ニュースヘッドライン

【フライデー】嵐・二宮和也、デビュー日の“メンバー5人食事会”を「ほとんど覚えてない」深~い理由

  • 2018年12月11日(火) 00:01:59
  • ブログ

 嵐の二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayFM)が12月9日に放送された。

 11月3日にデビュー19周年を迎えた嵐。この日の放送で二宮は、昔のマネジャーから毎年恒例のお祝いを受けたことを明かした。デビュー日当日には、嵐5人で食事を行ったことを、ジャニーズ公式携帯サイトの連載やテレビ番組で櫻井翔が話しており、「11月3日(嵐の)誕生日当日に5人だけでっていうのは10周年以来かも」と、健康の話をしたことを明かしていた。

 これについて、リスナーから「ほかにどんな話をしましたか?」という質問を紹介した二宮は、「ほかにどんな話? あんな話やこんな話かな?」とおちゃらけつつ、「ほとんど覚えてないよ」とまさかの告白。嵐の誕生日だったというものの、「だから、そんな、なんか深い話ないんじゃない?」とした。

 二宮といえば、同番組の昨年5月7日放送回では、「嵐メンバー2~3人と食事に行くなら誰がいいですか?」という質問に対し、「誰でもいいです。そんなに話す内容変わらないでしょ?」と言いつつ、「そんなに応援してる人たちがワクワクするような食事会じゃないから、我々にとっては。だって、反省会みたいなもんでしょ。仕事終わりで行って、反省会みたいなのして……ってことだからね」と話していたが、この日は反省会ではなく、純粋に「ご飯を食べようって会」だったとのこと。とはいえ二宮は、「俺はひたすら飲んでたからな」と言い、最初に写真を撮影したことは覚えているものの、「健康の話とかをしてたんだっていう印象。あ、そうなんだっけって」と話していた。

 また、メンバーだけの食事会だったからか、「案外覚えてないもんだよ。俺はそれをどっかで、しゃべるつもりはなかったから」とリラックスしていたといい、「どっかでしゃべろうってなると、割とアンテナ張って覚えとこうってなるけど。そん時はアンテナ切ってたんだよな。だから、ずっと飲んでたんじゃないかな」と余計なことは考えず、5人だけの時間を過ごしたことを明かしていた。

 嵐メンバーの関係の良さをあらわすこのエピソード。放送後、この話題についてリスナーからは、「アンテナ切るって、やっぱり信頼感あってのメンバーなんだね!」「髭男爵の『嵐が嵐じゃない部分を見せるのは嵐しかいない』って言葉を思い出した」「食事会の会話の内容とか全然教えてくれないところがまた二宮くんっぽいな~」といった声が寄せられていた。

 来年、20周年の嵐の誕生日にはどんな食事会が開かれるのだろうか――。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【フライデー】稲垣吾郎、太宰治役に推薦されていた? あの大物女優が太鼓判

  • 2018年12月11日(火) 00:01:59
  • ブログ

俳優の小栗旬が、写真家で映画監督の蜷川実花が手がける最新作「人間失格」(19年公開)で主演し、太宰治に扮することが発表された。蜷川監督と初タッグとなる小栗は、役作りのために短期間で大幅に減量し、撮影に臨んでいるという。

 太宰は、圧倒的な人気と才能を持ちながらも酒と恋におぼれ、自堕落な生活を送り、自殺未遂を繰り返した果てに1948年6月13日、玉川上水で愛人の山崎富栄とともに入水。6日後に遺体が発見されている。映画では、太宰自身と彼を愛した3人の女たち(正妻と2人の愛人)の目線を通し、当時日本中を騒がせた文学史上最大のスキャンダルの真相に迫っていくという。小栗は太宰を演じるにあたり、「この文豪を、自分を通して生み出すことが出来るのだろうか。自分がこの人生を生きることは出来るのだろうか。しかし、監督から僕でなければというお言葉を頂き、脚本に魅了され、決断いたしました」と明かしていた。

 過去には役所広司、豊川悦司、浅野忠信、向井理、生田斗真ら、そうそうたる俳優が太宰を演じている。

 また、今年9月に亡くなった樹木希林さんは2012年に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した際、こんな話をしていた。「市川準さんっていう、もう亡くなった監督さんがいたんだけど『今度太宰をやりたいと思うんだけど、いい役者、太宰治をやる役者が見つからないって』言われたので、『稲垣吾郎さんがいい』って言ったの」と告白。「(私が)キャスティングしたんですけど、でも亡くなっちゃったんで」と明かしていた。名女優が自分を推薦してくれたことに稲垣は驚き、「うれしいです。石川啄木はやったりしたんですけど」と答えると樹木は「ちょっと違う」とバッサリ斬り捨てて、笑いを誘っていた。その後、稲垣も「(太宰役を)いつかやらせていただきたい」と意欲を見せていた。

 太宰が亡くなったのは39歳のとき。現在稲垣は44歳。今となっては演じるのは難しいかもしれないが…名女優が太鼓判を押した稲垣の太宰治。きっとハマり役だったであろう。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【フライデー】「存在感が薄れてる」『SUITS/スーツ』9話、アノ人の活躍不足に「物足りない」と嘆く声

  • 2018年12月11日(火) 00:01:56
  • ブログ

 12月10日夜9時から第10話が放送される、織田裕二主演の『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)。視聴率は第3話までと第5話、第8話で2桁を記録。第9話では9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、わずかに数字を落とした。

 同作は、全米でメガヒットした『SUITS』を原作とした弁護士ドラマ。主人公の敏腕弁護士・甲斐正午は、約10年ぶりの月9主演となる織田裕二が熱演する。傲慢な弁護士の甲斐と、天才フリーター・鈴木大貴(Hey!Say!JUMP・中島裕翔)の凸凹コンビが、 さまざまな訴訟問題に挑んでいくというストーリーだ。

 第9話では、事務所のシニアパートナーに昇格した正午。お披露目パーティーの会場で、「YURI綜合会計事務所」の所長・華村百合(石田ひかり)と、百合のもとで25年勤めているエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を紹介される。しかし、大河原が出身大学を偽っていたうえに無資格で働いていたことが発覚し、百合はすぐにでも解雇するつもりだという。

 一方、大河原の経歴詐称を聞いた大貴は、25年間会社に貢献してきた大河原をこんな形で解雇するのはおかしいと擁護。すると、大河原も不当解雇だと訴えはじめ、話がこじれてしまう。大貴は、正午が止めるのも聞かず、単独で百合の事務所を調査。すると、百合は3年前にも不当解雇で訴えられていたことが明らかに。この件の弁護を担当したのは、「リゲル法律事務所」の弁護士。大貴は、蟹江(小手伸也)が最近「リゲル法律事務所」の女性弁護士と親しくしているという話を思い出し、その弁護士に接触を試みることに。

 そして、接触に成功した大貴は、こっそり「リゲル法律事務所」の社員証を入手。さっそく事務所に忍び込み、当時の裁判記録の資料を漁りはじめた。すると、資料の中に百合の事務所の傘下となっているペーパーカンパニーの名前を発見。百合は存在しない会社の名で不当なコンサル料を受け取っており、それに気づいた大河原を解雇しようとしていたのだ。

「蟹江はパーティーで知り合った女性と一晩を過ごしたようで、仕事中の大貴を引き止めて延々と彼女を自慢。視聴者からは『あの蟹江に彼女!?』『蟹江先生デレッデレだな』『恋する蟹江先生めっちゃピュアな目をしてる……』と驚きの声が上がりました。しかし女性の本当の目的は、蟹江を利用して事務所の資料を盗むこと。何も気づかない蟹江はこっぴどくフラれ、苦い失恋を経験する羽目になっています」(芸能ライター)

 第10話では、正午のもとに最高検監察指導部・澤田仁志(市川海老蔵)が訪ねてくる。澤田は、最高検次長検事・柳慎次(國村隼)が起こしたとされる汚職事件の真相を明らかにしようとしており、その調査を正午に頼みに来たのだという。しかし、柳は正午の検事時代の恩師。澤田から「黙ってると同罪だと思われますよ」と挑発されるものの、正午は依頼を拒否するのだった。

 そんな中、チカ(鈴木保奈美)の前に大貴の悪友・遊星(磯村勇斗)が現れ、大貴の素性を全て明かしてしまう。チカは警察に突き出すと憤るが、正午は「これが表沙汰になればファームも終わりだ」と説得。落ち着きを取り戻したチカは大貴と蟹江を組ませ、資産分配の案件を任せることに。

「第9話では蟹江と正午の絡みが一切なく、一部のファンからは『いつもの掛け合いがなくて物足りない』『蟹江先生の存在感がだんだん薄れている……』と嘆く声も。最終回も目前ですが、再び蟹江が活躍することはあるのでしょうか」(同)

 次週のエピソードは、最終回の前編にあたる物語。ここからどのようなクライマックスを迎えることになるのか目が離せない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【フライデー】関ジャニ∞・村上信五、「ネット動画ほんま見ない」「俺はテレビ」とYouTuberに興味ナシ宣言

  • 2018年12月11日(火) 00:01:56
  • ブログ

関ジャニ∞の村上信五がパーソナリティを務めるラジオ『村上信五の週刊!関ジャニ通信』(ABCラジオ)が12月9日深夜に放送された。

 冒頭では5日に放送された『2018 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)について、冒頭で東京スカパラダイスオーケストラとコラボして楽曲を披露したことを報告した村上。その後もさまざまな話題がリスナーから寄せられ、番組は盛り上がりを見せていたが、その中にあったのは、YouTuberに関する話題。 アメリカの経済誌「Forbes(フォーブス)」によると「世界で最も稼ぐYouTuber」ランキングの2018年1位はおもちゃのレビュー動画を配信する7歳の少年とのこと。村上はこれに「すげえな」と素直な感想を吐露していた。

 なお、少年の推定収入の2,200万ドル(約24億7,000万円)のうち2,100万ドルは動画の開始前に再生される広告からの収入。残りの100万ドル(約1億1,300万円)は、スポンサー付きの動画投稿で得た契約料とのことだが、村上はこれに関して「YouTuber人口って増えてきてますけど」と前置きしつつ、「(収入が)上がれば上がるほど人口が増えていくけど、すごいピラミッドになっていくから。稼がれへん人は逆に全然稼げなくなるっていう。視聴者だって増えるでしょうけど、その分チャンネルが増えていくってことですから」とシビアな現実を指摘した。

 また、村上自身はYouTuberに詳しくないといい、「仕事でちょこちょこご一緒させていただく方とか、VTRでちょこっと見るのはあるけど、ネット動画というものをほんまに見ないですから。でも新進気鋭もいるのか。どんどこ出てくるわね」と現状を把握していることを告白。「そこそこ稼いでる人とかもいるもんな。コスプレイヤーとかもすごいもんね。月100万や200万とか」と驚きの年収を稼いでいることを話していた。

 その後スタッフから、魚をさばくYouTuberが人気を博していることを教えられると、驚きを見せつつ、「でもトルコの変わった塩の振り方とか、なんか肩越しにやるやつとかも注目されたりしてたもんなぁ」と納得の様子。しかし自身に関しては「ないわあ……」とのことで「俺はテレビでやるわ、やりたいことあったら。よう準備できへんもん」と話していた。

 放送後、リスナーからは「やっぱり村上くんは生粋のジャニーズだな(笑)」「村上くんはYouTuberよりタレントのほうが向いてるね」「YouTuber村上は想像できないわ……」といったさまざまな声が集まっていた。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【画像】広瀬すずの股間にTバックが食い込んでエロ過ぎる!勝負パンツを姉アリスと一緒に購入!紅白の司会で…

  • 2018年12月11日(火) 00:01:01
  • ブログ

広瀬すずの股間にTバック下着が食い込む可能性があるという。

→ ranking

---
大晦日に放送される、平成最後となる『NHK紅白歌合戦』の紅組司会に決定した女優の広瀬すず(20)に、世間やNHK内部から、厳しい目が向けられている。

「彼女はかつて、34歳当時の『嵐』大野智に、『40歳くらいかと思った』と言った前科もある。失言で白組司会の櫻井翔を慌てさせるようなことでもあれば、ファンからの強烈なバッシングにさらされることにもなるでしょう」(同)

だが、当の広瀬はというと、そんな周囲の心配をよそに、ヤル気満々だという。
 
「女性司会者の華やかな衣装も紅白の見どころの一つ。過去、何度も司会を務めた有働由美子アナは、『黒いドレスの下は赤い勝負パンツをはいていた』と語ったことがあります。当然、広瀬も気合いを入れてくるはずで、すでにドレスの衣装合わせとともに、当日の下着選びを終えているといいます」(同)

そんな広瀬の相談相手となっているのが、映画『海街diary』で姉妹役で共演し、以来、交流を持つようになっている綾瀬はるか(33)だと言われている。

「綾瀬は、紅白司会の先輩でもありますからね。下着選びに関しても、着替えが多い紅白では、できるだけ摩擦が小さく、絶対に衣装に響かない極小Tバックも一択だと有力なアドバイスがあったようです。カラーはもちろん、パワーを呼ぶ赤だと、姉のアリスと一緒に、下着を購入したとも伝わっています」(同)

紅白を華やかに演出してくれそうな広瀬の股間に真っ赤なTバックが食い込んでいると思うと、紅白をエッチに楽しめそうだ。
---(週刊実話:一部抜粋)

広瀬すず ケツ GIF画像 >> geinougazou

http://eviannews.com/blog-entry-60694.html

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

【画像】 ツインテールの白人様のエロ画像

  • 2018年12月11日(火) 00:01:01
  • ブログ

http://bakufu.jp/archives/486881

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

中山美穂“あふれ出るマダム感”に「拙い歌声が耳に入って来ない」の声

  • 2018年12月11日(火) 00:00:55
  • ブログ

12月5日放送の「2018 FNS歌謡祭 第1夜」(フジテレビ系)に出演した中山美穂。この日、1986年11月リリースの「WAKU WAKUさせて」、1992年10月リリースの「世界中の誰よりきっと」の2曲を披露。「世界中の誰よりきっと」はWANDSとのコラボ曲だったため、ネット上ではWANDSとの共演に期待してか、出演していないにもかかわらず「WANDS」がトレンド入り。さらに「出てないWANDSがトレンド入りするってすごくない?」「ミポリンはWANDSを引き連れて歌ってくれないと魅力半減」「元WANDSの上杉昇さんはお元気なのかな」など、WANDSを懐かしむ声が続出した。

「単体で2曲を歌った中山は、後ろの低い位置に作ったおだんごヘアに黒地に大きなゴールド刺繍のある肩出しロングドレス姿でしたが、ネット上では『マダム感がスゴイ!』『あまりに激しすぎる老化が切ない』といった声が目立っていたようです。さらに、年齢的には中山より6歳年上ですが、歌手としてバリバリ現役どころか、ますますうまくなっている薬師丸ひろ子が『Woman~Wの悲劇より~』を情感たっぷりに聞かせてくれた直後に中山が拙い歌声で『WAKU WAKUさせて』を歌ったため、『薬師丸とミポリンが歌う順番は逆にするべきだったよね』『薬師丸さんの歌声の余韻に浸ってたらミポリンでズコーッとなった』『マダム感の衝撃が強すぎて歌声が耳に入ってこない』『これぞ公開処刑』といった声が続出したのだとか」(女性誌記者)

 中山に対して「サイボーグのような美魔熟女に変身するより自然体でステキ」という声が…聞こえてこないのはなぜだろうか。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

新木優子、「2クール連続月9出演」で聞こえてきた「クレソン女優」の声!

  • 2018年12月11日(火) 00:00:36
  • ブログ

放送中の「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)に続き、来年1月7日スタートの「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)にも出演する新木優子。つまり2クール連続で「月9」に出演することになる。

「新木は、かつて結婚情報誌『ゼクシィ』8代目CMガールを務めていたこともある正統派美人で、演技力も及第点。新垣結衣のように高身長で相手役選びに困るようなことはないけれど、モデルとしての実績もありスタイル抜群で同性からのウケも抜群にいい。さらにジャニーズ事務所からも共演許可が出ているという、まさに絵に描いたような優等生女優です。そのため『欠点がないことが欠点』『欠点がないから印象に残りにくい』などと広告代理店界隈では言われているようです。確かに印象に残るタイプの女優であれば“腐っても月9”と呼ばれる枠に2連投したら、おそらく『お腹いっぱい』だの『見飽きた』だのと指摘されがちですが、新木の2連投に対しては静かです。また、一部では『クレソンヒロイン女優』と言われているようで、その意味は『彩りは添えても決してメインを食うことがない』『パセリよりも存在感が薄く使い回しが利く』などと聞いています」(広告代理店社員)

 昨年8月には宗教法人「幸福の科学」の信者であることを所属事務所社長も認めている新木。突然出家するなどの迷惑をかけないことを事務所と約束しているそうだが、ここでもまた優等生ぶりをのぞかせていると言えよう。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

「今日から俺は!!」清野菜名×橋本環奈タイマンが「ガッキー潰し」決定打だった!

  • 2018年12月11日(火) 00:00:16
  • ブログ

学園コメディドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の公式ブログである“出演者ブログリレー”で、ダブルヒロインを務める清野菜名と橋本環奈の道着姿が公開されたのは去る11月21日。同日のブログを担当した橋本が「女子陣も派手なアクションをしてます!」と綴った。画像では聖子ちゃんカットの清野とスケ番ルックの橋本が、道場に掲げられた額の前でポーズを決めている。

 同ドラマで恋のさや当てを演じる二人は、11月4日放送の第4話で道場でのタイマンシーンに挑戦。清野はアクション養成所に通っていた経験があり、片や橋本はアイドル時代に鍛えた身のこなしが持ち味。吹き替えなしでのタイマンは視聴者の間で大きく話題になり、同回では視聴率も初回放送以来の9%台を回復。そんなタイマンシーンの影響は他のドラマにも及ぶという。テレビ誌のライターがささやく。

「本作のライバルは同じ日曜ドラマの『下町ロケット』(TBS系)ではなく、新垣結衣主演の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)だと言われています。というのも今期の日テレドラマでは『獣なれ』の前評判が一番高かったんですが、フタを開けてみれば期待薄だった『今日から』が大健闘。視聴率の直接対決では第8話終了時点で4勝4敗と互角ながら、平均視聴率では9.4%対9.1%と『今日から』が上回っているからです。清野と橋本のタイマンが放送された第4話では、2.5%近くも離して9.1%対6.7%で『今日から』が圧勝しているんです」

 同じ日本テレビのドラマとは言え、制作陣がお互いの視聴率を気にしながら切磋琢磨するのは良好なライバル関係と言える。そしてここでは激烈なヒロイン対決が繰り広げられているというのである。

「橋本は“福田組”の常連として、『今日から』の演出を務める福田雄一監督とは何度もタッグを組んでいます。そして清野と福田監督は今回が初タッグですが、19歳の橋本と24歳の清野によるダブルヒロインは清涼感に満ちあふれた魅力を感じずにはいられません。それに対して『獣なれ』の新垣は今年30歳を迎え、今作では従来のピュア系路線を脱してオトナの女に挑戦。バーでビールを煽ったり、松田龍平とベッドを共にするなど、これまでの殻を破ろうと必死です。それゆえ橋本&清野のピュア系コンビが鮮烈なタイマンシーンを披露すれば、これまで新垣の代名詞だったピュア系女優のイメージを奪い取れるはずで、ただでさえ視聴率低迷に苦しむ『獣なれ』を完全に追い落とすこともできる、という思惑があったはず。つまり第4話のタイマンシーンはまさに、ガッキー潰しだと言えるのです」(前出・テレビ誌ライター)

 ほぼ「獣なれ」の不調は確定的で、ドラマ好きの間では2018年10月期は「今日から俺は!!」がヒットを飛ばしたクールとして記憶されるはず。今や新垣にとっては女優としてひとつの転換点を認識することを余儀なくされているのかもしれない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

竹内由恵アナ、生放送中にピチピチの胸を押し付け視聴者が大興奮!

  • 2018年12月11日(火) 00:00:10
  • ブログ

12月4日発売の「フラッシュ」が、報道番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)に、視聴者から苦情が殺到していると報じた。その原因は、メインキャスターである徳永有美の過去にあるという。

「徳永がメインとなってから約2カ月が経過しました。しかし記事によると、彼女は内村光良との不貞が発覚し、テレ朝を退社した過去があるため、視聴者センターには『不貞して辞めた人がなぜ戻ってこられるのか』といった苦情が、いまだに1日150件前後も寄せられているとのこと。さらに視聴率も、以前と比べて伸び悩んでいるそうです」(テレビ誌記者)

 また男性視聴者からは、徳永の前任者である小川彩佳アナの復帰を望む声も多く、新体制の報ステには暗雲が垂れ込めているようだ。そんな中、スポーツ担当の竹内由恵アナの振る舞いが、視聴者を歓喜させたという。

「12月4日に放送された『報道ステーション』での竹内アナの行動に注目が集まっています。番組では、サッカー解説者の中山雅史氏が登場し、彼が描いたクリスティアーノ・ロナウドの似顔絵を紹介。すると竹内アナは、絵に指をさしてコメントしたのですが、その瞬間、隣に立っていた中山氏の腕に、彼女の胸が押し付けられる形となったのです。これには『当たってる! ゴンさんマジで羨ましい』『こんなことされたら勘違いするわ!』『今日は胸の形を強調したピチピチの服だから、よけいに艶っぽい』と大興奮する視聴者が殺到しました」(前出・テレビ誌記者)

 視聴率の回復は竹内アナにかかっているかもしれない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking