ニュースヘッドライン

山下智久が台湾で英雄に!? “独立派”議員が勝手にポスターに起用

  • 2019年04月21日(日) 12:00:59
  • ブログ

先日お伝えした通り、バラエティ番組内での「台湾独立国」発言(参照記事)が原因で、中国人から猛バッシングを受けている山下智久だが、一方の台湾では大歓迎を受けている。
20190421-91033.jpg

 山下の発言は台湾メディアでも大きく報じられたが、ネット掲示板などには、「本当に中国の政治バカにからまれてかわいそう。山Pは何も悪くないよ」「中国人ってつくづくかわいそうな民族だね。中国人って毎日こうやって人の揚げ足取りして過ごしてるんだろうな」など、山下発言を擁護・歓迎するコメントが数多く寄せられているのだ。

 中には、「台湾は国だよ。中国の一部ではない。彼は何も間違ってない」「彼は台湾をひとつの国家として尊重してくれた。ありがとう山P」といったコメントもあり、山下発言がにわかに独立の機運を高めるきっかけとなったといっても過言ではない。

 ちなみに山下は、かつてNEWSのメンバーとして2007年にコンサートで訪れた台湾にも、多くのファンを抱えている。現地のネット調査サイト「DailyView網路温度計」が17年に行った“台湾人が選ぶ、好きなジャニーズアイドル”ランキングで、木村拓哉を抑え1位を獲得するほどの人気ぶりなのである。

 そんな人気者による「台湾独立国宣言」を、政治家が放っておくはずもない。民進党立法委員(日本の国会議員に相当)の羅致政(Lo Chih-cheng)は、自らの政治活動ポスターに山下の写真を掲載しているのだが、ジャニーズ事務所が所属タレントの政治利用を許可するとは考えられず、無断使用とみて間違いないだろう。

 中国からの独立色が強い与党・民進党だが、昨年11月に行われた統一地方選挙では惨敗を喫している。また、来年行われる台湾総統選挙にはシャープを傘下に置くホンハイの剛腕経営者、郭台銘(テリー・ゴウ)会長が野党第一党で対中融和路線を敷く国民党から出馬予定であることが伝えられている。

 台湾独立派にとっては窮地といったところだが、こうした困難を乗り越えて晴れて独立となった際には、山Pは独立の英雄として祭り上げられることになるかもしれない!?

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

ドラマ大爆死! 松坂桃李&山本美月に「新井浩文の呪い」

  • 2019年04月21日(日) 12:00:57
  • ブログ

4月16日にスタートした松坂桃李主演のドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)第1話が平均視聴率6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大爆死したことがわかった。

 同ドラマは、累計部数170万部を突破した有賀リエ氏による同名人気マンガが原作。不慮の事故により突然車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し、心を通わせていくラブストーリーだが、初回の数字は過去の同枠と比べてもかなり悪いという。

「前期の木村佳乃主演『後妻業』は初回8.7%、全話平均6.2%。10月期の高橋一生主演『僕らは奇跡でできている』は初回7.6%、全話平均6.5%。壮絶な爆死ぶりが話題となった吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』ですら初回7.6%、全話平均5.8%でしたから、今作は打ち切りが検討されるところまで落ちる可能性が高そう。また、『パーフェクトワールド』は昨年10月に映画化も岩田剛典&杉咲花のW主演で映画化されており、初週末の観客動員数は実写邦画1位を記録しています。となると、やはり松坂と山本の“あの件”に視聴者が拒否反応を示しているとしか……」(芸能記者)

 ネット掲示板を見てみると、低視聴率を受けてさっそく松坂に対して、「出張エステ嬢に対するセクハラ常習野郎」、山本には「レイプ犯とコカイン中毒者の大親友」といった辛辣なコメントが飛び交っている。

「松坂は昨年10月発売の『週刊新潮』(新潮社)によって高級エステで『下半身を露出する』といった禁止行為に及んだことが報じられ、複数の女性セラピストから被害報告があったといいます。そこにきて、俳優の新井浩文が出張マッサージ店の女性従業員に対して強制性交罪で逮捕・起訴されるという事件が発生したことで、“同類”と見られてしまった。一方の山本も、新井被告とコカイン使用の容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者に挟まれた3ショット画像が拡散し、イメージダウン。ネット上では、今でも新井被告のSNSのフォローを外していないことに苦言を呈す人もいるようです」(週刊誌記者)

 そんなダークなイメージがつきまとう2人のラブストーリー。「新井浩文の呪い」は今後も重くのしかかりそうだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

小林麻耶「※妊娠ではありません」と念押しの警戒、背景には15年に及ぶメディア不信

  • 2019年04月21日(日) 12:00:57
  • ブログ

昨年7月に4歳年下の整体師・國光吟(くにみつあきら)氏と「交際0日結婚」をした小林麻耶。毎日のように、幸せな結婚生活をブログで明かしている。

 小林麻耶は4月17日、ブログを更新し<今日は、とても嬉しいご報告があります!>と書き出した。しかし、次の段落ではすぐに<※妊娠ではありません>と念押し。<嬉しいご報告>とは、昨年11月に発売した自身の著書『しなくていいがまん』(サンマーク出版)が10万部を突破したことだという。この日の夜は夫とお祝いの中華ディナーに出かけたようで、ブログには仲睦まじそうに肩を寄せ合うツーショットがアップされている。
夫は「宇宙ヨガ」? 怪しさ煽る週刊誌報道

 小林麻耶は今でこそ積極的に夫婦生活を明かしているが、結婚発表当初は、お相手を一般男性と公表して情報を明かしていなかった。しかし同年9月には「女性セブン」(小学館)が男性の素性を暴き立てる。記事では、結婚相手を「Kさん」とし、元ダンサーで現在は都内のパーソナルジムや全国出張も多数こなす<やり手の“カリスマ整体師”>と伝えた。さらに「Kさん」の人気の理由はスピリチュアルへの深い造詣にあり、<Kさんの施術するヨガは、宇宙のパワーとリンクするとの触れ込みで“宇宙ヨガ” と呼ばれている>としていた。

 こうした報じられ方で、彼女の結婚がゴシップ的な関心を集めたことは言うまでもないだろう。小林麻耶は結婚早々、「怪しい」「スピ婚」とネガティブな声が相次ぎ、世間の好奇のまなざしに晒されることになる。

 その後、「Kさん」こと國光吟氏は昨年12月に名前や経歴を明かしたうえでオフィシャルブログを開設。職業は<元ダンサー 現在は整体、小顔矯正、O脚矯正などの施術をしています>とし、<外資系アパレル会社で働いていた際、東日本大震災が起こり、人の身体のケアをしたいと思い、施術の道へと進むことを決意いたしました>と仔細なプロフィールまで公開している。

 國光氏は顔出しでブログに登場し、小林麻耶とのツーショットもアップ。夫婦揃って、頻繁に日常生活を報告している。小林麻耶が「妊娠説」を強く否定することも、夫の國光氏が積極的に素性を明かしたことも、メディアの憶測に対する自衛策であるように思える。
「島田紳助との関係」から「海老蔵との再婚」まで……小林麻耶がゴシップの標的にされ続けた15年間

 小林麻耶は、これまで散々ゴシップのタネとされてきた。妹の小林麻央さん(享年34歳)が亡くなった後には、市川海老蔵との「再婚」報道まで飛び出し、週刊誌は「麻耶は海老蔵を好きだけどフラれた」「麻耶が後妻に収まることについて後援会が難色を示している」などと好き勝手に書き立てた。

 これに勘忍袋の尾が切れたのか、麻耶は『週刊誌の皆様へ』との題でブログ記事を更新。一部週刊誌で國光氏を「海老蔵似の旦那様」と評されたことについて、<正直、真逆な雰囲気です>と否定した。そのうえで、<今までは、ぐっと堪えてきましたが、わたしには大切な旦那様と旦那様のご家族がいます。>と綴り、<海老蔵さんとは、家族です。それ以上でも、それ以下でもありません。何もありませんから!!!>と怒髪天を衝き、きっぱり宣言したのだった。

 他方で、著書『しなくていいがまん』では、小林麻耶はTBSの局アナ時代からこうした状況におかれてきたことも明かされている。<「若い女子アナなら、ある程度は仕方がない」といろいろな人に言われましたが、週刊誌にありもしないことを描かれるのは苦痛でした>とし、その噂は社内でも広まったという。とくに20代の頃は頭を悩ませていたそうだ。

 また、2009年のフリー転向後も、一部スポーツ紙などが、当時の芸能界で絶対的な権力を持っていた島田紳助と小林麻耶が親密な関係だったこと報じ、噂となった。2014年放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際には、西川史子から「紳助さんと手つなぎながら(スタジオに)入って行ったりするじゃん。見たもん」と突っ込まれ、麻耶は「そんなことしませんよ! 西川先生、ちょっとおかしくなっちゃった」「私は触れたことありません」と否定する事態となった。

 小林麻耶は恋愛や結婚、小林麻央さんの闘病やその死すらも、格好のネタにされてきた。小林麻耶がTBS時代から、かれこれ15年以上もこうした状況に置かれているとするなら、それがどれほどのストレスであるかは想像を絶する。

 一方で、小林麻耶は結婚直後に芸能活動からの引退を宣言していたが、4月19日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)には國光氏と夫婦揃って出演するそうだ。小林麻耶が今後、どのような活動をしていきたいのかは不明だが、ゴシップ含みの芸能界とどう折り合いをつけていくのだろうか。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

Koki,雑誌表紙続々……ゴリ押し感に同情の声も! 雑誌専属モデルになる可能性も?

  • 2019年04月21日(日) 12:00:55
  • ブログ

4月23日発売の「ViVi」(講談社)6月号の表紙を飾ったKoki,。しかし、その号が7年以上も専属モデルを務めていた河北麻友子の卒業号だったということで、Koki,や「ViVi」編集部にブーイングが起こっているという。

 今月11日に河北が同誌を卒業することを発表したので、読者たちは一度も表紙を飾ったことのない河北が表紙を担当することができるよう期待していたという。しかし、蓋をあけてみればカバーガールは本誌初登場となるKoki,だったことで、功労者である河北の扱いが悪いということで、「ViVi」公式Instagramアカウントには苦情の声が殺到している状態だ。

 ネットでも、この「ViVi」の判断に対し「河北麻友子にやらせなよ……」「かわいそうなのは河北ちゃん……最後くらい表紙を飾りたかったよね」と河北に対する同情の声が続出。

 またKoki,のプロデューサーとして暗躍する工藤静香の顔がチラついたのか「裏で働くお静の力って、そんなに絶大なわけ?」「ゴリ押しじゃん! しーちゃん鼻高々だね(笑)」「なんでわざと嫌われるようなことするんだろう」「あーあ、ここにも出てきてしまったのか」とゴリ押しにうんざりする声が上がっていた。

 雑誌「ELLE」から始まり、「NYLON」「ViVi」……と続くKoki,の華々しい表紙ジャックに関し、関係者は「もしかしたら工藤さんの狙いはKoki,さんの専属モデルかもしれません」と推測する。

「専属モデルになると目立つ扱いになる代わりに、他誌への登場やブランドイメージモデルの起用に規制がかかるというデメリットがあります。またハイブランドのイメージモデルを務めていると一般ブランド服の着用がNGになるので、シャネルのアンバサダーのKoki,さんが着用できる服は限られてしまうので雑誌にとっても使いにくいモデルとなるのは間違いない。それでも今までの展開を見ていると、工藤さんからはKoki,さんをファッション誌の看板モデルにしたい意欲が感じられます」(ファッション誌編集)
工藤の要請で特例もありえる!?

 さらにこの関係者は、「工藤さんの力でそういった規制を解除する可能性がある」と語る。

「専属モデルをしながら他誌への登場やハイブランドのアンバサダーに就任、なんてこともKoki,さんに限り適用なんてことになるかもしれません。ただそれをしてしまうと、他の専属モデルの事務所から文句が出るのは間違いないですね」(同上)

 専属モデルになったら、話題にはなりそうだが、ますます風当たりが強くなりそうな予感も…!?

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

森高千里に“セクハラ発言”の博多大吉、実はオラオラ系だった?

  • 2019年04月21日(日) 12:00:47
  • ブログ

12日放送の『あさイチ』(NHK総合)に出演した森高千里に対する博多大吉のセクハラ発言が物議を醸している。森高は熊本出身であり、福岡出身の博多華丸・大吉とは同じ九州で同郷である。大吉は、1992年の森高のヒット曲「私がおばさんになっても」を引き合いに出し「森高さんが歌うなら手拍子できるけど、『マジおばさんになってんじゃん』って人が歌うと……」と話し、華丸から「先生! お言葉がすぎます」とたしなめられていた。

 九州出身のスーパーアイドルを前にして大吉の口が思わず滑ってしまった結果ともいえるが、いかにも“九州男児”な“男尊女卑”発言は波紋を広げそうだ。

 博多華丸・大吉といえば、見た目は無骨感な華丸に対し、スマートな大吉といった印象を持たれやすい。だが、実際のキャラクターは大吉の方が「オラオラ系」のようだ。

「大吉はコンビでネタ作りを担当し『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)では審査員も担当するなど、作家的なセンスのある人物です。そのため、後輩芸人と飲むと芸や言葉使いなどに細かいダメ出しをするそうですね。さらにナンパして女性を調達するよう求めるなど、かなりオラオラ系になるようです。最後はタクシー代を直接渡すのが照れるため、あたりにばらまき、拾わせるともいいます」(業界関係者)

 こうして見ると、かなり面倒くさいおじさんではあろう。ただ、そんな大吉を超える芸人もいる。

「ナインティナインの岡村隆史と、大吉は同期芸人という間柄もあってよく飲みに行くそうです。ただ、岡村も芸に対してストイックで話が止まらないため、つい酒量が増えてしまうので困っているようですね。さらに、メッセンジャーの黒田有についても、女優の国生さゆりと交際中に二股疑惑が出た時にはラジオ番組で、黒田の酒癖を引き合いに出し『黒田くんと飲みたい女性はいないと思う』と変則的な擁護もしています」(同)

 こうして見ると大吉の酒癖の悪さは、芸人としてはミドルクラスともいえそうだ。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

資生堂グループ社員が枕営業強要報道で不買運動も!? 水原希子のセクハラ告発にも信憑性が……

  • 2019年04月21日(日) 12:00:45
  • ブログ

「週刊文春」(文藝春秋)4月25日号にて、資生堂のグループ会社である『ザ・ギンザ』の社員が芸能事務所所属のモデルに仕事と引き換えに性的な関係を迫るなどの行為をしていたことが報じられている。

 記事によると、被害女性であるモデルのA子さんは今年1月にアルバイト先のバーにて『ザ・ギンザ』の社員に声をかけられ、現在進めている「原宿駅前プロジェクト」という大型複合ビルの開発計画の資料を見せられた。そしてビル内にモデルが歩く「ランウェイ」を作ると語り、A子さんに「ランウェイを歩かせてあげる」と言いながら口説き、男女の関係に。この後、A子さんは社員にたびたび関係を迫られるも、機嫌を損ねたら怖いなどの恐怖心で関係を断ち切ることができなかったといい、現在は事務所の社長に相談して法的措置を検討しているとのこと。

またこの社員は、A子さんの所属する芸能事務所のグラビアアイドルであるB子さんにも、一緒に食事をした際に「俺の力で資生堂の広告に出してあげる」と言いながら口説き、二軒目に行ったバーの帰りに、エレベーターの中でキスをしたり胸を触るなどのわいせつ行為を行ったという。文春編集部が資生堂の広報部に連絡したところ、広報部はその社員と同名の人物がグループ会社にいることを認め、「現在、事実関係を確認しているところです」と回答している。

 この文春の記事を受け、ネットでは「終わったな資生堂」「化粧会社なのに女の敵だね もう資生堂買わない」「どんどん告発して枕営業なくなってほしい!!」と資生堂に対する反発の声が続出している。

「ザ・ギンザは資生堂のグループ会社ですが、オリジナル化粧品『ザ・ギンザ 』の開発やマーケティング・販売のほか、国内の空港型免税店や直営店で資生堂グループ化粧品等の販売を行っています。女性を相手にしている商売で、こういったセクハラの告発はかなりの痛手。現にネットでは怒りの声が多く、不買運動も起こりそうな勢いです。また『原宿駅前プロジェクト』にとっても大打撃でしょう」(化粧品会社勤務)

水原希子の告発騒動の真偽……

 資生堂といえば、2018年4月に水原希子の告発騒動があったことが記憶に新しい。この騒動は、水原がInstagramにて20代前半の頃に企業の広告撮影にて上半身裸になり手で胸を隠す写真を撮影するということがあった際、上層部らしき男性たちが20人くらい現場に来たことがあり、たくさんの男性に裸を見られる環境での撮影を強要されたと告白したというもの。この時、年代や写真の内容の状況から、その企業が資生堂であるとされたのだが、資生堂はJ-CASTニュースからの取材に対して「水原さんの所属事務所にも事実確認を依頼し、社内での調査も行いましたが、結果として、当社での広告撮影時に起きた出来事かどうかについては分かりませんでした」と何とも歯切れの悪い対応を見せたのだ。

「こういった女性相手の不祥事が起こると、水原さんの告発が本当だったのではと思って幻滅する購買者は多いでしょう。『ザ・ギンザ』は女性のために化粧品開発に取り組んでいると謳っているだけに、早期の対応を取るべきですね」(同上)

 今後の資生堂の対応に注目したい。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

KENZOに文春砲 DA PUMPの熱愛スクープはまだまだ続く? 下積み長いグループによくある展開か

  • 2019年04月21日(日) 12:00:34
  • ブログ

4月18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に、大手不動産会社に務めるOLとの熱愛をスクープされた、DA PUMPのKENZO。2人はしゃぶしゃぶ店と水タバコ店でデートし、その後KENZOのマンションに消えていったという。

「KENZOは、海外でのダンスコンテストで何度も世界一になったことがある、日本屈指の実力派ダンサーです。自らが代表取締役となって会社を立ち上げ、ダンススクールも運営しており、実業家としても手腕を振るっています。ダンサーとしてだけでなく、講演活動なども行っています」(音楽業界関係者)

 そんなKENZOの熱愛発覚に対し、ファンも少なからず驚いているようだ。

「昨年の『U.S.A.』のブレーク前までは、DA PUMPのメンバーの熱愛報道なんて、ボーカルのISSA以外には考えられなかったわけで、ファンとしても心構えがまったくできていなかったのかもしれません。ただ、DA PUMPのメンバーの熱愛ネタは、これだけではないといわれています」(週刊誌記者)

 写真週刊誌「FLASH」(光文社)が昨年12月、DA PUMPのメンバーであるU-YEAHに妻子がいたことをスクープしているが、この時、周囲では意外な反応があったという。

「とある関係者にこの話をしたら、『え、そっち? U-YEAHの方なの?』と返ってきたとか。つまり、U-YEAHではなく、ほかのメンバーに熱愛話があり、そっちをスクープされたと勘違いしたみたいなんです。今回のKENZOの話も含めて、ほかのメンバーたちも浮いた話がいくつかあるということ。今後もスクープが出てくる可能性は高いと思います」(同)

 DA PUMPのような“下積み”が長いグループにおいては、熱愛スクープが連発されることも珍しくないという。

「ずっと人気があってマスコミからマークされているグループであれば、恋愛も表立ってはできませんが、DA PUMPのように注目されていない時期が長いと、その間にメンバーたちも普通に恋愛をして、結婚もするわけです。それを『隠していた』なんて言われることもあるでしょうが、別に公表する機会もないし、求められてもないだけで、黙っているのは普通のこと。でも、注目を浴びるようになると、メンバーたちの日常もニュースになってしまう。本人たちも戸惑う部分が多いと思います」(前出・音楽業界関係者)

 ファンとしてはショックかもしれないが、ごくごく普通に暮らしている時期が長かったメンバーたちにしてみれば、恋人がいることも、結婚していることも、当たり前の日常なのだ。そんな日常がニュースになるくらい人気者になったということは、むしろ喜ぶべきことなのかもしれない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

工藤静香、Koki,との母娘写真公開で噴出した「憐れみ」と「批判」!

  • 2019年04月21日(日) 12:00:30
  • ブログ

4月14日、モデルのKoki,(「o」の上に「-」)が自身のインスタグラムを更新した。母である工藤静香と、2人して艶っぽい目線をこちらに向け、細い肩ヒモの、肌見せが多い白い服を着た姿で写った写真を載せ、大きな反響が寄せられている。

 14日は、工藤静香の49歳の誕生日。Koki,は〈Happy birthday mum〉として工藤と写した写真を公開。英語で書かれたメッセージには〈愛情のある家族に生まれ、スーパーママを持つことができラッキーです!〉〈誰が何と言おうと、どんなふうに評価しようと、愛情と希望で育ててくれて、感謝でいっぱい〉〈いつも私を支えてくれてありがとう〉など、工藤に対する感謝の言葉を書き添えた。

 これには、公開から1日で27万もの「いいね!」が集まったというが、このことがネットニュースにあがると、「悪いね!」とでも言いたげなコメントが、多数書き込まれる現象が起きている。

「いわく『工藤静香が自分の売名に娘を利用しているのでは?』『娘に“(周囲が)どんな風に評価しようと”って言わせるくらいなら表に出るな』『大事な娘にアンダーウエアみたいな姿で世間にさらす母親のどこがいいのか』といった内容の、Koki,を憐れみつつ母親を批判する声が数多く見受けられます。Koki,のコメントにもありますが、母親が批判の的になっていることを娘が知っているように読めるあたり、泣かせるじゃないですか。工藤も娘にそんな心配をさせるくらいなら、娘のことを第一に考えるなら、表に出ず黙って支えていればいいものを、自己顕示欲が抑え切れないんじゃないかと思ってしまいます」(芸能ライター)

 自分が娘の周りでチラチラと存在感を示すことで、娘まで嫌われかねないということを、工藤ももう少し考えるべきかもしれない。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

嵐・櫻井翔よりも上?関ジャニ∞・丸山隆平の女子力が高すぎる!

  • 2019年04月21日(日) 11:00:59
  • ブログ

今年がデビュー15周年の関ジャニ∞は、7年連続8回目となる全国5大ドームツアー「十五祭」を夏に開催する(7月14日、北海道・札幌ドーム~9月3日、東京・東京ドーム)。アニバーサリーイヤーに彩りを添えようというのか、通算動員数1000万人を突破する見込みだ。これは、10年のSMAP、15年の嵐に続きジャニーズ史上3組目の快挙だ。

 そんな6人組のなかで、ズバ抜けた女子力を誇るのは、意外にも丸山隆平。土曜日朝の顔として「サタデープラス」(TBS系)のメインキャスターを務めて5年目に突入するが、ここで得た知識や教養も、美意識を加速させたようだ。

「彼は“関ジャニの美容番長”として有名です。出演番組で得た知識が豊富で、試供品としていただいたものは、しっかり試してみるタイプ。スキンケアはかなりマメで、朝晩の化粧水と乳液は欠かさず、冬は保湿パックまでしているとか。最近は男性用ネイル&エステの専門店が増えましたが、丸山はオフの日や仕事の前後に足を運んでいるそうです」(アイドル誌ライター)

 現在35歳。40の大台が見えてきただけに、美にはストイックになっても足りないぐらいだ。さらに、香りフェチでもあるという。

「特にこだわりが強いのはバスグッズ。入浴剤はつねに数種類そろえていて、その日の気分、体調によって、香りと効能をチョイスしてしっかり使い分けています。アロマの柑橘系は筋肉が疲れたとき、ラベンダーには精神を落ちつかせ、リラックス効果があるため、就寝前と決めているとか」(前出・アイドル誌ライター)

 高級な入浴剤を使うと、セレブリティーな乳液に全身が包まれている気分になる。その温湯で洗髪すると、毛穴からすべての汚れが流れ落ちるような感覚になれて、高揚するのだという。

 シャンプーとコンディショナー、柔軟剤はそれぞれ3種類も用意するのが基本。おかげで髪は、いつでもサラサラだ。そうして生まれたのが、関ジャニ特有の寸劇だ。丸山が「(髪の毛)サラサラやで」と自慢をすると、メンバーの村上信五が「確かめてみるわ」とパーマヘアにふれて、「ゴワゴワやないか!」というお決まりコースは、ファンもお気に入りだ。

 丸山の美への探求心と匂いフェチ。同じレベルで対話できるのは、現在37歳の嵐・櫻井翔だけなんだとか。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

松本人志 コンビ仲回復発言で高まる「浜田雅功との漫才再挑戦」業界の期待!

  • 2019年04月21日(日) 11:00:48
  • ブログ

ダウンタウン・松本人志が告白した「コンビ仲に関する発言」が憶測を呼んでいる。

 去る4月13日に放送された「松本家の休日」(朝日放送)に出演した松本。宮迫博之、ベッキーらと「楽屋挨拶」を巡る会話を繰り広げる中、コンビ間の楽屋について「一緒の楽屋っていうのが考えられへん」と語った松本の口から件の発言が飛び出した。

「いっとき死ぬほど仲悪かったからな」と、浜田とのかつての確執を明かした松本。さらに、「長かったよ。10年くらいあった。この数年やで気になれへんようになったの」と赤裸々に語った。この告白にネット上は騒然。不仲が解消された時期について様々な推測がなされているのだ。

 松本の発言について「ダウンタウンほどの大御所になるとコンビ間で親しいケースのほうが珍しいかもしれませんね」とは芸能関係者。続けてもらおう。

「かつての『やすし・きよし』も両者の不仲は公然の秘密でした。むしろ今回の松本の発言は『よほど最近親しい間柄なのでは』と思わせられます」

 ここにきてのダウンタウンの変化について「これで一層“例の件”が期待できそうだ」と同関係者。

“例の件”とは──。

「ダウンタウンの『漫才再挑戦』です。今年1月のテレビ番組で今田耕司が『松本さんが漫才をやろうとしている』と語ったこともあり、昨今専らの話題となっている。今回の告白により、実現の可能性が高まった感があります」(前出・芸能関係者)

 楽しみに待ちたい。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

FC2 Blog Ranking