り強く最後まで観た視聴者からでさえ「やっぱりスッカスカなドラマだった」と酷評されている。

「最終回も今までの回同様、ツッコミどころが多く、ご都合主義が目に付きました。例えば主人公あすか(西内まりや)に思いを寄せていた神谷(山崎育三郎)が、ライバルであるはずの名波(flumpool山村)の背中を押したり、その神谷の3年後の姿を見ると、あすかの後輩である桃子(岸井ゆきの)と結婚して子どもまでできていて、しかも皆のたまり場だったあすかの先輩の家に住んでいたり、さらにはあすかが名波からプロポーズされた後に登場人物総出の結婚パーティが突然催されたり‥‥。展開や設定が最後まで陳腐だったとしかいいようがありませんでした」(テレビ誌ライター)

 確かに2番手の男が主人公らの恋を後押し、その後、その2番手も幸せになる、出演者全員集合等、ドラマの最終回のお約束を詰め合わせた既視感に襲われるが、それだけでは終わらないのが“史上最低の月9”である。

「嘲笑の的となったのがラストシーンです。サプライズの結婚パーティの中で『いつ籍いれるの?』と聞かれた2人はもにょもにょと相談して、せーの、でタイトルである『突然ですが、明日結婚します』をカメラ目線のドヤ顔で宣言したところで最終回の幕が下りました。これにはネット上でも『タイトルコールでフィニッシュとか想像通り過ぎて、失笑』などと酷評の嵐となっていましたよ」(前出・テレビ誌ライター)

 また、そんな嵐の止まないなか、ドラマのBlu-ray、DVDボックスの発売が紹介されるや、「こんなの誰が買うんだよ!」の大合唱。妙な盛り上がりをみせていたとか。

 主役である西内まりやとflumpool山村の演技力不足や、原作漫画のチョイスなど、色々な角度からの批判はあったが、何より最終回までもが視聴者の批判的なツッコミで盛り上がってしまうほどの脚本の酷さが、“史上最低の月9”の戦犯であることは間違いなさそうだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

猫好き女優・倉科カナさん、里親として新たな家族を迎え入れ!

  • 2017年03月25日(土) 08:00:57
  • ブログ

話題を呼んだドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)にも出演していた女優の倉科カナさん。その素顔は料理や猫が大好きという庶民的なところがあるようです。

 まず、倉科さんは料理好きで、今年のおせちも立派に手作り。お正月は倉科さんのお母さんと一緒に作り、家族みんなでお祝いをしたそうです。ドラマでもキッチンに立つシーンもあるそうなので、腕の見せどころですね。

 そんな倉科さんのダイエット法は、ゆる~く行いタイプなのだとか。

 ただ、美のために豆腐や納豆、生姜、ねぎやたまねぎなどの健康的な食べ物をとるようには心掛けているそうで、また、夜早く寝て朝早く起きるのも大好き。いいことづくめだというその美容法は、当たり前のことでありながら、基本的なベースの美と健康づくりに役立っているようです。

 そんな倉科さんの心の支えだった猫「ハジメ君」が亡くなったのは、2016年9月のことでした。自身のブログでも報告していますが、「なんでもっと早く気付いてあげられなかったんだろう」と後悔。1カ月たっても、いまだに信じられないと意気消沈の様子でした。

 猫が急逝した後、泣いてばかりだったという倉科さんは、その猫思いの気持ちは、まるで子どものような素直な心です。

 そして先日、新しく里親として迎え入れた猫が、「雪(せつ)」。早速、家族の一員として可愛がっているようですよ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ブルゾンちえみもビックリ?with Bのコージと激似のジャニーズメンバーがいた!

  • 2017年03月25日(土) 08:00:56
  • ブログ

 4月からドラマに準主役で進出することも決まり、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのブレイク芸人と呼べるのが、ブルゾンちえみだ。

 そして、ブルゾンちえみのブレイクと同じく一躍脚光を浴びたのが、その後ろでなまめかしいダンスを踊る後輩芸人「with B」こと「ブリリアン」。ブルゾンちえみが“複数のイケメンをはべらせたネタをやりたい”とのことで、声がかかったという。

 ブリリアンは、法政大学卒業の経歴を持ち、在学中はアメフト部の主将で日本一にもなった徳田浩至(コージ)と、モデルもやっている杉浦大毅(ダイキ)の二人で結成。最近はブルゾンちえみの人気によって2人を見る機会が増えたこともあり、各方面から注目を集めているが、そんななか、コージがジャニーズWESTの濱田崇裕にそっくりだとファンの間で話題になりはじめている。

「これまでは、お笑いコンビ・麒麟の田村に似ているとよく言われてきた濱田ですが、ブルゾンちえみのブレイクで、WESTがパーソナリティを務めるラジオ『bayじゃないか』には、ブリリアンのコージに似ているというコメントが日に日に増加。ついには届くハガキやメールがその話題で持ち切りとなり、『死ぬほどきた』とスタッフに言われるまでになったそうです」(エンタメ誌ライター)

 ラジオ番組の中でも、メンバーの重岡に「うん百枚。スタッフさんが死ぬほどやで。わかる? あの紙1枚やったらペラペラやけど、それが死ぬほどきてんねんで。ズザザザザって」といわれ、濱田も「ドッペルゲンガーの一人が、見つかってしまったヤツや」と、うれしそうに語っていた。また、「ザ少年倶楽部」(NHK BSプレミアム)の収録の際には、とうとうネタとして「with B」を実演し、ファンは大盛り上がりを見せた。

「ブリリアンのコージのツイッターにも、ジャス民(WESTファン)からの大量のコメントが寄せられ、コージは驚きつつも『とても光栄で、嬉しいことなのですが、もっとイケてるドッペルゲンガーいますよ。ジャス民の方々ありがとうございます。』とつぶやいています」(前出・エンタメ誌ライター)

 共に認め合っている濱田とコージ。2人の共演もファンの間では熱望されている

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ミスドCMの美人双子姉妹が歌手デビュー イラン人の父と日本人の母、特技ペルシャ語

  • 2017年03月25日(土) 08:00:56
  • ブログ

 「ミスタードーナツ」のCMで注目を集める一卵性双生児の美人姉妹が、音楽ユニット「Who’s That Girl」として歌手デビューし、29日にシングル「醜いアヒルの子」を配信する。

 姉・みなと妹・まりあは、2000年8月2日、茨城県生まれの16歳。イラン人の父と日本人の母を持つハーフで、ペルシャ語が特技というエキゾチックツインズだ。
20170325-73424.jpg

 昨年5月、2人で原宿を歩いているところをスカウトされ、芸能界入り。今年1月には早くもミスドのCMに抜てきされた。その際に「あの少女たちは誰?」と注目を集めたことからユニット名が決まった。

 デビュー曲はエレクトロポップの応援歌。過去にSMAPや浜崎あゆみらも手がけたプロデューサーのCMJKが担当した。2人は「歌手という新たな挑戦ができてうれしい。私たちの曲でたくさんの人を元気づけたい」と意気込み。「いつか“二子”玉川で野外ライブを開きたい」と双子らしい大胆な夢を語った。


コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【フライデー】着々と進むキムタクの世界進出計画

  • 2017年03月25日(土) 08:00:00
  • ブログ

http://eviannews.com/blog-entry-56447.html



1月スタートのドラマの全話の平均視聴率が明らかになり、トップは元SMAPのキムタクこと木村拓哉主演の「A LIFE~愛しき人~」(TBS)であったことがわかった。

 キムタクにとっては、まずまずの視聴率を獲得し、まずは一安心といったところであるが、世間の見方は厳しい。「あれだけ予算をかければ、それなりの視聴率は獲れる」「キムタク以外は実力派役者をそろえたため」との声が聞こえてくる。

 その評判の悪さは、もちろん、彼がSMAP解散騒動ですっかり悪者になってしまったことに理由がある。SMAPの解散は、昨年1月に一部スポーツ紙の報道により騒動が勃発。SMAPの構図は終始、キムタクとそのほかのメンバーというものであった。そのため、キムタクは、ひとりだけ悪者と見られることが多く、世間から猛バッシングを受けることになった。これまで彼が築いてきたキムタクブランドは音をたてて崩れる結果となった。

 そんな中、キムタクはしばらく、世間から姿を消した方がよいのではないかとの声が関係者からあがっているという。

 「今は猛烈な勢いでキムタクへのバッシングが吹き荒れています。そこでしばらく姿を消すべきだとの声があるようです。日本から離れて海外の映画などに出演する意向のようです。まずは時を稼ぐことが重要だと考えているようですね」(業界関係者)

 これをきっかけに、世界のキムタクへ、羽ばたくことができるのか、注目だ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking